[Illustrator] 夏のイラスト特集!

今回は、「回転ツール」を使用した花火の作成と「線幅ツール」を使用してスイカの模様、おまけに「スパイラルツール」と3D効果で蚊取り線香にチャレンジしたいと思います。
201808PhotoshopTop2
00
まず、花火の作成から。
「表示」メニュー→「グリッドを表示」でグリッドを表示しておきます。
01

表示されたグリッドを活用して「楕円形ツール」を使用して楕円を3つ、「直線ツール」等を 使用して直線2本を作成します。
(直線の線幅は長い方を6pt、短い方を5ptとして先端は丸くしております。)
02

直線は、「線」パネルを使用して「プロファイル」を「線幅プロファイル5」に設定します。
03

線と楕円に同じ色を指定し、グループ化しておきます。
04

グループ化したパーツを選択している状態で「回転ツール」に持ち替えます。
回転軸を移動したいのでカーソルをグリッドに合わせて、「option」キー(Mac)、「Alt」 キー(Win)を押しながらクリックすると「回転」ダイアログが表示されます。
角度に「30」と入力し、「コピー」をクリックします。
05 06

そのまま「⌘(command)」キー(Mac)、「Ctrl」キー(Win)を押しながら「D」キーを押すと変形の繰り返しが行われるので必要分複製します。
07

続いて少し小さめのパーツを15°ずらした位置に作成します。
08

「オブジェクトを再配色」等で色を変更しておきます。
09

回転軸をずらして30°ずつコピー移動します。
10

効果で「光彩(外側)」をかけて完成です。
11

続いてスイカの作成。
「楕円形ツール」を使用して楕円を描いてグラデーションを適用します。
12

スイカの模様は「鉛筆ツール」等で少しがたついてる感じで描きます。
13

「線幅ツール」を使用してランダムに線の太さを調整します。線を中心にして片側だけを太らせたり細らせたりする場合は、「option」キー(Mac)、「Alt」キー(Win)を押しながら ドラッグします。
14

線にグラデーションを適用します。
15

「透明」パネルで描画モードを「乗算」にするとこのような感じに仕上がります。
16

更に続いて蚊取り線香の作成。
「スパイラルツール」を使用して画面内をドラッグし、線幅と線の色を指定します。
17

続いて「効果」メニュー→「3D」→「押し出し・べベル…」を実行します。
ダイアログ左上のキューブを動かしてイメージに近い立体感が出るように調整します。
18

更に「効果」メニュー→「スタイライズ」→「ドロップシャドウ」を実行し影を付けます。
19

以上です。

バンフートレーニングスクールでは、イラストレーターやフォトショップ、インデザインに Webサイト作成の講座を開講中です。

このブログを書いているスタッフ「ほ」と、スタッフ「の」をはじめとする印刷会社の研修部門のスタッフがアプリケーションの使い方を徹底レクチャー!

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

イラストレーター講座の詳細

ご興味がある方は、ぜひ一度無料体験にお越しくださいませ。

The following two tabs change content below.
スタッフ 「の」

スタッフ 「の」

主にグラフィックのソフトを担当してます。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ