バンフートレーニングスクールのサイトへ

[Photoshop] 8bit,16bit,32bit、2020カスタムシェイプツール

梅雨があけず、大好きな夏が短そうで少しブルーなスタッフ「の」です。

さて以前「トーンジャンプ」についての記事をアップしました。
印刷時のトーンジャンプに悩んでませんか?【イラレ&フォトショ】

そこにも通じるお話となります。
Photoshop等で画像を開くと通常「8bit」の場合が多いです。

そこでPhotoshopのRGB「8bit」とは?
「RGB」画像は「レッド」「グリーン」「ブルー」からなる光の3原色のカラーモードで、各色が表現できる階調は0〜255の256階調あります。
この256階調を8bitと呼びます。
各色が8bit(256階調)を持っているので
256×256×256=16,777,216(約1,677万色)となります。
ですので、8bit×3で24bitとも呼ばれます。

個人差もあり何ともですが、一般的に人間の眼が認識出来る色数は最良の条件下で約750万色と言われています。(某局のTV番組で誰かが言ってました)
人間の眼で認識できる色の領域は「可視光線(可視域)」と呼ばれ、RGBよりも広いです。(認識できる色数と色の領域はまたちょっと別の話)
PhotoshopのRGB「8bit」は、1ピクセル辺りに約1,677万色の表現ができます。

充分ではないか!と、思う訳です。
なら「16bit」は
65,536×65,536×65,536
電卓を叩いてもよく分からない結果に…。

単純な話、使用できる色数が
8bit<16bit<32bit
というだけの事となります。
因みに変換は「イメージ」メニュー→「モード」から選択します。

2020年現在、「32bit」が必要なシチュエーションは全く思い浮かびませんが、(重たすぎ)
「16bit」は、Photoshopで使用できる機能も増えてきたので使える場面が出てきます。
そう例えば、トーンジャンプの軽減に!

20年近く前はPhotoshopで使える機能が少なく、画像が重たくなりすぎて自宅のMac君ではまともに動かなかったので「8bit」で作業するしかありませんでした。
Adobeさんのサイトでも昔できなかった機能を使用できる、に変えてるだけなのでちょっとおかしな文章になってます。
ただしトーンジャンプが起きてる画像を8bitから16bitに変換して治る訳ではないので、作業前に「16bit」にしておかなくてはいけない、という事です。
ではどんな作業するとトーンジャンプを起こしやすいの?
って事ですが、
色調補正、幅広いグラデーション、ブラシツール(300px以上の大きなサイズ)、ぼかし(ガウス)等が挙げられます。

ただ、「16bit」は出力トラブルを招く恐れがあります。DTPの場合、作業が完了したら「8bit」に変換→「CMYK」に変換→「スマートオブジェクト」に変換→「色調補正」→「シャープネス」な流れですかな。
因みに「16bit」でトーンジャンプが起きていなければ「8bit」に変換してもトーンジャンプは出にくいです。
「16bit」→「CMYK」より「8bit」→「CMYK」の方がデータ容量は軽くなります。
参考までに趣味で描いてる私の漫画1頁辺りの容量とトーンジャンプ具合の比較(32bitはこれで操作しようって気すら起きない)

ここからPhotoshop 2020に関してのプチ情報。
私は講座のテキスト作成時に矢印を多用します。
そこで「カスタムシェイプツール」の出番な訳です。

ツールオプションバーから「矢印」を選択していましたが、Photoshop 2020の場合、「あれ、いない…」
(代わりに色んなのがいますなぁ)

そんな時は、「ウィンドウ」メニュー→「シェイプ」を選択して「シェイプ」パネルを展開します。
パネルメニュー→「従来のシェイプとその他」を選択します。

「従来のシェイプとその他」が追加されました。「シェイプ」パネル内でよく使う項目は上の方に上げておきましょう。

使いやすくなりました。

以上です。

バンフートレーニングスクールでは、イラストレーターやフォトショップ、インデザインにWebサイト作成の講座を 開講中です。

このブログを書いているスタッフ「ほ」と、スタッフ「の」をはじめとする印刷会社の研修部門のスタッフがアプ リケーションの使い方を徹底レクチャー!

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

フォトショップ講座の詳細

ご興味がある方は、ぜひ一度無料体験にお越しくださいませ。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[InDesign 2020] 「段間罫線」「バリアブルフォント」

大雨が続き気分もあまり晴れないスタッフ「の」です。

久しぶりの更新で今回は、InDesign 2020で加わった2つの機能を紹介します。

「段間罫線」
単純に段と段の間に罫線を引いてくれる機能です。
逆に今までなかったのか…と、思うのでそこまで重要ではないのかな…。
取り敢えずこのような素材を用意してみる。

作業手順は、「オブジェクト」メニュー→「テキストフレーム設定」を実行します。
CC2019では以下のようなダイアログでした。

2020では以下のダイアログとなっております。ダイアログ内サイドの「段間罫線」を選択します。線の長さや位置等、細かい設定が出来ます。

因みに「テキストフレーム設定ダイアログ」は、「選択ツール」使用時にフレームを選択して、右クリックでも出せます。

他にも「プレーンテキストフレーム」の場合は、「選択ツール」使用時にフレームを選択して、「option」(Mac)「Alt」(Win)を押しながらダブルクリックでも出せます。
「フレームグリッド」の場合は、「フレームグリッド設定ダイアログ」が出ます。

「バリアブルフォント」
続いては、バリアブルフォント。
フォントの太さ、幅、傾斜を見た目で調整できる機能となっております。
幅や傾斜はフォントによって使用の可否があります…。
さて使用法はコントロールパネルや文字パネル等で下図のアイコンを見かけたらクリックします。

先ず「weight」でフォントの太さを調整できます。

続いて「width」で幅の調整ができます。

更に「slant」で傾斜の調整ができます。

この機能、欧文フォントだけでしかも下図の印あるフォントしか対応していないです。
今後、対応フォントも増えると思いますが。

以上です。

バンフートレーニングスクールでは、イラストレーターやフォトショップ、インデザインにWebサイト作成の講座を 開講中です。

このブログを書いているスタッフ「ほ」と、スタッフ「の」をはじめとする印刷会社の研修部門のスタッフがアプ リケーションの使い方を徹底レクチャー!

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

インデザイン講座の詳細

ご興味がある方は、ぜひ一度無料体験にお越しくださいませ。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ