カテゴリー別アーカイブ: レイヤーテクニック

[Photoshop]着色テクニック(その2)

「その1」の続きです。

さて大まかに髪の毛を着色しました。
ここから更に陰影を付けていきます。
新規レイヤー(乗算)を作り、「ブラシツール」で吹き付けます。
ここで「ブラシ設定」パネルについて少々。

「シェイプ設定」は、パネル下部のブラシ見本の様子を見ながら好みで色々調整して設定します。

先ずはこの設定で吹き付けてみた例。

続いて「ウェットエッジ」にチェックを付けて吹き付けてみた例。
少しフチが濃くなりやや水彩感が出せます。

「滑らかさ」も好みになります。
チェック入れておくと「ツールオプションバー」の「滑らかさ」の%が効きます。
手ブレのガタつき補正の度合いで「%」の数値を上げればそれだけ滑らかになります。
ただ、数字をあげると着色中、少ししてから描画されますので、ブラシが重い、または遅い!と感じたらチェックしてみましょう。

その後「消しゴムツール」を使ってボカシながら調整します。

この作業が終了すると以下の感じとなります。

うーん、暗くて分かりにくいので「髪」レイヤーを非表示にしてみるとこんな感じです。

続いて髪の毛によって落ちる影を作成します。
髪の毛の選択範囲を呼び出して、新規レイヤー(乗算)を作ります。
「選択範囲」メニュー→「選択範囲の変更」→「境界をぼかす」を実行します。
ショートカットは「shift」+「F6」
ダイアログ内「ぼかしの半径」の数値は、画像の大きさによって変えたりしますが大抵「1」か「2」位です。

描画色は茶色系の色を指定し、「塗りつぶしツール」で着色します。

今回左上から光が当たってるイメージなので、選択範囲を解除し、「移動ツール」で少し右下にずらし移動を行います。

再び髪の毛の選択範囲を呼び出し、その部分を削除します。

更に「消しゴムツール」で余分な部分を消して、レイヤーの「不透明度」を30〜50%に調整し、良ければ「肌」レイヤーと結合します。

↑髪の毛からの落ちる影を入れると、ぐっと奥行き感が出ます。

今度は肌の影を着色します。
肌の選択範囲を呼び出し、髪の毛と同様「ウェットエッジ」なしで軽く陰影を付けます。
新規レイヤー(乗算)を作り、「ブラシツール」で吹き付けた後は、「レイヤー」パネルで「不透明度」を調整し、結合します。

新規レイヤー(乗算)を作り、「ブラシツール」は「ウェットエッジ」あり、なしを交えつつ細かく陰影を付けては「肌」レイヤーと結合を繰り返していきます。(色は肌と同色、または茶系)
ハイライトを加えてまた調整すると思いますが、取り敢えず影付けまでおしまいです。

ここからハイライトを加えていきます。
髪の選択範囲を呼び出しておきます。
新規レイヤー(オーバーレイ)を作り、「ブラシツール」は「ウェットエッジ」あり、色は白で着色するとこのような効果がでます。

「消しゴムツール」で部分消去して調整します。

少々手間ですが根気よく作業して髪のハイライト終了。
(作業中は結構楽しんでやってます)

続いて「肌」レイヤーの上に新規レイヤー(ソフトライト)を作り、「ブラシツール」は「ウェットエッジ」なし、
色は白で鼻や頬を着色し、「消しゴムツール」で調整するとこのような効果がでます。

最後に「ペンツール」で細い毛を描いていきます。

そんで完成。

長くなってしまったのでこの辺で。
いつか(その3)あるかも。

以上です。

バンフートレーニングスクールでは、イラストレーターやフォトショップ、インデザインにWebサイト作成の講座を 開講中です。

このブログを書いているスタッフ「ほ」と、スタッフ「の」をはじめとする印刷会社の研修部門のスタッフがアプ リケーションの使い方を徹底レクチャー!

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

フォトショップ講座の詳細

ご興味がある方は、ぜひ一度無料体験にお越しくださいませ。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Photoshop]着色テクニック(その1)

長かった梅雨も明けて暑い日が続きます。皆さんも熱中症に気を付けてお過ごしください。…スタッフ「の」です。

なかなか外出しにくいこのご時世…。
じゃあ、引きこもってPhotoshopで塗り絵でも。
塗り絵素材はお好きに集めましょう。用意した素材は違法にならないよう使用には十分な注意を。
さて、休日は趣味で漫画やイラストを描いてるスタッフ「の」の着色テクニックをちょっとだけ公開。(↓自宅のPhotoshopワークスペース)

今回の素材は以前このブログで使用したスキンヘッド女性。

イラレで髪の毛つけたのはどうにもこうにも気に入らなかったので、今回髪は描き直しました。
しかもフォトショの「ペンツール」を使用して作成。

フォトショの「ペンツール」にもラバーバンドありました。

先ず、選択範囲を作成してのマスク作りから。
今回作成したのはこの2つ

さてそれでは、着色の基本となる「ブラシツール」いってみましょう。
「ブラシツール」の基本操作は色んなサイトに出てるのでその辺は割愛。
「レイヤー」パネルを使用して、「新規レイヤー」を作成。
「描画モード」は「乗算」にしておきます。

髪の毛の選択範囲を呼び出し大き目のブラシで髪の毛と同色、もしくは少し濃いめの色で大まかに着色。
ブラシサイズと硬さは

Mac
contrl」「option」+「左右ドラッグ」(サイズ) 「上下ドラッグ」(硬さ)

Win
Alt」+「左右に右ドラッグ」(サイズ) 「上下に右ドラッグ」(硬さ)

選択範囲の呼び出しは「チャンネル」パネル内で呼び出したい選択範囲の「チャンネルサムネール」を「コマンド」(Mac)「Ctrl」(Win)を押しながらクリックします。

勿論、大き目のブラシでの作業は16ビットモードで。

さてここでショートカットを紹介
右利きな私がよく使用するパネルは右側にあるわけです。
でも、「ツールバー」が左側では道具の持ち換えが面倒では?
他にも「ブラシツール」で使用頻度が高い「不透明度」の調整は相当左上…。
これなら20年位前のバージョンの「オプション」パネルの方が良かった…なんて思ったりした事もありました。

【時短術(その1)】
「ツール」ですが、「ツールバー」を右側に移動しておけば良いじゃん!
って、そう思われるでしょう。
勿論、それも一つの方法ですが、よく使うツールはショートカットを覚えましょう。
なければ登録すれば良いのです。
(不要)となっているのは他の操作で代用できます。
「ブラシツール」「塗りつぶしツール」は、「option」(Mac)「Alt」(Win)を押している間は「スポイトツール」に変わります。
「手のひらツール」は、テキスト入力中以外は「space」キーを押しながらドラッグでスクロール。
「⌘」(Mac)「Ctrl」(Win)+「space」キーを押してる間は「ズームツール」に変わります。

「編集」メニュー→「キーボードショートカット」を実行すると自分好みにショートカットを加えたり、変更出来ます。

他にも今のバージョンなら「…」を右クリックで「ツールバーを編集」を実行しても変更可能です。

【時短術(その2)】
「ツールオプションバー」の「不透明度」の調整ができるツールを使用してる場合、キーボード「テンキー」で数字を入力すると、不透明度の「%」が変わります。
(「shift」押しながらで「流量」の調整)
半角英数モードにしてもホームキーでの認識はイマイチなので、私の場合、「テンキー」必須なわけです。

【時短術(その3)】
よく使用する機能は「アクション」パネルに登録し、「ファンクションキー」を活用しましょう。
「選択範囲の反転」は元々ショートカットがありますが、キー3つなので「アクション」に登録しました。

因みにPhotoshopで「shift」+「F1」、「shift」+「F2」は画面の明るさのショートカットで使用されてます。
「shift」+「F1」は明るい画面を暗くしていきます。

「shift」+「F2」は暗い画面を明るくしていきます。

今回は以上です。
(その2)に続きます。

[Photoshop]着色テクニック(その2)

バンフートレーニングスクールでは、イラストレーターやフォトショップ、インデザインにWebサイト作成の講座を 開講中です。

このブログを書いているスタッフ「ほ」と、スタッフ「の」をはじめとする印刷会社の研修部門のスタッフがアプ リケーションの使い方を徹底レクチャー!

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

フォトショップ講座の詳細

ご興味がある方は、ぜひ一度無料体験にお越しくださいませ。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Photoshop] 水滴を加えて夏らしい画像に!

画像に水滴を加えて夏らしいイメージ画像を作成します。
「レイヤー」パネルを使用して背景レイヤーを複製します。(ショートカットは「⌘(command)」キー+「J」(Mac)「Ctrl」キー+「J」(Win))

ツールパネルから「楕円形ツール」を選択します。

画像内にドラッグで楕円を描きます。(「塗り」「線」ともになし)

「レイヤー」パネル内で「楕円形レイヤー」は「描画モード」を「オーバーレイ」、「塗り」は「0%」にしておきます。

「楕円形レイヤー」名の横をダブルクリックして「レイヤースタイル」ダイアログを出します。

ダイアログ内で「ベベルとエンボス」の項目を選択し、以下の設定を行います。(設定は画像解像度や水滴の大きさによって変わります)↓クリックで拡大します

続いて「シャドウ(内側)」の項目を選択し、以下の設定を行います。

続いて「ドロップシャドウ」の項目を選択し、以下の設定を行います。

最後に「光彩(内側)」の項目を選択し、以下の設定を行います。

水滴内に球体のゆがみを入れます。
レイヤーのサムネール上を「⌘(command)」キー(Mac)「Ctrl」キー(Win)を押しながらクリックすると、レイヤー内にある画像形状の選択範囲が作成されます。

この為に複製しておいたレイヤーを選択します。

「フィルター」メニュー→「変形」→「球面…」を実行し「球面」ダイアログで「量」の設定を行い「OK」します。

新規レイヤーを作成し、「ブラシツール」を使用して白いハイライトを加えます。

必要に応じて水滴のある楕円形レイヤーの不透明度を調整します。

バンフートレーニングスクールでは、フォトショップが最短2日間で習得できるハンズオントレーニングをご用意してお待ちいたしております。
無料体験も行っておりますので、ぜひお気軽にご参加ください。

フォトショップ講座詳細

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Photoshop] フィルター エフェクト編

今回は漫画やイラストにも使えるPhotoshopのフィルターテクニックでいきます。

先ずは流線(スピード線)から

「レイヤー」パネルを使用して新規レイヤーを作成します。

作成したレイヤーを選択して、「フィルター」メニュー→「描画」→「雲模様1」を実行します。

続いて「フィルター」メニュー→「ノイズ」→「ノイズを加える」を実行します。(雲模様を適用したのはこのノイズを加えるため)
「ノイズを加える」ダイアログで「量」はMAX!「分布方法」は均等でもガウスでもどちらでも良いです。「グレースケールノイズ」にはチェックを入れましょう。

更に「フィルター」メニュー→「その他」→「スクロール」を実行します。
「スクロール」ダイアログで、「水平方向右へ」はMAX!「垂直方向」は基本動かさず、「端のピクセルを繰り返して埋める」にチェックを入れます。

これで流線は完成です。

右側を透かして画像に合成

少し流線多かったので描画モードを「除算」にしてみました。

続いて「炎フィルター」

新規レイヤーを作成しておきます。
「ペンツール」を使用して炎の軌跡を作成します。

「フィルター」メニュー→「描画」→「炎」を実行します。
「炎」ダイアログで、「炎の種類」、「長さ」、「幅」、「角度」、「間隔」は見た目で調整します。

炎フィルターに使用したパスは、「パス」パネルで削除します。

流線と合わせてこんな感じになりました。

更に「指先ツール」を使用してこすって炎を伸ばしてみました。

もう一つ行ってみましょう!
光が降り注ぐイメージを作成してみました。

まずはベースとなる画像を用意します。(出来るだけスッキリしてるのがいいです)

「レイヤー」パネルを使用して新規レイヤーを作成します。
作成したレイヤーを選択して、「フィルター」メニュー→「描画」→「雲模様1」を実行します。

続いて「フィルター」メニュー→「ぼかし」→「ぼかし(放射状)」を実行します。
「ぼかし(放射状)」ダイアログでは、「方法」をズームを選択し、「ぼかしの中心」を移動(今回は左上に指定)、「量」をスライダーで調整します。(プレビューないのが痛い…)

そして「レイヤー」パネルで「描画モード」を「覆い焼きカラー」を選んで完成です。

バンフートレーニングスクールでは、フォトショップが最短2日間で習得できるハンズオントレーニングをご用意してお待ちいたしております。
無料体験も行っておりますので、ぜひお気軽にご参加ください。

フォトショップ講座詳細

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Photoshop]「背景」レイヤー ⇔ 「レイヤー0」の切り替え

豆まきの際に使う福豆が大好きで、毎年節分を過ぎて数日経った頃にコンビニの処分品をごっそりと買ってくるのが恒例なのですが、今年はどこの店舗もあまり商品が余らなかったのか、処分品をみかけません。

ちょっと寂しいスタッフ「ほ」です。

さて、みなさまご無沙汰しております。
いろいろ事情がありまして、更新が滞っております。すみません。

そんな久しぶりのエントリーはフォトショップネタです。

通常、フォトショップで写真などのデータを開くと、レイヤーが「背景」となった状態で開きます。

背景レイヤー

この「背景」レイヤーには、

  • 常に一番下に配置され他のレイヤーとの順序が入れ替えられない
  • 透明を扱うことができず、削除した部分は背景色で塗りつぶされる

といった特徴があります。

レイヤーの順序を入れ替えたり、背景を透明にしたい場合などは、この背景レイヤーを「レイヤー0」に変換することで可能になります。

この「レイヤー0」への変換にはいくつかの方法があります。

ダブルクリックで変換

古くからあるオーソドックスな方法です。

レイヤーパネル上で背景レイヤーをダブルクリックします。

背景レイヤーダブルクリック

すると、画面上に以下のダイアログが開きます。

新規レイヤーダイアログ

このダイアログで「OK」をクリックすると背景レイヤーがレイヤー0に変換されます。

レイヤー0に変換された

右クリックで変換

レイヤーパネル内の背景レイヤーをマウスで右クリックした時に出てくるコンテキストメニューから「背景からレイヤーへ」を実行すると、先述の方法と同じく新規レイヤーダイアログが開きます。

右クリックから変換

メニューから変換

背景レイヤーを選択した状態で、画面上部の「レイヤー」メニューから「新規」→「背景をレイヤーに変換」でダイアログが開きます。

メニューバーから変換

Altキー+ダブルクリック

これまでに挙げた方法では、レイヤー0に変換する際にダイアログを開く必要があり、ちょっと面倒です。

そこで背景レイヤーをキーボードのAltキーを押しながら(Macの場合はoptionキー)ダブルクリックすると、ダイアログを開かずにレイヤー0への変換が行われます。

背景レイヤーをAltキーを押しながらダブルクリック

背景レイヤーのカギマークをクリック

レイヤーパネル内で背景レイヤーについている鍵のマーク(「レイヤーの部分ロック」)をクリックします。
※クリックはシングルクリックです。

鍵のアイコンをクリックして変換

これだけで背景レイヤーがレイヤー0に変換されます。

とっても簡単な方法なので、これが一番おすすめです。

レイヤー0を背景レイヤーに戻すには?

レイヤー0を再び背景レイヤーに戻す場合は、レイヤーを統合すれば背景レイヤーになりますが、すでに複数レイヤーが作られていて、レイヤーの統合をしたくない場合はメニューから行います。

「レイヤー」メニュー→「新規」→「レイヤーから背景へ」を実行するとレイヤーが「背景」レイヤーに変換されます。

背景レイヤーに戻す

 

さて、いかがでしたでしょうか。

意外とたくさんあったレイヤー0への変更方法。知っている方も多いかと思いますが「この方法は知らなかった!」というものがありましたら、ぜひ試してみてください。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ