バンフートレーニングスクールのサイトへ

[Illustrator]文字タッチツールの使い方

いい感じで暖かくなってきました…。
…っていうか、もう暑いですかね…。
そんな中、松屋でハンバーグカレーを食べて汗をだくだくかいたスタッフ『の』です。
さて、久しぶりにイラレツール紹介いってみたいと思います。

『ほ』に楽しそうなツールを選んでるんじゃないか…と言われそうですがそんな事はないです。(きっぱり!)

それでは、CCからの機能となります『文字タッチツール』いってみましょう。

でもその前に、そもそもこのツールは何ができるのか?
文字パネルを使って、細かく指定していた箇所を見た目で自在に大きさや角度の変形が可能です。
まず、普通に文字を入力します。

その後はツールパネルから、文字タッチツールを選択します。
もしくは、文字パネル内の「文字タッチツール」をクリックします。

変形させたい文字上をクリックします。
クリックした文字にはバウンディングボックス的なのが表示されますが、ちょっと違います。

見た目で動かせるので使いやすくてデザインしやすいです。

更に下位バージョンで開いてもデザインが崩れない、という優れものです。
CC以降をお持ちの方は、是非色々動かしてみてください。


バンフートレーニングスクールでは、イラストレーター講座を開講しています。

このブログで記事を書いているスタッフ「の」やスタッフ「ほ」が基本操作からマニアックなテクニックまで幅広くレクチャー!

まったくの初心者の方大歓迎!ある程度ご経験のある方向けの実践編もご用意しております。

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

イラストレーター講座の詳細

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Illustrator]パス上文字(縦)ツールの使い方

こんにちは

最近、焼き肉用のもみだれレシピ開発にはまっているスタッフ「ほ」です。
この夏中に納得いくレシピを完成させます!授業の前日には食べられませんけどね…

さて、今回はパス上文字(縦)ツールのご紹介です。

まぁ、パス上文字ツールの縦書き版です!
やってみましょー。

最初に文字のガイドになる線を描きます。

パス上文字(縦)ツールに持ち替えて、描いた線の上でクリックをします。

カーソルが立ったら文字を入力していきます。

クリックした場所から文字が入力されていきますが、文字は線の描き始めから描き終わりに向かって流れていきます。

上記のぐるぐる線は、線を描く際に外側から内側に向かって描きました。なので、文字も外側から内側に向かって入力されているのがわかると思います。

この方向を逆にしたい場合は、一度選択ツールに持ち直します。

線の先頭、末尾、そしてその中間に表示されている線(ブラケット)から、中間のブラケットをマウスで線の反対側へドラッグします。

文字列の先頭と末尾が入れ替わります。

文字が多すぎて、パス上に収まらなった場合、線の末端には文字があふれていることを示す赤い+マークが表示されます。

線をさらに描き足してもいいのですが、エリア内文字(縦)ツールの時にご紹介した機能を利用して、この文章の続きを別の線上に流すことができます。

もうひとつ別の線を描いて…

マウスで、赤い「+」マークをクリックします。

そのまま次の線の上でクリックすれば、文字列の続きが流し込まれます。

ふぅ、これで文字ツール関係は、残すところあと1つとなりました。

次回は、文字タッチツールをご紹介します。

なかなか面白いツールですので、ご期待くださいっ!


バンフートレーニングスクールでは、イラストレーター講座を開講しています。

このブログで記事を書いているスタッフ「の」やスタッフ「ほ」が基本操作からマニアックなテクニックまで幅広くレクチャー!

まったくの初心者の方大歓迎!ある程度ご経験のある方向けの実践編もご用意しております。

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

イラストレーター講座の詳細

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

★本日のおやつ★

こんにちは!

今日も暑いですね~お日様+太陽 の画像

そんな暑い日ですが、本日のおすすめおやつ゜*おかし/飲み物/かわいい*゜ の画像を探しにおさるさん*テクテクテクテク の画像おさるさん*テクテクテクテク の画像おさるさん*テクテクテクテク の画像おさるさん*テクテクテクテク の画像おさるさん*テクテクテクテク の画像

暑いから☆アイス★ の画像もいいのですが・・・・。

ここは、飯田橋・神楽坂。  実は、日本でこの飯田橋(神楽坂?)にしかない

おやつをご紹介いたしますおじぎ の画像 『J』でございます。

 

さて、やじるし、気持ち、↑↓←→ の画像やじるし、気持ち、↑↓←→ の画像画像はコチラですやじるし、気持ち、↑↓←→ の画像やじるし、気持ち、↑↓←→ の画像 何かおわかりですか?

 

 

答えは・・・・ ペコちゃん の画像ペコちゃん焼きペコちゃん の画像 です。

今日買ってきた味は、あずき・チーズ・ずんだ・カスタード・チョコ

そして、今月の味 りんごりんご の画像です。

※あとカレー味カレー の画像がありました。

 

ペコちゃん焼は、ここ飯田橋神楽坂 不二家のお店だけしか日本では販売を

していないんです。そして、今日は買うことが出来なかったのですが・・・パンダ がっかり の画像

秘密のキャラであるペコちゃんのボーイフレンド 『ポコちゃん』もたまにいます。

実は、カレー味にポコちゃんを発見したのですが・・・前に並んでいた女性の

箱の中へ・・・・ちょっとした差で私の箱には入れてもらえませんでした。顔文字 泣く の画像

 

いつも、このぺこちゃん焼きを買うとみんなが・・・『どこから食べる?』と話題に

なるのですが・・・ちょっとペコちゃん の画像の顔が怖いですよねパンダ の画像

気になるお味は、おいしいんです。そうですね~今川焼きとか大判焼きと同じ

ような感じの食べ物です。

 

 

そうそう、日本でここだけなのでお土産にすると結構ネタ誕生日だよ。主役 の画像になって、話が盛り上がる事

間違えなしですかわいい の画像かわいい の画像 ※実際に『J』は、誕生日だよ。主役 の画像になれました。

毎月いろいろな味があるので、お近くにいらした際は是非GOOD!!! の画像ご賞味ください。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Photoshop] CC 2014 新機能 スピンぼかし

晩はまだまだ風が涼しくて心地よいと感じるスタッフ『の』です。

今回もセミナーで仕入れた小ネタを挟んでPhotoshop CC 2014の新機能を紹介します。
以下の写真を用意しました。

『フィルター』メニューより『ぼかしギャラリー』-『スピンぼかし』をクリックします。

以下のような大きなダイアログが出現します。

色々と表示されているマークをグリグリ直観的に動かします。

これまた、セミナーで栃谷さんがおっしゃってましたが、「Alt」ドラッグで中心部をずらすことができます。

さらに速度を上げることもできます。

従来からある『ぼかし(放射状)』との違いは、範囲を決められたり、斜めにしたり、そして何よりプレビュー見ながら決定出来るところが素晴らしいです。

さらに『パスぼかし』との併用も可能です。

またまた楽しくってグリグリやってたらこんな感じとなりました。

演出的な効果にもってこいな機能です。


バンフートレーニングスクールでは、フォトショップ講座を開講しています。

このブログで記事を書いているスタッフ「の」やスタッフ「ほ」が基本操作からマニアックなテクニックまで幅広くレクチャー!

まったくの初心者の方大歓迎!ある程度ご経験のある方向けの実践編もご用意しております。

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

フォトショップ講座の詳細

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Illustrator]エリア内文字(縦)ツールの使い方

カーッと暑くなってきましたねー。アイスが恋しい季節になりました。

チョコミント好きとしては、月末に発売予定のハーゲンダッツは見逃せません。

スタッフ「ほ」です。

さて、今日もイラストレーターのツール紹介をグイグイ進めていきます。

エリア内文字(縦)ツールです。エリア内文字ツールの縦書きバージョンですね。

何か形状を描いておいて…

エリア内文字(縦)ツールで形状のフチをクリックすると、オブジェクトの色が透明になり、内部にカーソルが点滅します。

文字を入力していけば、形状に収まるように文字が折り返されていきます。

…と、ここで終わってしまうと、エリア内文字ツールと何も変わりませんので、今日はもうひとつ便利情報を。

エリア内文字(縦)ツールで、文章を流し込んで、文章が収まらずにあふれてしまった場合、形状の左下に赤い+マークが表示されます。

文字サイズを小さくしたり、形状を大きくして文章を収める方法もありますが、このあふれてしまった部分を別の形状に流し込むことができます。

この赤い「+」マークをクリックします。マウスの形状が以下のように変化します。

この状態で、次の形状のフチをクリックすると、次の形状内に文章の続きが流れ込んでいきます。

これを知っていれば、段組みの文章を作成することができますねっ!

ちなみに、この機能は横書きの場合でも使えますので、活用してみてください。


バンフートレーニングスクールでは、イラストレーター講座を開講しています。

このブログで記事を書いているスタッフ「の」やスタッフ「ほ」が基本操作からマニアックなテクニックまで幅広くレクチャー!

まったくの初心者の方大歓迎!ある程度ご経験のある方向けの実践編もご用意しております。

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

イラストレーター講座の詳細

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ