イラストレーター カラーガイド

映画『ステキな金縛り』で大爆笑した「あ」です。

こんなに笑った映画は初めてかもしれません。そして、おうちを建てているついでに『みんなの家』もDVDで観ましたが、こちらはけっこうリアルです。知り合いの工務店さんに建てていただいていますが、棟梁が本当に「今回ものすごくいい木使っているから!」と言っていました。気になる方はDVDで!
三谷幸喜さんは今年生誕50周年ということで、舞台もたくさんやっています(『90ミニッツ』も観たかった!)。一応、私なんかが言うのもあれですが、三谷さんは大学の先輩にあたります。めっちゃ尊敬です。

さて、話が長くなりましたが、今回はイラストレーターの機能の紹介です。
配色に迷う時ありませんか?(カラーコーディネーターの資格ももってたりするんですが←自慢!?)
そんな時、CS3からついたカラーパネルの後ろに隠れているこやつ!『カラーガイド』がけっこう助けてくれます。

1色は絶対これで決まりなんだけどなーと決めて、選択して

カラーガイドパネルを開くとおや?おすすめしてくれている色が何色かあります。

さらにもう一声。右の小さい三角形をクリックすると

さらに色々なパターンの配色を出してくれます。

昔は色配色本を参考にしたりしましたが、楽になりました。

 

セットごとにスウォッチに登録することもできます。

ぜひ、配色に迷った時に使ってみてください。

そもそも、カラーパネル?スウォッチ?という方はバンフートレーニングスクールの「イラストレーター講座」にてお待ち致しております。


バンフートレーニングスクールでは、イラストレーター講座を開講しています。

このブログで記事を書いているスタッフ「の」やスタッフ「ほ」が基本操作からマニアックなテクニックまで幅広くレクチャー!

まったくの初心者の方大歓迎!ある程度ご経験のある方向けの実践編もご用意しております。

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

イラストレーター講座の詳細

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

Photoshop ショートカット

このところの気温の変化でガッツリ風邪をひいたスタッフ『の』です…。
今回は、覚えておくと便利なPhotoshopのショートカットを紹介します。
【イメージ】メニュー→【色調補正】には画像の色調を調整する様々な機能があります。
私、個人的によく使う機能は【色相彩度】、【レベル補正】、【カラーバランス】の3つですが、【イメージ】メニューから出すよりショートカットを覚えた方が効率良いので紹介致します。

【色相彩度】→コマンド+U(Mac)、Ctrl+U(Win)

 

【レベル補正】→コマンド+L(Mac)、Ctrl+L(Win)

 

【カラーバランス】→コマンド+B(Mac)、Ctrl+B(Win)

 

大変便利ですので是非、使ってみてください。

そもそも【色調補正】って?という方は、バンフートレーニングスクールのPhotoshop講座にてお待ちしております。

以上、「の」でした。


バンフートレーニングスクールでは、フォトショップ講座を開講しています。

このブログで記事を書いているスタッフ「の」やスタッフ「ほ」が基本操作からマニアックなテクニックまで幅広くレクチャー!

まったくの初心者の方大歓迎!ある程度ご経験のある方向けの実践編もご用意しております。

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

フォトショップ講座の詳細

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Dreamweaver]コメントの挿入

つい最近まで9月だなーと思っていたら、いつの間にか11月になっていました。
あれ?10月は?どこいった?

最近、時間の感覚が明らかにおかしいスタッフ「ほ」です。

ハロウィンを楽しむ間もなかった…orz

さて、気を取り直して、今日はドリームウィーバーネタです。

HTMLやCSSのコードは、ボリュームが出てくると、何の設定だったか、よく覚えてなくて、後になってから「この設定は必要なものだろうか?」なんてなることがしばしばあったりします。

んで、そういったサイトが、次々と担当者を変えて引き継がれていくと、謎のコードだらけの恐ろしいページに…

そんなことにならないように、わかりづらそうなソースコードには、コメントを入れておくといいです。

ソースコードの中にコメントという扱いで文字を入力すると、Webページ上には影響せずに、コードの中だけに文字を表示させることができます。

HTMLとCSSで、コメントは書き方が違います。

HTMLはコメントにしたい部分を「<!–」と「–>」で囲みます。


<!-- ここにコメントを書きます -->

CSSはコメントにしたい部分を「/*」と「*/」で囲みます。


/*  ここにコメントを書きます */

Dreamweaverでは、これをコードビューで手書きすることもできますが、実はコメントを入れるボタンがあったりします。
ちょっと目立たないのですが、コードビューの左端にあるこのアイコンがそうです。

クリックしてみると、このメニューが出てきます。

「HTMLコメントの適用」をクリックすると、ソースコード上のカーソルを置いていた場所に自動的に「<!—->」が挿入されますので、この真中にコメントを書いていけばOKです。

また、先に文字を書いておき、それをドラッグして…

この状態で「HTMLコメントの適用」をクリックすると、

このように自動的にコメントにしてくれます。

CSSも同様に行えます。

覚えておくと、何気に便利な機能です。

コメントは、例えばWebページに不具合が出ている時に、ソースコードのどの部分が原因で不具合が起きているのか不明な時に、コメントで怪しい部分のソースコードをコメントにして無効にし、不具合が起きている場所の絞り込みなどにも使えます。

知らなかったーー!という方は、ぜひぜひお試しあれ。

「これからドリームウィーバーを覚えたい」なんて方は、バンフートレーニングスクールのドリームウィーバー講座にてお待ちしております。HTMLやCSSのコードもまだ知らないーという方には、HTMLやCSSからしっかり学んでドリームウィーバーまで習得できちゃう「WEBパック(FLASH講座もついてます)」がオススメです。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ