[Illustrator]文字ツールの使い方

昨日、シフトでお休みをいただき、招待券を2枚入手したので、スイーツパラダイスさんというスイーツ食べ放題のお店に行ってきました。

どのケーキもめちゃくちゃおいしかったですよ!「甘いのならいくらでも入るよー」という方はおススメです!

で、結構自信があったのですが、結局2/3種類くらいしか食べられなかった、トホホなスタッフ「ほ」です。

さて、今日はイラストレーターツール制覇に戻りたいと思います。

使ってみるのは、「文字ツール」

名前の通り、文字を入力するツールです。

文字ツールでの入力方法は、大きく分けて2種類ありますので、ひとつずつご紹介していきたいと思います。

ポイント文字の入力

文字ツールで、画面の好きなところをクリックすると、カーソル(Iビーム)が表示されます。

そのまま、文字を入力すれば、クリックした部分を先頭に文字が入力されていきます。



用紙の内外問わずに、好きな場所に文字を入力することができます。

大変便利なのですが、長い文章を入力する際に、用紙の端まで文章が来ても、自動的に折り返しが行われず、用紙の外側まで飛び出してしまいます。

長文を入力する際には、次のエリア文字を使った入力を行います。

エリア文字の入力

一定の幅で文章を折り返したい場合は、エリア文字を使います。

文字ツールで、画面内を斜めにドラッグすると、文字を入力するためのテキストエリアが出来上がります。

文字を入力していくと、エリアの端で文章が自動的に折り返されます。

文章がボックスからあふれると、ボックス右下に赤いマークが表示され、あふれた分は非表示になります。

この場合、ボックスの高さを広げてあげることで、文字を収めることができます。

ポイント文字とエリア文字の切り替え

ポイントテキストで文字を入力した場合でも、強制的にEnterキーやReturnキーを使って改行を入れることができます。

ただし、一行ずつ改行を入れなければならない上に、文章の修正が入った場合に、改行の位置をすべて直す、といった作業が発生することも……

そこで、ポイント文字をエリア文字に切り替えることができます。

選択ツールで、ポイント文字を選択し、「書式」メニューから「エリア内文字に切り替え」をクリックします。

これでポイント文字がエリア文字に変換されます。

反対に、同じメニューを使ってエリア文字をポイント文字に変換することもできます。

意外と、なんとなく使っている人が多い文字ツール。

しっかり基本を押さえておきましょう。


バンフートレーニングスクールでは、イラストレーター講座を開講しています。

このブログで記事を書いているスタッフ「の」やスタッフ「ほ」が基本操作からマニアックなテクニックまで幅広くレクチャー!

まったくの初心者の方大歓迎!ある程度ご経験のある方向けの実践編もご用意しております。

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

イラストレーター講座の詳細

The following two tabs change content below.
スタッフ 「ほ」

スタッフ 「ほ」

ホームページ制作講座、イラストレーター講座、フォトショップ講座を担当しています。カップヌードルはシーフード派。 Webクリエイター能力認定試験 認定インストラクター

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ