バンフートレーニングスクールのサイトへ

[Illustrator]直線ツールの使い方

先週、少し早目の夏休みをいただきましたスタッフ「ほ」です。

静岡県でリアルサイズのトーマスに乗ってきましたよ!すごく楽しかったです。

さて、気力も充実したところで、張り切っていきましょー。

イラストレーターの全ツール紹介。
今日は「直線ツール」です。

名前の通りで直線を引くためのツールです。

使い方は非常に簡単で、画面の中でドラッグをするだけ。

これでドラッグした軌跡の直線が描かれます。

水平線や垂直線を描きたい場合はShiftキーを押しながらドラッグをします。
※Shiftキーを押している間は45度刻みの角度で線が描かれます。

また、Altキー(Macはoptionキー)を押しながらドラッグをすると、中心から両端に広がるように直線が描かれます。

長さに関しては完全にフリーハンドになりますので、決まった長さで直線を引きたい場合や、45度単位以外の角度で線を引きたい場合には、画面の中でクリックをします。

ダイアログが表示されますので、長さと角度を指定して「OK」をクリックします。

直線ツールで線を描くと、自動的に塗りの色は透明になりますが、その後の作業工程も考えて塗りの色を保持しておきたい場合は、ダイアログの「線の塗り」にチェックを入れておくと、設定されている色を保持してくれます。

ただ、直線ツールでは使いどころがない、というのが正直なところですので、このチェックはあまり気にしなくて大丈夫です。

次回ご紹介する円弧ツールの方だと指定する意味があると思うので、このチェックに関しては、また次回ご紹介します。

さて、かなり直感的に使用できる直線ツールですが、1つ欠点(?)もあります。

たとえば、直線ツールで線を描いて、

描いて

さらに描いて

さらにさらに描いて、

四角形を描いても、これは4本の直線の集合体ではありますが、四角形としては認識されません

選択ツールで移動してみると、直線が4本ともバラバラになっているのがわかります。

これを四角形として認識させるためには、アンカーポイントの連結を行うことになります。

ダイレクト選択ツールに持ち替え、結合したいアンカーポイントをドラッグで囲みます。

ちょうどアンカーポイントが重なっていますから、クリックではなくてドラッグで囲んでください

選択ができたら「オブジェクト」メニューから「パス」→「連結」を実行します。
※Windowsの場合は、選択したパス上で右クリック→「連結」でも同じことが行えます。
※連結のショートカットキーはCtrl+J(Macはcommand+J)です。

これをすべてのアンカーポイントで実行することでバラバラだったパスを1つのオブジェクトとして認識するようになります。

サクッと直線を引きたい時には非常に重宝する直線ツール。

これまで使ってなかった人も、ぜひこの記事をきっかけに使ってみてください!

他のツール紹介はこちらからご覧いただけます。


バンフートレーニングスクールでは、イラストレーター講座を開講しています。

このブログで記事を書いているスタッフ「の」やスタッフ「ほ」が基本操作からマニアックなテクニックまで幅広くレクチャー!

まったくの初心者の方大歓迎!ある程度ご経験のある方向けの実践編もご用意しております。

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

イラストレーター講座の詳細

The following two tabs change content below.

スタッフ 「ほ」

ホームページ制作講座、イラストレーター講座、フォトショップ講座を担当しています。カップヌードルはシーフード派。 Webクリエイター能力認定試験 認定インストラクター

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ