カテゴリー別アーカイブ: おすすめ

[Illustrator] CC2018のここがいい!

今回「遠近図形選択ツール」…の予定でしたが、CC2018もリリースされたので、CC2018で良くなった点と、新ツー ル「パペットワープツール」の2本立てで行きたいと思います。

まず、「プロパティ」パネル。02

起動して最初に目に付くところと思います。
「カラー」パネル等、従来の使用頻度高そうなパネルがパッと見いなくなってます。
とりあえず従来の初期設定に近いのが、「ペイント」でしょうか。
03

さて、「プロパティ」パネルでは何が出来るでしょうか。
先ず「長方形ツール」を使用して長方形を描いてみました。
(↓描いた直後の「プロパティ」パネルがこちら)
04

以前メニュー下部にあった「コントロール」パネルの拡張版のような印象です。
おかげで「コントロール」パネルが非表示となっておりますので、使用したい場合は「ウィンドウ」メニューから 表示させます。
ただ、今回の「プロパティ」パネルで設定できるので必要なくなりそうです。
「コントロール」パネルは確かに便利でしたが、「塗り」と「線」の色指定や「線」の太さを指定する場所が左上に出ていたのでマウスを右手で操作する私としては使い勝手が今一つでした…。
05

「カラー」パネルや「スウォッチ」パネルでは「塗り」と「線」の切換えに一手間かかりましたが、その手間がなくなり非常に使いやすくなってます。
06

一つ惜しいのが「コントロール」パネルの場合、「Shift」キーを押しながらクリックで「カラー」パネルに変更 できましたが、今回は展開した後に切換えとなります。
(「カラーミキサー」という名称になっており、「カラーミキサー」モードで閉じると次も「カラーミキサー」で 展開します。)
07

↓こう開いてくれるとBestです。(Adobeさん、今後のアップデートに期待してます)
08

細かい設定をする場合は、「詳細オプション」をクリックします。
09

↓「変形」は良かったのですが、「文字」の場合等、項目が被るところもあります。(被ってる所はなくなってく れるとこれまたBestです。)
10

それでもこの「プロパティ」パネルによって従来バージョンより大分使いやすくなってると思います。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Illustrator]パペットワープツールの使い方

CC2018で追加になった新ツール「パペットワープツール」を紹介します。
11

PhotoshopではCS5から搭載され、ツールではなくてメニューから実行する機能となります。この機能を使うと写真に写っている人物のポーズを操り人形のごとく変えたりする事ができます。
そしてPhotoshopの場合、動かしたい部分はレイヤーを分ける必要があったので人物の場合は切り抜いて、人物の抜けた部分の背景を作成する手間が掛りました。
12

Illustratorは変形させたいオブジェクトを選択して行います。
13

「パペットワープツール」を使用してオブジェクト上をクリックするとピンが打込まれます。
ピン打つとオブジェクトにメッシュが表示されます。
14

既に刺さってるピンの上にカーソルを持っていくと「選択ツール」のような表示となります。
その状態でドラッグするとオブジェクトが変形していきます。
15

更にピンを追加して色々動かしてみると、ただの角丸長方形もこんなオブジェクトに。
16

牛を描いて試してみました。以前紹介した「動くスタンプ」もお手軽に作成できそうですね。(画像はクリックすると拡大表示されます。)
18

さて、折角なので人物を描いてやってみました。このツール、正面より横の方が得意そう。
17-1

…と思いきや…
何とグラデーションメッシュ未対応…
17-2

未対応ってだけなので今後の対応に期待したいと思います。
そんな訳で、メッシュを外してついでに髪の毛追加して再チャレンジ!
17-3

確かにこれを「ダイレクト選択ツール」で修正は難しそうですね。

今まで「ダイレクト選択ツール」で作業しにくかった修正も「パペットワープツール」でうまく修正出来るかもしれないです。

以上です。次回こそ「遠近図形選択ツール」。
このツールは前回の「遠近グリッドツール」と併用するツールとなります。

バンフートレーニングスクールでは、イラストレーターやフォトショップ、インデザインにWebサイト作成の講座を開講中です。

このブログを書いているスタッフ「ほ」と、スタッフ「の」をはじめとする印刷会社の研修部門のスタッフがアプリケーションの使い方を徹底レクチャー!

ご興味がある方は、ぜひ一度無料体験にお越しくださいませ。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

制作現場ですぐに使えるIllustratorスキルを短期間で身に着ける

イラストレーターは、Adobe社がリリースしているイラストを描いたり、チラシやポスターなどのレイアウトが行えるプロ御用達のアプリケーションです。

何ができるの?

イラストレーターは、絵を描くのがメインのソフトですが、写真の取り込みも行えるので、チラシやポスターなどの作成が行えます。

具体的には以下のことが行えます。

特にイラストに関しては、ベクター画像と呼ばれる方式を採用しており、描いたイラストを後から拡大や縮小を行ったり、着色を繰り返してもまったく画質が劣化しないという特性を持っています。

そのため、いろいろなサイズで使いまわすロゴのデータやキャラクターのイラスト作成で活躍します。

具体的には以下のことが行えます。

イラストを描く

アプリケーションの名前が「イラストレーター」ですから、名前の通り、イラストを描くのが大得意です。

▼基本図形を組み合わせたイラスト

四角形や多角形、円形といった基本図形を組み合わせてイラストを描くことができます。同じパーツの複製や、きれいに整列させるための機能がとても使いやすいので、下記のくまさんあたりなら、慣れればほんの2、3分で描きあがります。

基本図形を組み合わせたイラスト

基本図形だけでも、文字と組み合わせればちょっとしたダイレクトメールのハガキなんかも作れちゃいますね。

基本図形+文字で作ったDMはがき

▼下絵や写真をなぞって描くイラスト

下絵や写真のデータを取り込んで、それをなぞって絵を描けます。(この作業をトレースと呼びます)

リアルな画像を描画しようと思えば、以下のようなイラストだって描けちゃいます。

レイアウトする

Illustratorでは、写真のデータを取り込むことができますので、イラストレーター上で描いたイラスト、図形、そして文字などと組み合わせて並べていけば、チラシやポスターのレイアウト作業が行えます。

写真の上に文字を配置するのもまったく問題なく行えます。

イラストレーターでレイアウト

写真自体の色味の変更や、画質の調整といった操作はできませんが、配置した写真を丸く切り抜く、といったような加工は可能です。

写真を切り抜く加工

写真と文字の組み合わせとして、ホームページ上に表示するバナーなども作成が可能です。

バナー

もちろん写真を使わず、文字だけでのレイアウトだって可能です。たとえばカフェのランチメニューとか

ランチメニュー

というわけで、Illustratorでできるのは

  • イラスト描画
  • 文字入力
  • 写真の取り込みと簡単な加工
  • それらを使ったレイアウト

ということになりますね。デザインで必要な要素が全部入ってます。

ビジネス系のソフトでこれまでチラシなどを作成されていた方は、特にその自由度に夢中になれるはずです。

マスターするには?

Illustratorは、特にイラスト描画の部分などは独学や参考書ではマスターが難しいです。

わかる人に教えてもらうのが一番の近道ですが、グラフィック系のソフトは「使えるけれど人に教えるのは難しい」ジャンルのものです。

イラストレーターの学習はスクールで!

そういった事情も踏まえてPCスクールで学習していただくのが一番です。

学習期間は短期で!あとはひたすら自分の作品を

Illustratorで各機能を習得することは自転車に乗れるようになる練習と非常によく似ています。

グラフィックソフトの練習は自転車の練習によく似ている

乗れる(使える)ようになるまではちょっとしたコツがいるのですが、一度乗れてしまえば、あとは大丈夫ですよね。

ですので、Illustratorの勉強もスクールなどで大量の時間をつかう必要はありません。自分だけでは習得が難しい基本部分だけをスクールに手伝ってもらって、あとは自分の好きな作品を作っていけばOKです。

バンフートレーニングスクールの講座なら学習期間はたったの2日

バンフートレーニングスクールで行っている「イラストレーター講座」は最短2日間でイラストレーターの基礎技術を習得していただくことができます。

2日で修了

バンフートレーニングスクールは、印刷会社の研修部署が運営しているスクールなので、短期間で「使えるテクニック」を伝えるのが得意です。

スクール受講生の方には、社員研修で行っているプログラムと同じものをお伝えしていきます。

無料の再受講

「2日間で覚えられなかったらどうしよう…」というご不安があるかたもいらっしゃると思います。

そんな方のためにバンフートレーニングスクールの講座には、すべての講座に無料の再受講をご用意しております。

無料で再受講

たとえばIllustratorの機能を最短2日で学ぶ「イラストレーター講座」は、全部で4回のレッスンを行いますが、そのうちの2レッスンは無料で受けなおしていただけます。

さらに再受講をご希望の場合も格安で再受講を追加することができます。お気軽にご相談ください。

安心のアフターフォロー、しかも無期限!

「それでも不安…」という方、ご安心ください!

バンフートレーニングスクールの講座を受講していただいた方には、インストラクターが無期限でアフターフォローを行っております。

自分でPhotoshopを使っていてわからないところが出てきたときには、お気軽にメールにてご質問ください。

メールでのアフターフォローが無期限で!

講師が直接お答えしていきます。

受講生の方の「わかった!」「できた!」というお言葉がスクールにとっての最高の報酬ですので、もちろん無料。遠慮なくどんどんメールを送ってください。

スクールの雰囲気を知りたい方は無料体験へ

スクールの環境やインストラクターの雰囲気は、インターネットでは伝わりづらいもの。

バンフートレーニングスクールでは、「選べる無料体験」を実施しております。

以下の3つの体験からお好きなものが選べます(もちろん全部受けていただいてもOKです)

選べる無料体験

上記の中で、Illustratorが体験できるのは「ポストカード制作体験」で、Photoshopというアプリケーションで写真の加工を行い、Illustratorでポストカードのレイアウトを仕上げてお持ち帰りいただきます。

ご興味を持っていただけた方は、下記ページよりお申し込みください。
https://www.vanfu-vts.jp/lesson_e/index.html

イラストレーター講座へのお申し込みは

スクールのWebページより承ります。

イラストレーター講座の詳細は以下のページをご覧ください。

イラストレーター講座のお申し込みはこちら

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

Photoshopを2日で学んで写真加工をマスターする

フォトショップは、Adobe社がリリースしている写真の加工、修正、合成などの作業ができるとってもすごいアプリケーションソフトです。

何ができるの?

フォトショップは名前の通り、写真に関する様々な作業を行うことができます。

具体的には、以下のような作業が行えます。

写真の補正

▼撮影した写真が暗いので明るく補正する

写真の明るさを補正する

屋内で撮影した写真が驚くほど見やすくなります。

▼色を正しい色に補正する

色を正しく補正する

夕方に撮った写真を昼間に撮影したかのように!

▼写真の色をまったく違う色に変えてしまう

写真の色を変えてしまう

季節外れの写真が急に必要になった時も安心ですね

写真の加工

▼カラー写真を自分のイメージ通りの白黒写真に加工する

写真の白黒加工

写真の白黒化も自動で行えるソフトは多いですが、フォトショップでは、各色ごとに白黒の濃さを指定することができるので、思い通りの白黒写真を作ることができます。

▼写真内の不要物を消去する

写真の不要物を取り除く

写真に写りこんでしまったけど、いらないんだよなぁ、なんてものはフォトショップでサクッと消すことができます

▼被写体の人物を移動する

被写体の移動(失敗例)

↑のように写真の一部を移動させようとすると、もともと画像があった位置には穴が開いてしまいますが…

写真の補間

フォトショップを使えば、移動元の穴を自動的に補間してくれる、なんていう素晴らしすぎる処理を行ってくれます。

▼ピンボケ写真をクッキリと

ピンボケ写真をクッキリと

ピントの合ってないボケている写真をクッキリと修整できます。

▼背景をぼかして奥行き感を出す

背景をぼかす

写真の背景部分にぼかしをかけることで被写体が引き立ち、奥行き感のある写真になります。

▼写真を加工してイラスト風に

写真を加工してイラスト風

フィルターギャラリーという機能を利用して、写真を簡単にイラスト風に仕上げることもできます。

▼複数の写真を合成する

複数の写真を組み合わせた合成写真もPhotoshopの得意技です。

写真の合成

合成写真

▼それ以外にも…

上記でご紹介した以外にも、Webデザインの業界では、ページをデザインするときの完成見本(カンプと呼んだりします)を作成したり、アニメーションで動きのあるバナーを作成したり…

イラストレーターや漫画家の方では、自分の描画した線画をスキャナで取り込んで、Photoshop上で着色する、なんて使い方をする方もいます。

本当にいろんなことができてしまうのがフォトショップなんです。

マスターするには?

参考書やインターネットを教材にして、独学をする方法もありますが、参考書に書いてある通りにできなかったり、インターネットではPhotoshopの様々なバージョンの情報が入り乱れていて、自分が持っているバージョンと画面が違っていたり…と、なかなかスタートする人にとっては敷居が高いです。

Photoshopを学ぶには?

やっぱりおすすめは、基本操作は短期で学習できるスクールでサクッと身に着けてしまい、後は自分のやりたいことを好きな素材で行っていただくのが一番かと思います。

Photoshopの基本を2日で身に着ける!

バンフートレーニングスクールのフォトショップ講座では、最短2日間でフォトショップが習得できるカリキュラムをご用意しております。

必要なスキルを2日で学ぶ

上記で写真付でご紹介した内容+αの内容を2日間できっちり学んでいただけます。

無料の再受講

「2日間で覚えられなかったらどうしよう…」というご不安があるかたもいらっしゃると思います。

そんな方のためにバンフートレーニングスクールの講座には、すべての講座に無料の再受講をご用意しております。

無料で再受講

たとえばPhotoshopの機能を最短2日で学ぶ「フォトショップ講座」は、全部で4回のレッスンを行いますが、そのうちの2レッスンは無料で受けなおしていただけます。

さらに再受講をご希望の場合も格安で再受講を追加することができます。お気軽にご相談ください。

安心のアフターフォロー、しかも無期限!

「それでも不安…」という方、ご安心ください!

バンフートレーニングスクールの講座を受講していただいた方には、インストラクターが無期限でアフターフォローを行っております。

自分でPhotoshopを使っていてわからないところが出てきたときには、お気軽にメールにてご質問ください。

メールでのアフターフォローが無期限で!

講師が直接お答えしていきます。

受講生の方の「わかった!」「できた!」というお言葉がスクールにとっての最高の報酬ですので、もちろん無料。遠慮なくどんどんメールを送ってください。

スクールの雰囲気を知りたい方は無料体験へ

スクールの環境やインストラクターの雰囲気は、インターネットでは伝わりづらいもの。

バンフートレーニングスクールでは、「選べる無料体験」を実施しております。

以下の3つの体験からお好きなものが選べます(もちろん全部受けていただいてもOKです)

選べる無料体験

上記の中で、Photoshopが体験できるのは「ポストカード制作体験」で、Photoshopを使った写真の加工を行い、Illustratorというアプリケーションでポストカードに仕上げてお持ち帰りいただきます。

ご興味を持っていただけた方は、下記ページよりお申し込みください。
https://www.vanfu-vts.jp/lesson_e/index.html

フォトショップ講座へのお申し込みは

スクールのWebページより承ります。

フォトショップ講座の詳細は以下のページをご覧ください。

フォトショップ講座のお申し込みはこちら

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ