バンフートレーニングスクール Illustrator/Photoshop/InDesign/Web作成が学べるスクール

03-5229-8285

カウンセリング

未使用フッテージの削除

[Premiere Pro]使わなかったデータをプロジェクトから除外する

ものすごくお久しぶりです。スタッフ「ほ」です。

ずっと更新滞っておりました、すみません。

ブログをお休みしている間に、実はPremiere Proを使った動画作成講座がスタートしました。

Premiere Pro動画作成講座

「動画作成に興味はあるけれど、なんか難しそう…」
「手軽に動画編集の基本部分だけ学びたい」

という方を対象とした超入門講座ですので、ご興味ありましたらお気軽にお問い合わせください。

さて、今回は、そんなPremiere Proの講座で出た生徒さんからご質問です。

Q.プロジェクトパネルに取り込んだ素材で、結果的に動画編集に使わなったデータを除外したい

Premiere Proで動画を作る場合、プロジェクトパネルというところに一度、素材と取り込んで、それを利用します。

プロジェクトパネル

いろんな素材を切ったり貼ったりして編集した結果、使わなかった素材が出てくることもよくあります。

素材の数がとても多いと、どれを使っていて、どれを使っていないかがわからなくなってきます。

この場合、Premiere Proが一発で使っていない素材を取り除いてくれる機能があります。

A.「未使用フッテージの削除」を使う

ちなみに素材が動画内で使われているかどうかは、素材の右下についているアイコンを見るとわかります。

映像も音声も使われている場合
↑映像も音声も動画内で使われている場合は、フィルムのアイコンと音声波形のアイコンがどちらも青くなります。

映像のみが使われている場合
↑映像のみが使われている場合は、フィルムアイコンのみが青くなります。

音声だけが使われている
↑音声が使われている場合は、波形アイコンが青くなります。

使われていない場合
↑使われていないデータの場合は、アイコンが青くなっていません。

データの数が少なければ、これらのアイコンを確認して、使われていないアイコンだけを選択してDeleteキーで削除すればプロジェクトから除外できます。

が、データの数が多くて、ひとつひとつを目視で削除するのが大変なこともあります。

その場合は

「編集」メニュー→「未使用のフッテージを削除」

を実行します。

未使用のフッテージを削除

これでプロジェクトパネル内から未使用の素材を削除することができました。

未使用素材が削除された

削除と言っても元データを消してしまうわけではなく、あくまでもプロジェクトから除外するだけですので、再び必要になった場合は、改めてプロジェクトに読み込んでいただければ大丈夫です。

The following two tabs change content below.
Avatar photo

スタッフ 「ほ」

ホームページ制作講座、イラストレーター講座、フォトショップ講座を担当しています。カップヌードルはシーフード派。 Webクリエイター能力認定試験 認定インストラクター

▲トップ

無料体験へのお申込み

バンフートレーニングスクールでは3種類の無料体験をご用意しております。
ご希望の体験を選択していただくと詳細とお申込みのページへ移動します。

ポストカード制作

イラストレーターとフォトショップを使ってのポストカード制作体験です。作成したポストカードはお持ち帰りいただけます。

パンフレット制作

インデザインを使ってのパンフレット制作体験です。文字と画像の流し込みからページ番号設定、文字への装飾まで行います。

ホームページ制作

WindowsやMacintoshでHTMLを記述してホームページを作成します。ページの基本である文字、画像、リンクの設定を行います。

資料のご請求

スクールのパンフレットを画面上でご覧いただけます。

パンフレット(PDF)を今すぐ見る

パンフレットの郵送をご希望の方は以下のフォームよりご請求ください。

お名前必須
フリガナ必須
ご住所必須
-
メールアドレス必須
備考

下記、プライバシーポリシーをお読みいただき、ご同意いただいた上で次の画面にお進みください

プライバシーポリシーを開く

同意して次へ