カテゴリー別アーカイブ: テクニック(Illustrator)

[Illustrator]フリーグラデーションでリアルなイラスト描いてみよう

夏があっという間に過ぎていきましたね。
そろそろ私の大好きな秋が到来するので、今からワクワクですが、おいしいもの食べすぎて体重が増加して会社の健康診断見て青くなる時期でもあります。。

ということで、今日からリリースされた位置情報ゲームをスマホにダウンロードしてみました。歩いた量でストーリーを進められるゲームです。

さて、これで体重増加を抑えることができるのか…?!

こんにちは、スタッフ「ほ」です。

今回は久しぶりにグラデーションでいってみたいと思います。

以前、このブログでグラデーションメッシュを使ったイラストの描き方をご紹介しました。

[Illustrator]イラレのグラデーションを極める

グラデーションメッシュまでを使いこなすことができれば、かなりリアルなイラストも描けますよ、といった内容でご紹介しておりました。
なるべく簡単にできるように記事を書いたつもりですが、やはり使いこなしにはパスやアンカーポイントを自在に操作できるスキルが求められてしまいます。

そんな中、Illustrator CC2019からグラデーションパネルに「フリーグラデーション」という機能が搭載されました。

これまでにないグラデーション表現が可能になる機能です。
今回はこのフリーグラデーションをご紹介します。

基本

CC2019のグラデーションパネルです。
ここにフリーグラデーションが追加されました。

それ以外の2つは従来からある機能で、「線形グラデーション」と「円形グラデーション」です。

▼線形グラデーション

一方向にまっすぐ変化するグラデーションです。
グラデーションツールを用いることで縦や斜めに方向を変えられます。

▼円形グラデーション

真ん中から放射状に広がるグラデーションです。
グラデーションツールを用いることで中心位置やサイズを変更できます。

それでは、フリーグラデーションを使ってみましょう。
前回の記事で「これはグラデーションメッシュじゃないと作れませんー」とご紹介したこのグラデーションをフリーグラデーションで作ってみましょう。

長方形ツールで四角形を描き、「塗り」に対してグラデーションパネル内の「フリーグラデーション」アイコンを適用します。

パネル内の「グラデーションを編集」ボタンをクリックすると…

四角形の各カドに丸いマーカーが出てきました。
これがフリーグラデーションのカラー分岐点になります。

カラー分岐点には、それぞれ色が設定されており、となりの分岐点との間にグラデーションを生成します。

4つのカラー分岐点で色を入れかえていきます。

各分岐点をダブルクリックすると、以下のような画面が出てきます。

左部のアイコンをクリックすることで、カラーパネル調、スウォッチパネル調、画面内からクリックで色を抽出できる「カラーピッカー」が切り替わります。好きなモードで分岐点に色を入れていきます。

分岐点はドラッグで位置調整ができます。

それぞれの分岐点をカドギリギリまで移動すると、今回作りたかったグラデーションが出来上がります。これまでグラデーションメッシュでなければできなかったものがあっさりと作れるようになりました。

さらにパネル内の「描画」欄にある「ポイント」にチェックを入れた状態で四角形の中をクリックすると分岐点を追加できます。

※分岐点を削除する場合は、分岐点をクリックで選択した状態でDeleteキーを押すか、分岐点をオブジェクトの外にドラッグします。

ちなみに描画欄の「ライン」にチェックを入れてオブジェクト内をクリックしていくと、分岐点をアンカーにした線が引かれます。

引いた線に沿ってグラデーションが作成される、ということらしいのですが、ポイントで同じ位置に分岐点を打ってもほとんど同じものが出来上がります。

正直、「ここは『ライン』じゃないとダメだよね!」という使いどころがわかりません。。。どなたかこれぞ!という使い方を思いついた方は教えてください。

実践

では、実際にフリーグラデーションを使えば何ができるのか?
イマイチ、ピンとこない人も多いかと思います。

私もこの新機能を知った際に「へぇ、にじんだ水彩画みたいなのができるかなー?」程度でしたが、実際に使ってみるとグラデーションメッシュに近いことができるため、リアルなイラスト描画ができるはず!

ということで、写真ACさんから柿の写真をお借りしてきました。おいしそう。

この写真をトレースしてリアルな柿を描いてみたいと思います。

ペンツールで輪郭をトレースしていきましょう。線は後で消すので色も太さも適当でかまいません。

 

実際のパーツでオブジェクトも分けた方がよさそうなので、柿の実、ヘタ、枝部分で分けてトレースしました。

描けたら、オブジェクトを移動して写真の横に並べましょう。

選択ツールで柿の実オブジェクトを選択し、「塗り」にグラデーションパネルから「フリーグラデーション」を適用します。

作成された分岐点の位置を整えます。

その時の写真の状態にもよりますが、今回の柿は両端のオレンジをしっかり確保したかったので、まずは四隅に配置しました。

配置した分岐点に色を入れていきます。となりに並べた写真から色を拾ってきます。

分岐点をダブルクリックしたら、出てきたパネルの左部にあるスポイトのマークをクリックします。

そうすると、パネルが閉じてマウスポインタがスポイトの形状になるので、柿の写真に移動して、分岐点と同じ色のあたりの色をクリックして吸い上げます。

そうすると、分岐点にスポイトで吸い上げた色がセットされます。

この要領で4か所の分岐点に色を入れた状態が下図です。

写真では柿の実中央あたりが少し色が濃くなっており、その両サイドにハイライトが入ってます。

そこで、そのあたりにポンポンと分岐点を置いていきます。

あとは先ほどと同じ要領で追加した分岐点に色を入れていきます。

分岐点をクリックした際に現れる破線の円形についている下記のマークをドラッグすると、その分岐点の色の領域を広げることができます。

写真を見ながら分岐点の位置とサイズを調整して色を写真にちかづけていきます。

必要があれば分岐点をさらに追加していきましょう。

ヘタ部分も同じ要領で色をセットしていきます。

色が入ったら、輪郭の線を「なし」にして……

ヘタと実の一体感がイマイチだったので、ヘタにドロップシャドウを設定してみました。

元の写真との比較です。写真と並べてしまうと、やっぱりイラストだなーという感じはしてしまいますが、単体で見れば、かなりリアルなイラストになったのではないかと思います。

グラデーションメッシュよりも直感的に作業ができますし、メッシュよりもグッと短時間で作業がおこなえました。

グラデーションメッシュの回で描いたバナナのように長くて細いグラデーションを作成するのは、メッシュの方が優れていますが、今回のように丸に近い物体はフリーグラデーションの方が簡単に作業できるかと思います。

 

さぁ、どうでしたか?フリーグラデーション。;

新しい機能がついたはいいけれど、どこで使うの?これ?と思われている方、ぜひぜひイラスト描画で使ってみて下さい。
慣れればかなり使いやすいですよ。

イラストレーターの基本からしっかり勉強したいんだけど……という方は、ぜひバンフートレーニングスクールのイラストレーター講座へお越しください。
このブログを執筆している私スタッフ「ほ」やスタッフ「の」がわかりやすくレッスンしております。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Illustrator]意外と知らない?カラーパネルの小技4選

5月ですね。

5月はスーパーやコンビニにチョコミント商品があふれ始める時期です。
今年も勢いよく新商品が次々と投入されております。

毎日コンビニにせっせと通って新商品を買いあさっているスタッフ「ほ」です。

さて、しばらくPhotoshopネタが続いておりますので、今回はイラレで行きたいと思います。

さらに、ここ最近は内容がニッチすぎたので、イラレ使う人なら誰でも使うであろう「カラーパネル」にスポットを当ててみたいと思います。

カラーパネル。みなさん使ってますよね?
使ってればなんとなく使えちゃうカラーパネル。でも、知っておくと便利な小技がいくつかあるんです。
今回は、そんなカラーパネルの小技をお伝えしたいと思います。

今回も長くならないように4つほど。

1.塗りと線の色を同じに

イラストレーターではオブジェクトの塗りと線に色を指定できますが、塗りと線に同じ色を指定したい場合、それぞれ指定するのはやや面倒です。

そんなときは、塗りに指定した色をそのままパネル上で線の上にドラッグ&ドロップすることで同じ色をコピーすることができます。
※その逆も可能です。

「塗りと線を同じ色に??なんで??」と思われる方もいるかもしれませんね。

例えば、線と塗りを同じ色で付けてあげれば、下のような面取りした四角形を描くことができます。

長方形に線を付けて、線パネルで角の形状を「ベベル結合」にするだけですね。

2.塗りと線の前後順を入れ替えずに色を指定

通常カラーパネルでは、塗りと線で色を設定したい方をクリックして手前に出してから色を指定します。

これが地味にめんどくさい。
そこで、カラーパネルのスペクトル上でクリックをする際に、Altキー(Mac:optionキー)を押しながらクリックしてみます。

すると、背面になっている要素側に色が指定されます。

3.色味を保ったまま濃度を変える

指定した色を、もう少しだけ濃く、もう少しだけ薄くしたい、といった場合、CMYKやRGBのスライダーを個々に動かすと、色味がずれてしまって「あ~~」ってなっちゃいますよね。

そんなときは、スライダーを動かす時にCtrlキー(Mac:Commandキー)を押しながら調整してみてください。
色味を変えずに濃度が変化します。
※ちなみにShiftキーでも大丈夫です。

4.スライダーの種類を手早く変える

イラストレーターって、時々カラーピッカーで色指定しても、オブジェクトに色がつかなくて(グレーになっちゃう)困ったことありませんか?

そういうときは、たいていカラーパネルのスライダーがグレースケールになっちゃってます。

カラーパネルの右上にあるメニューボタンから「CMYK」や「RGB」を指定することでまた色が使えるようになるのですが、これがオブジェクトごとだったりするとかなり面倒。

そこで、カラーパネルのスライダーの種類が自分の意図しているものと違っている場合は、パネル下部のスペクトル部分をShiftキーを押しながらクリックしてみましょう。クリックするたびに「グレースケール」→「RGB」→「HSB」→「CMYK」→「WebセーフRGB」と変化していきます。

覚えておくと結構便利ですよ。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Illustrator]冬のイラスト特集!

スタッフ「の」です。

今回は、フリーグラデーションやパス上文字ツール、自由変形ツール、シンボルスプレーツール、オブジェクトを 再配色等を使用して下図のようなイラストを作成したいと思います。

まず、背景の作成から。
「長方形ツール」を使用して背景用の長方形を描き、その上に「ペンツール」等を使用して地面用の線を引きます 。

「パスファインダー」の分割を使用して空と地面を分割します。
「ダイレクト選択ツール」等で空のみを選択し、フリーグラデーションを適用します。

フリーグラデーションの使用法は下記以前のブログ参照

Adobe Creative Cloud update!

地面は通常の円形グラデーションを適用して作成しました。

続いて雪だるま。
雪だるま頭部と本体分、目の楕円を用意し、目のパーツのみでグループ化しておきます。

頭部と本体を整列し、頭部と目は頭部をキーオブジェクトにして整列します。

「パスファインダー」パネルの「合体」を使用して頭部と本体をくっつけます。

その後は目のパーツも選択して本体とグループ化しておきます。
バケツは長方形を描いた後は「自由変形ツール」を使用して台形にします。
CCからの「自由変形ツール」は「タッチウィジェット」が表示されるのでとても使いやすくなりました。
「遠近変形」モードで簡単に台形が作れます。

リボンの作成には「ブラシ」パネルを使用してみました。
先ず「曲線ツール」等でパスを作成します。
後に「パス上文字ツール」を使用する分が必要となるので複製しておきます。

1本のパスを選択し、「ブラシ」パネルから「装飾」→「装飾_バナーとシール」の「バナー4」を使用しました。( リボンの太さは線幅で調整できます)

色変えには「オブジェクトを再配色」を使用します。
「コントロール」パネル内の「オブジェクトを再配色」、もしくは「プロパティ」パネルの「カラー変換」をクリ ックします。

「オブジェクトを再配色」ダイアログで「現在のカラー」から「新規」のカラーを変更していきます。

「アピアランスを分割」しなくてもカラー変換できました。

用意していたもう1本のパスに「パス上文字ツール」を使用して文字を入力します。

「整列」パネル等で整列させて、フォントやフォントサイズ、フォントカラーを設定します。

雪の結晶はシンボルを使います。
先ずは雪の結晶作成から。
1つこんなパーツを作りグループ化しておきます。

グループ化したパーツを選択している状態で「回転ツール」に持ち替えます。
回転軸を移動したいのでカーソルをパーツの下に合わせて、「option」キー(Mac)、「Alt」キー(Win)を押しな がらクリックすると「回転」ダイアログが表示されます。
角度に「60」と入力し、「コピー」をクリックします。

そのまま「command」キー(Mac)、「Ctrl」キー(Win)を押しながら「D」キーを押すと変形の繰り返しが行われるので必要分複製します。

できあがった雪の結晶は、線の色を白にしてサイズ調整を行い、「シンボル」パネルに登録します。

登録したシンボルを選択した状態で「シンボルスプレーツール」で画面内をドラッグします。

「シンボルシフトツール」と「シンボルスクランチツール」で位置、「シンボルリサイズツール」で大きさ、「シ ンボルスピンツール」で角度、「シンボルスクリーンツール」で不透明度を調整して完成です。

「シンボルスプレーツール」のサブツールは過去ブログ参照
https://www.vanfu-vts.jp/blog/2010/09/ai006/

以上です。

バンフートレーニングスクールでは、イラストレーターやフォトショップ、インデザインにWebサイト作成の講座を 開講中です。

このブログを書いているスタッフ「ほ」と、スタッフ「の」をはじめとする印刷会社の研修部門のスタッフがアプ リケーションの使い方を徹底レクチャー!

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

イラストレーター講座の詳細

ご興味がある方は、ぜひ一度無料体験にお越しくださいませ。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

Adobe Creative Cloud update!

先日、Adobe Creative Cloudのメジャーアップデート版がリリースされました。
イラレ、フォトショ、インデのスプラッシュスクリーンは以下の感じ。

実は前回から?
CC2017等の年号が付いていたのは、2014、2015、2017の3バージョンだけで、CC2018は我々が便宜上、そう呼んでいただけという事でしょうか。

それぞれのアプリのバージョンはバラバラで覚えにくいのでCC2019で通りそうです。

さて細かいアップデート内容などは後々触れていくとして
他の人がまだあまり触れていなかったり、私個人的に推したい所をピックアップでいきます 。
まず小さい所から
以前の「スタート」画面は、「ホーム」画面となり、お礼言われております。

▼CC2017のスタート画面

▼CC2019

ファイルを開いて通常作業してる場合でも、「ホーム」アイコンをクリックするとホーム画面に行けるようになりました。

これ私的に結構便利なのですが、一番欲しかったのは「InDesign」なんですよね…。
イラレ、フォトショ、インデの3つの中でインデだけ付いてない…。

そのInDesignに「プロパティ」パネルが付きました。これはかなり便利そうです。

イラレの話に戻りますと、2014~2018まであったロケットみたいなアイコンが無くなりました。
Mac、Win関係なく「環境設定」を開けたので便利でした。

ツールバー(以前はツールパネル)の中のツールが少なくなりました。詳細設定にするといつも通りとなりますが、ツールのカスタマイズも可能です。

「ウィンドウ」メニュー→「ツールバー」→「詳細設定」でも出ます。

そしてイラレの新機能推しはやっぱり「フリーグラデーション」。「グラデーションメッシ ュ」よりもペイント系に近い仕上がりとなります。

ポイントは増やしたり減らしたり、動かす事ができます。
(減らす場合は、オブジェクトの外へドラッグします。)

ポイントの色変更は、ポイント上でWクリックします。

「グラデーション」パネルも変わりました。でも今まで使ってた人なら何となく使いこなせそうな感じです。

続いてPhotoshop
長くなってきたので新機能はさておき、今まで使ってる人が戸惑いそうな変更点を。
「⌘」+「Z」(Mac)、「Ctrl」+「Z」(Win)で、どんどん戻れるようになりました。
逆にbefore、afterは
「⌘」「option」+「Z」(Mac)、「Ctrl」「Alt」+「Z」(Win)となっております。

更に自由変形等で拡大・縮小を行う場合、「Shift」キーを押さずとも縦横比が固定されるよ うになってます。縦横比固定じゃない場合に「Shift」キーを押すことになります。
これは慣れるまで少し大変かも。

対応OSやPCスペックもシビアになってますので注意が必要です。
Windowsは7と10のみとなっており、8は対象外。
MacもSierra、High Sierraのみとなっております。
PCスペックはアプリ毎で違ったりしますので、Adobeさんの公式HPより確認しましょう。
PCスペック

今回はここまでで以上です。

バンフートレーニングスクールでは、イラストレーターやフォトショップ、インデザインに Webサイト作成の講座を開講中です。

このブログを書いているスタッフ「ほ」と、スタッフ「の」をはじめとする印刷会社の研修部門のスタッフがアプリケーションの使い方を徹底レクチャー!

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

イラストレーター講座の詳細

ご興味がある方は、ぜひ一度無料体験にお越しくださいませ。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Illustrator] 夏のイラスト特集!

今回は、「回転ツール」を使用した花火の作成と「線幅ツール」を使用してスイカの模様、おまけに「スパイラルツール」と3D効果で蚊取り線香にチャレンジしたいと思います。
201808PhotoshopTop2
00
まず、花火の作成から。
「表示」メニュー→「グリッドを表示」でグリッドを表示しておきます。
01

表示されたグリッドを活用して「楕円形ツール」を使用して楕円を3つ、「直線ツール」等を 使用して直線2本を作成します。
(直線の線幅は長い方を6pt、短い方を5ptとして先端は丸くしております。)
02

直線は、「線」パネルを使用して「プロファイル」を「線幅プロファイル5」に設定します。
03

線と楕円に同じ色を指定し、グループ化しておきます。
04

グループ化したパーツを選択している状態で「回転ツール」に持ち替えます。
回転軸を移動したいのでカーソルをグリッドに合わせて、「option」キー(Mac)、「Alt」 キー(Win)を押しながらクリックすると「回転」ダイアログが表示されます。
角度に「30」と入力し、「コピー」をクリックします。
05 06

そのまま「⌘(command)」キー(Mac)、「Ctrl」キー(Win)を押しながら「D」キーを押すと変形の繰り返しが行われるので必要分複製します。
07

続いて少し小さめのパーツを15°ずらした位置に作成します。
08

「オブジェクトを再配色」等で色を変更しておきます。
09

回転軸をずらして30°ずつコピー移動します。
10

効果で「光彩(外側)」をかけて完成です。
11

続いてスイカの作成。
「楕円形ツール」を使用して楕円を描いてグラデーションを適用します。
12

スイカの模様は「鉛筆ツール」等で少しがたついてる感じで描きます。
13

「線幅ツール」を使用してランダムに線の太さを調整します。線を中心にして片側だけを太らせたり細らせたりする場合は、「option」キー(Mac)、「Alt」キー(Win)を押しながら ドラッグします。
14

線にグラデーションを適用します。
15

「透明」パネルで描画モードを「乗算」にするとこのような感じに仕上がります。
16

更に続いて蚊取り線香の作成。
「スパイラルツール」を使用して画面内をドラッグし、線幅と線の色を指定します。
17

続いて「効果」メニュー→「3D」→「押し出し・べベル…」を実行します。
ダイアログ左上のキューブを動かしてイメージに近い立体感が出るように調整します。
18

更に「効果」メニュー→「スタイライズ」→「ドロップシャドウ」を実行し影を付けます。
19

以上です。

バンフートレーニングスクールでは、イラストレーターやフォトショップ、インデザインに Webサイト作成の講座を開講中です。

このブログを書いているスタッフ「ほ」と、スタッフ「の」をはじめとする印刷会社の研修部門のスタッフがアプリケーションの使い方を徹底レクチャー!

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

イラストレーター講座の詳細

ご興味がある方は、ぜひ一度無料体験にお越しくださいませ。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ