カテゴリー別アーカイブ: テクニック(InDesign)

[InDesign 2020] 「段間罫線」「バリアブルフォント」

大雨が続き気分もあまり晴れないスタッフ「の」です。

久しぶりの更新で今回は、InDesign 2020で加わった2つの機能を紹介します。

「段間罫線」
単純に段と段の間に罫線を引いてくれる機能です。
逆に今までなかったのか…と、思うのでそこまで重要ではないのかな…。
取り敢えずこのような素材を用意してみる。

作業手順は、「オブジェクト」メニュー→「テキストフレーム設定」を実行します。
CC2019では以下のようなダイアログでした。

2020では以下のダイアログとなっております。ダイアログ内サイドの「段間罫線」を選択します。線の長さや位置等、細かい設定が出来ます。

因みに「テキストフレーム設定ダイアログ」は、「選択ツール」使用時にフレームを選択して、右クリックでも出せます。

他にも「プレーンテキストフレーム」の場合は、「選択ツール」使用時にフレームを選択して、「option」(Mac)「Alt」(Win)を押しながらダブルクリックでも出せます。
「フレームグリッド」の場合は、「フレームグリッド設定ダイアログ」が出ます。

「バリアブルフォント」
続いては、バリアブルフォント。
フォントの太さ、幅、傾斜を見た目で調整できる機能となっております。
幅や傾斜はフォントによって使用の可否があります…。
さて使用法はコントロールパネルや文字パネル等で下図のアイコンを見かけたらクリックします。

先ず「weight」でフォントの太さを調整できます。

続いて「width」で幅の調整ができます。

更に「slant」で傾斜の調整ができます。

この機能、欧文フォントだけでしかも下図の印あるフォントしか対応していないです。
今後、対応フォントも増えると思いますが。

以上です。

バンフートレーニングスクールでは、イラストレーターやフォトショップ、インデザインにWebサイト作成の講座を 開講中です。

このブログを書いているスタッフ「ほ」と、スタッフ「の」をはじめとする印刷会社の研修部門のスタッフがアプ リケーションの使い方を徹底レクチャー!

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

インデザイン講座の詳細

ご興味がある方は、ぜひ一度無料体験にお越しくださいませ。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

Adobe Creative Cloud update!

先日、Adobe Creative Cloudのメジャーアップデート版がリリースされました。
イラレ、フォトショ、インデのスプラッシュスクリーンは以下の感じ。

実は前回から?
CC2017等の年号が付いていたのは、2014、2015、2017の3バージョンだけで、CC2018は我々が便宜上、そう呼んでいただけという事でしょうか。

それぞれのアプリのバージョンはバラバラで覚えにくいのでCC2019で通りそうです。

さて細かいアップデート内容などは後々触れていくとして
他の人がまだあまり触れていなかったり、私個人的に推したい所をピックアップでいきます 。
まず小さい所から
以前の「スタート」画面は、「ホーム」画面となり、お礼言われております。

▼CC2017のスタート画面

▼CC2019

ファイルを開いて通常作業してる場合でも、「ホーム」アイコンをクリックするとホーム画面に行けるようになりました。

これ私的に結構便利なのですが、一番欲しかったのは「InDesign」なんですよね…。
イラレ、フォトショ、インデの3つの中でインデだけ付いてない…。

そのInDesignに「プロパティ」パネルが付きました。これはかなり便利そうです。

イラレの話に戻りますと、2014~2018まであったロケットみたいなアイコンが無くなりました。
Mac、Win関係なく「環境設定」を開けたので便利でした。

ツールバー(以前はツールパネル)の中のツールが少なくなりました。詳細設定にするといつも通りとなりますが、ツールのカスタマイズも可能です。

「ウィンドウ」メニュー→「ツールバー」→「詳細設定」でも出ます。

そしてイラレの新機能推しはやっぱり「フリーグラデーション」。「グラデーションメッシ ュ」よりもペイント系に近い仕上がりとなります。

ポイントは増やしたり減らしたり、動かす事ができます。
(減らす場合は、オブジェクトの外へドラッグします。)

ポイントの色変更は、ポイント上でWクリックします。

「グラデーション」パネルも変わりました。でも今まで使ってた人なら何となく使いこなせそうな感じです。

続いてPhotoshop
長くなってきたので新機能はさておき、今まで使ってる人が戸惑いそうな変更点を。
「⌘」+「Z」(Mac)、「Ctrl」+「Z」(Win)で、どんどん戻れるようになりました。
逆にbefore、afterは
「⌘」「option」+「Z」(Mac)、「Ctrl」「Alt」+「Z」(Win)となっております。

更に自由変形等で拡大・縮小を行う場合、「Shift」キーを押さずとも縦横比が固定されるよ うになってます。縦横比固定じゃない場合に「Shift」キーを押すことになります。
これは慣れるまで少し大変かも。

対応OSやPCスペックもシビアになってますので注意が必要です。
Windowsは7と10のみとなっており、8は対象外。
MacもSierra、High Sierraのみとなっております。
PCスペックはアプリ毎で違ったりしますので、Adobeさんの公式HPより確認しましょう。
PCスペック

今回はここまでで以上です。

バンフートレーニングスクールでは、イラストレーターやフォトショップ、インデザインに Webサイト作成の講座を開講中です。

このブログを書いているスタッフ「ほ」と、スタッフ「の」をはじめとする印刷会社の研修部門のスタッフがアプリケーションの使い方を徹底レクチャー!

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

イラストレーター講座の詳細

ご興味がある方は、ぜひ一度無料体験にお越しくださいませ。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Illustrator/Photoshop]CC2017リリース

久しぶりの更新…そして、ここ数日の寒さが身に堪えるスタッフ『の』です。

さて先日、AdobeさんのCreative Cloud 2017がリリースされました。
イラレ、フォトショ、インデのスプラッシュスクリーンは以下の感じ。

aisupurassyu

pssupurassyu

idsupurassyu

 

イラレ、フォトショの新規ドキュメント作成ダイアログがこんな感じになりました。(イラレは「詳細設定」をクリックすると以前のようなダイアログが出ます。)

00001

00002

そして、プロファイルの選択肢が少し増えました。

0002

イラレは「選択ツール」等の矢印系ツールの形が矢印ではなくなりました。

0003

因みにインデは矢印のままです。

0004

他にもあまり取り上げられていない所では、図形を描いた後「選択ツール」に持ち替えなくても図形の中心部にカーソルを持っていくことで移動が可能といいますか、表示が分かり易くなりました。
(使い慣れてる方は、「⌘」キー(Mac)、「Ctrl」キー(Win)を使用して移動や選択を行っているのであまり関係ないかも、で
すが、初心者の方には有り難い機能と思います。)

0005
0006

この機能により、塗りが「なし」のオブジェクトも選択しやすくなりました。

0007

お蔭で「option」キー(Mac)、「Alt」キー(Win)を押しながらの描いてある図形の中心から新たに図形を描くことが出来なくなりました。
その場合は、「option」キー(Mac)、「Alt」キー(Win)を押しながらマウスの右ボタンをドラッグで描きます。

0008

バンフートレーニングスクールでは、イラストレーターが最短2日間で習得できるハンズオントレーニングをご用意してお待ちい たしております。
無料体験も行っておりますので、ぜひお気軽にご参加ください。

イラストレーター講座詳細

http://www.vanfu-vts.jp/landing/ai.html

 

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

Adobe InDesign CS6 新機能

世間ではGWモードに突入しましたね!
やっと予定を決め始めた「あ」です。
この時期はAdobe新バージョン発売時期でもあります。今回はInDesignから気になっている新機能のお話しを少し。

http://www.adobe.com/jp/products/indesign.html

↑ビデオ説明なども再生できます。

主にアピールされているのは、やはり電子書籍関連です。
iPad用に縦横レイアウトが簡単にできる機能、各種スマートフォンの画面サイズに応じて作成する方法などです。

ただ、前回バージョンより電子書籍強化のインパクトはあまりない気がします。まだ体験版が出ていないのでなんともですが、せめてパネルの説明などに日本語が増えていたら使いやすいのになと期待しています。

文字関連だと、文字があふれた時にテキストフレームが自動で拡大してくれる機能がうれしいですね。他にもInDesignでこれまでできなかった「ウィンドウ分割表示」、「グレースケールプレビュー」もよさそうです。

スクールではまず、フリースペースに置いてあるノートパソコンにCS6を導入する予定です!

まずは、基本からご興味ある方は、バンフートレーニングスクールのInDesign講座にてお待ちしております。

それでは皆様、よいGWを!開校している授業もありますのでご予約はお早目に!

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[インデザイン] ルビに中黒

本日は雪で大変でしたね。春が恋しい「あ」です。

今回は実際にあったご質問をご紹介します。

「ルビに中黒を入れるとすごく大きいな黒丸がでるのですが…。」

まさかっ!と思いきや、本当になります。

私は今までルビに中黒を入力した事がありませんでしたが、
外国の方のお名前でルビに中黒を入れる事があるそうです。

解決策としては、OpenType Proのルビ字形を使用のチェックをはずすと直ります。

OpenTypeフォントを使用していなければ、起こりません。

せっかくOpenTypeフォントを使用していれば小さくても読みやすい表示をだすよ。という機能なのに。

これは登録されているルビ字形の中黒が元々大きいのだと思います。
そのうち直るかもしれませんが、もしこんな事があれば思い出してみてください。

そもそも、インデザインの基本から知りたい!という方は、どうぞ「インデザイン講座」にてお待ち致しております。

では、足元にお気をつけてお帰りください。「あ」でした。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ