スタッフ 「の」 のすべての投稿

主にグラフィックのソフトを担当してます。

[Photoshop]着色テクニック(その2)

「その1」の続きです。

さて大まかに髪の毛を着色しました。
ここから更に陰影を付けていきます。
新規レイヤー(乗算)を作り、「ブラシツール」で吹き付けます。
ここで「ブラシ設定」パネルについて少々。

「シェイプ設定」は、パネル下部のブラシ見本の様子を見ながら好みで色々調整して設定します。

先ずはこの設定で吹き付けてみた例。

続いて「ウェットエッジ」にチェックを付けて吹き付けてみた例。
少しフチが濃くなりやや水彩感が出せます。

「滑らかさ」も好みになります。
チェック入れておくと「ツールオプションバー」の「滑らかさ」の%が効きます。
手ブレのガタつき補正の度合いで「%」の数値を上げればそれだけ滑らかになります。
ただ、数字をあげると着色中、少ししてから描画されますので、ブラシが重い、または遅い!と感じたらチェックしてみましょう。

その後「消しゴムツール」を使ってボカシながら調整します。

この作業が終了すると以下の感じとなります。

うーん、暗くて分かりにくいので「髪」レイヤーを非表示にしてみるとこんな感じです。

続いて髪の毛によって落ちる影を作成します。
髪の毛の選択範囲を呼び出して、新規レイヤー(乗算)を作ります。
「選択範囲」メニュー→「選択範囲の変更」→「境界をぼかす」を実行します。
ショートカットは「shift」+「F6」
ダイアログ内「ぼかしの半径」の数値は、画像の大きさによって変えたりしますが大抵「1」か「2」位です。

描画色は茶色系の色を指定し、「塗りつぶしツール」で着色します。

今回左上から光が当たってるイメージなので、選択範囲を解除し、「移動ツール」で少し右下にずらし移動を行います。

再び髪の毛の選択範囲を呼び出し、その部分を削除します。

更に「消しゴムツール」で余分な部分を消して、レイヤーの「不透明度」を30〜50%に調整し、良ければ「肌」レイヤーと結合します。

↑髪の毛からの落ちる影を入れると、ぐっと奥行き感が出ます。

今度は肌の影を着色します。
肌の選択範囲を呼び出し、髪の毛と同様「ウェットエッジ」なしで軽く陰影を付けます。
新規レイヤー(乗算)を作り、「ブラシツール」で吹き付けた後は、「レイヤー」パネルで「不透明度」を調整し、結合します。

新規レイヤー(乗算)を作り、「ブラシツール」は「ウェットエッジ」あり、なしを交えつつ細かく陰影を付けては「肌」レイヤーと結合を繰り返していきます。(色は肌と同色、または茶系)
ハイライトを加えてまた調整すると思いますが、取り敢えず影付けまでおしまいです。

ここからハイライトを加えていきます。
髪の選択範囲を呼び出しておきます。
新規レイヤー(オーバーレイ)を作り、「ブラシツール」は「ウェットエッジ」あり、色は白で着色するとこのような効果がでます。

「消しゴムツール」で部分消去して調整します。

少々手間ですが根気よく作業して髪のハイライト終了。
(作業中は結構楽しんでやってます)

続いて「肌」レイヤーの上に新規レイヤー(ソフトライト)を作り、「ブラシツール」は「ウェットエッジ」なし、
色は白で鼻や頬を着色し、「消しゴムツール」で調整するとこのような効果がでます。

最後に「ペンツール」で細い毛を描いていきます。

そんで完成。

長くなってしまったのでこの辺で。
いつか(その3)あるかも。

以上です。

バンフートレーニングスクールでは、イラストレーターやフォトショップ、インデザインにWebサイト作成の講座を 開講中です。

このブログを書いているスタッフ「ほ」と、スタッフ「の」をはじめとする印刷会社の研修部門のスタッフがアプ リケーションの使い方を徹底レクチャー!

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

フォトショップ講座の詳細

ご興味がある方は、ぜひ一度無料体験にお越しくださいませ。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Photoshop]着色テクニック(その1)

長かった梅雨も明けて暑い日が続きます。皆さんも熱中症に気を付けてお過ごしください。…スタッフ「の」です。

なかなか外出しにくいこのご時世…。
じゃあ、引きこもってPhotoshopで塗り絵でも。
塗り絵素材はお好きに集めましょう。用意した素材は違法にならないよう使用には十分な注意を。
さて、休日は趣味で漫画やイラストを描いてるスタッフ「の」の着色テクニックをちょっとだけ公開。(↓自宅のPhotoshopワークスペース)

今回の素材は以前このブログで使用したスキンヘッド女性。

イラレで髪の毛つけたのはどうにもこうにも気に入らなかったので、今回髪は描き直しました。
しかもフォトショの「ペンツール」を使用して作成。

フォトショの「ペンツール」にもラバーバンドありました。

先ず、選択範囲を作成してのマスク作りから。
今回作成したのはこの2つ

さてそれでは、着色の基本となる「ブラシツール」いってみましょう。
「ブラシツール」の基本操作は色んなサイトに出てるのでその辺は割愛。
「レイヤー」パネルを使用して、「新規レイヤー」を作成。
「描画モード」は「乗算」にしておきます。

髪の毛の選択範囲を呼び出し大き目のブラシで髪の毛と同色、もしくは少し濃いめの色で大まかに着色。
ブラシサイズと硬さは

Mac
contrl」「option」+「左右ドラッグ」(サイズ) 「上下ドラッグ」(硬さ)

Win
Alt」+「左右に右ドラッグ」(サイズ) 「上下に右ドラッグ」(硬さ)

選択範囲の呼び出しは「チャンネル」パネル内で呼び出したい選択範囲の「チャンネルサムネール」を「コマンド」(Mac)「Ctrl」(Win)を押しながらクリックします。

勿論、大き目のブラシでの作業は16ビットモードで。

さてここでショートカットを紹介
右利きな私がよく使用するパネルは右側にあるわけです。
でも、「ツールバー」が左側では道具の持ち換えが面倒では?
他にも「ブラシツール」で使用頻度が高い「不透明度」の調整は相当左上…。
これなら20年位前のバージョンの「オプション」パネルの方が良かった…なんて思ったりした事もありました。

【時短術(その1)】
「ツール」ですが、「ツールバー」を右側に移動しておけば良いじゃん!
って、そう思われるでしょう。
勿論、それも一つの方法ですが、よく使うツールはショートカットを覚えましょう。
なければ登録すれば良いのです。
(不要)となっているのは他の操作で代用できます。
「ブラシツール」「塗りつぶしツール」は、「option」(Mac)「Alt」(Win)を押している間は「スポイトツール」に変わります。
「手のひらツール」は、テキスト入力中以外は「space」キーを押しながらドラッグでスクロール。
「⌘」(Mac)「Ctrl」(Win)+「space」キーを押してる間は「ズームツール」に変わります。

「編集」メニュー→「キーボードショートカット」を実行すると自分好みにショートカットを加えたり、変更出来ます。

他にも今のバージョンなら「…」を右クリックで「ツールバーを編集」を実行しても変更可能です。

【時短術(その2)】
「ツールオプションバー」の「不透明度」の調整ができるツールを使用してる場合、キーボード「テンキー」で数字を入力すると、不透明度の「%」が変わります。
(「shift」押しながらで「流量」の調整)
半角英数モードにしてもホームキーでの認識はイマイチなので、私の場合、「テンキー」必須なわけです。

【時短術(その3)】
よく使用する機能は「アクション」パネルに登録し、「ファンクションキー」を活用しましょう。
「選択範囲の反転」は元々ショートカットがありますが、キー3つなので「アクション」に登録しました。

因みにPhotoshopで「shift」+「F1」、「shift」+「F2」は画面の明るさのショートカットで使用されてます。
「shift」+「F1」は明るい画面を暗くしていきます。

「shift」+「F2」は暗い画面を明るくしていきます。

今回は以上です。
(その2)に続きます。

[Photoshop]着色テクニック(その2)

バンフートレーニングスクールでは、イラストレーターやフォトショップ、インデザインにWebサイト作成の講座を 開講中です。

このブログを書いているスタッフ「ほ」と、スタッフ「の」をはじめとする印刷会社の研修部門のスタッフがアプ リケーションの使い方を徹底レクチャー!

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

フォトショップ講座の詳細

ご興味がある方は、ぜひ一度無料体験にお越しくださいませ。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Photoshop] 8bit,16bit,32bit、2020カスタムシェイプツール

梅雨があけず、大好きな夏が短そうで少しブルーなスタッフ「の」です。

さて以前「トーンジャンプ」についての記事をアップしました。
印刷時のトーンジャンプに悩んでませんか?【イラレ&フォトショ】

そこにも通じるお話となります。
Photoshop等で画像を開くと通常「8bit」の場合が多いです。

そこでPhotoshopのRGB「8bit」とは?
「RGB」画像は「レッド」「グリーン」「ブルー」からなる光の3原色のカラーモードで、各色が表現できる階調は0〜255の256階調あります。
この256階調を8bitと呼びます。
各色が8bit(256階調)を持っているので
256×256×256=16,777,216(約1,677万色)となります。
ですので、8bit×3で24bitとも呼ばれます。

個人差もあり何ともですが、一般的に人間の眼が認識出来る色数は最良の条件下で約750万色と言われています。(某局のTV番組で誰かが言ってました)
人間の眼で認識できる色の領域は「可視光線(可視域)」と呼ばれ、RGBよりも広いです。(認識できる色数と色の領域はまたちょっと別の話)
PhotoshopのRGB「8bit」は、1ピクセル辺りに約1,677万色の表現ができます。

充分ではないか!と、思う訳です。
なら「16bit」は
65,536×65,536×65,536
電卓を叩いてもよく分からない結果に…。

単純な話、使用できる色数が
8bit<16bit<32bit
というだけの事となります。
因みに変換は「イメージ」メニュー→「モード」から選択します。

2020年現在、「32bit」が必要なシチュエーションは全く思い浮かびませんが、(重たすぎ)
「16bit」は、Photoshopで使用できる機能も増えてきたので使える場面が出てきます。
そう例えば、トーンジャンプの軽減に!

20年近く前はPhotoshopで使える機能が少なく、画像が重たくなりすぎて自宅のMac君ではまともに動かなかったので「8bit」で作業するしかありませんでした。
Adobeさんのサイトでも昔できなかった機能を使用できる、に変えてるだけなのでちょっとおかしな文章になってます。
ただしトーンジャンプが起きてる画像を8bitから16bitに変換して治る訳ではないので、作業前に「16bit」にしておかなくてはいけない、という事です。
ではどんな作業するとトーンジャンプを起こしやすいの?
って事ですが、
色調補正、幅広いグラデーション、ブラシツール(300px以上の大きなサイズ)、ぼかし(ガウス)等が挙げられます。

ただ、「16bit」は出力トラブルを招く恐れがあります。DTPの場合、作業が完了したら「8bit」に変換→「CMYK」に変換→「スマートオブジェクト」に変換→「色調補正」→「シャープネス」な流れですかな。
因みに「16bit」でトーンジャンプが起きていなければ「8bit」に変換してもトーンジャンプは出にくいです。
「16bit」→「CMYK」より「8bit」→「CMYK」の方がデータ容量は軽くなります。
参考までに趣味で描いてる私の漫画1頁辺りの容量とトーンジャンプ具合の比較(32bitはこれで操作しようって気すら起きない)

ここからPhotoshop 2020に関してのプチ情報。
私は講座のテキスト作成時に矢印を多用します。
そこで「カスタムシェイプツール」の出番な訳です。

ツールオプションバーから「矢印」を選択していましたが、Photoshop 2020の場合、「あれ、いない…」
(代わりに色んなのがいますなぁ)

そんな時は、「ウィンドウ」メニュー→「シェイプ」を選択して「シェイプ」パネルを展開します。
パネルメニュー→「従来のシェイプとその他」を選択します。

「従来のシェイプとその他」が追加されました。「シェイプ」パネル内でよく使う項目は上の方に上げておきましょう。

使いやすくなりました。

以上です。

バンフートレーニングスクールでは、イラストレーターやフォトショップ、インデザインにWebサイト作成の講座を 開講中です。

このブログを書いているスタッフ「ほ」と、スタッフ「の」をはじめとする印刷会社の研修部門のスタッフがアプ リケーションの使い方を徹底レクチャー!

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

フォトショップ講座の詳細

ご興味がある方は、ぜひ一度無料体験にお越しくださいませ。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[InDesign 2020] 「段間罫線」「バリアブルフォント」

大雨が続き気分もあまり晴れないスタッフ「の」です。

久しぶりの更新で今回は、InDesign 2020で加わった2つの機能を紹介します。

「段間罫線」
単純に段と段の間に罫線を引いてくれる機能です。
逆に今までなかったのか…と、思うのでそこまで重要ではないのかな…。
取り敢えずこのような素材を用意してみる。

作業手順は、「オブジェクト」メニュー→「テキストフレーム設定」を実行します。
CC2019では以下のようなダイアログでした。

2020では以下のダイアログとなっております。ダイアログ内サイドの「段間罫線」を選択します。線の長さや位置等、細かい設定が出来ます。

因みに「テキストフレーム設定ダイアログ」は、「選択ツール」使用時にフレームを選択して、右クリックでも出せます。

他にも「プレーンテキストフレーム」の場合は、「選択ツール」使用時にフレームを選択して、「option」(Mac)「Alt」(Win)を押しながらダブルクリックでも出せます。
「フレームグリッド」の場合は、「フレームグリッド設定ダイアログ」が出ます。

「バリアブルフォント」
続いては、バリアブルフォント。
フォントの太さ、幅、傾斜を見た目で調整できる機能となっております。
幅や傾斜はフォントによって使用の可否があります…。
さて使用法はコントロールパネルや文字パネル等で下図のアイコンを見かけたらクリックします。

先ず「weight」でフォントの太さを調整できます。

続いて「width」で幅の調整ができます。

更に「slant」で傾斜の調整ができます。

この機能、欧文フォントだけでしかも下図の印あるフォントしか対応していないです。
今後、対応フォントも増えると思いますが。

以上です。

バンフートレーニングスクールでは、イラストレーターやフォトショップ、インデザインにWebサイト作成の講座を 開講中です。

このブログを書いているスタッフ「ほ」と、スタッフ「の」をはじめとする印刷会社の研修部門のスタッフがアプ リケーションの使い方を徹底レクチャー!

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

インデザイン講座の詳細

ご興味がある方は、ぜひ一度無料体験にお越しくださいませ。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Photoshop] 画像の拡大(再サンプル)

まだまだ寒い日が続きますね。
2月真っ只中なんで当然なんですが、早く蜃気楼が揺らいで見えるような夏が来ないかと…スタッフ「の」です。

さて今回はDTP用貼り込み画像の拡大について紹介します。

先ず貼り込んだ後にIllustratorやInDesign上で3倍に拡大してみました。

案の定、ドット感が目立ちます。

続いてPhotoshopを使用して拡大してみます。
「イメージ」メニュー→「画像解像度」を実行します。

DTP用画像の拡大は「再サンプル」(ピクセル情報の補間)にチェックを入れドット数を増やして大きくします。
十数年前、当スクールでもピクセル補間してもジャギー(ドット感)が薄れる程度で画質自体は大してよくなりませんよ。と、うたっていました。
しかし、CS6以前とCC以降ではピクセル補間の技術が向上!

そして、CC2018から「Adobe sesei」と呼ばれる人工知能らしきものがピクセル補間を手伝ってくれるらしいと。
でも、それ、どれ?…ですよね。

「ディテールを保持 2.0」がそちらに該当するようですが、CC2018以降のバージョンを使用していて見当たらない方は「環境設定」→「テクノロジープレビュー」を確認してみて下さい。

で、折角なので他の再サンプルと比較してみたいと思います。(貼り込み後に拡大した画像と同じ条件で3倍にアップスケーリングで検証)







ユーザーの好みだったり、画像にもよると思いますが如何でしょうか。
よく分からないから、とりあえず「自動」よりは、「ディテールを保持 2.0」の方が良いかもしれません。

以上です。

バンフートレーニングスクールでは、イラストレーターやフォトショップ、インデザインにWebサイト作成の講座を 開講中です。

このブログを書いているスタッフ「ほ」と、スタッフ「の」をはじめとする印刷会社の研修部門のスタッフがアプ リケーションの使い方を徹底レクチャー!

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

フォトショップ講座の詳細

ご興味がある方は、ぜひ一度無料体験にお越しくださいませ。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ