カテゴリー別アーカイブ: テクニック(Photoshop)

[Illustrator/Photoshop]CC2017リリース

久しぶりの更新…そして、ここ数日の寒さが身に堪えるスタッフ『の』です。

さて先日、AdobeさんのCreative Cloud 2017がリリースされました。
イラレ、フォトショ、インデのスプラッシュスクリーンは以下の感じ。

aisupurassyu

pssupurassyu

idsupurassyu

 

イラレ、フォトショの新規ドキュメント作成ダイアログがこんな感じになりました。(イラレは「詳細設定」をクリックすると以前のようなダイアログが出ます。)

00001

00002

そして、プロファイルの選択肢が少し増えました。

0002

イラレは「選択ツール」等の矢印系ツールの形が矢印ではなくなりました。

0003

因みにインデは矢印のままです。

0004

他にもあまり取り上げられていない所では、図形を描いた後「選択ツール」に持ち替えなくても図形の中心部にカーソルを持っていくことで移動が可能といいますか、表示が分かり易くなりました。
(使い慣れてる方は、「⌘」キー(Mac)、「Ctrl」キー(Win)を使用して移動や選択を行っているのであまり関係ないかも、で
すが、初心者の方には有り難い機能と思います。)

0005
0006

この機能により、塗りが「なし」のオブジェクトも選択しやすくなりました。

0007

お蔭で「option」キー(Mac)、「Alt」キー(Win)を押しながらの描いてある図形の中心から新たに図形を描くことが出来なくなりました。
その場合は、「option」キー(Mac)、「Alt」キー(Win)を押しながらマウスの右ボタンをドラッグで描きます。

0008

バンフートレーニングスクールでは、イラストレーターが最短2日間で習得できるハンズオントレーニングをご用意してお待ちい たしております。
無料体験も行っておりますので、ぜひお気軽にご参加ください。

イラストレーター講座詳細

http://www.vanfu-vts.jp/landing/ai.html

 

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Photoshop]「背景」レイヤー ⇔ 「レイヤー0」の切り替え

豆まきの際に使う福豆が大好きで、毎年節分を過ぎて数日経った頃にコンビニの処分品をごっそりと買ってくるのが恒例なのですが、今年はどこの店舗もあまり商品が余らなかったのか、処分品をみかけません。

ちょっと寂しいスタッフ「ほ」です。

さて、みなさまご無沙汰しております。
いろいろ事情がありまして、更新が滞っております。すみません。

そんな久しぶりのエントリーはフォトショップネタです。

通常、フォトショップで写真などのデータを開くと、レイヤーが「背景」となった状態で開きます。

背景レイヤー

この「背景」レイヤーには、

  • 常に一番下に配置され他のレイヤーとの順序が入れ替えられない
  • 透明を扱うことができず、削除した部分は背景色で塗りつぶされる

といった特徴があります。

レイヤーの順序を入れ替えたり、背景を透明にしたい場合などは、この背景レイヤーを「レイヤー0」に変換することで可能になります。

この「レイヤー0」への変換にはいくつかの方法があります。

ダブルクリックで変換

古くからあるオーソドックスな方法です。

レイヤーパネル上で背景レイヤーをダブルクリックします。

背景レイヤーダブルクリック

すると、画面上に以下のダイアログが開きます。

新規レイヤーダイアログ

このダイアログで「OK」をクリックすると背景レイヤーがレイヤー0に変換されます。

レイヤー0に変換された

右クリックで変換

レイヤーパネル内の背景レイヤーをマウスで右クリックした時に出てくるコンテキストメニューから「背景からレイヤーへ」を実行すると、先述の方法と同じく新規レイヤーダイアログが開きます。

右クリックから変換

メニューから変換

背景レイヤーを選択した状態で、画面上部の「レイヤー」メニューから「新規」→「背景をレイヤーに変換」でダイアログが開きます。

メニューバーから変換

Altキー+ダブルクリック

これまでに挙げた方法では、レイヤー0に変換する際にダイアログを開く必要があり、ちょっと面倒です。

そこで背景レイヤーをキーボードのAltキーを押しながら(Macの場合はoptionキー)ダブルクリックすると、ダイアログを開かずにレイヤー0への変換が行われます。

背景レイヤーをAltキーを押しながらダブルクリック

背景レイヤーのカギマークをクリック

レイヤーパネル内で背景レイヤーについている鍵のマーク(「レイヤーの部分ロック」)をクリックします。
※クリックはシングルクリックです。

鍵のアイコンをクリックして変換

これだけで背景レイヤーがレイヤー0に変換されます。

とっても簡単な方法なので、これが一番おすすめです。

レイヤー0を背景レイヤーに戻すには?

レイヤー0を再び背景レイヤーに戻す場合は、レイヤーを統合すれば背景レイヤーになりますが、すでに複数レイヤーが作られていて、レイヤーの統合をしたくない場合はメニューから行います。

「レイヤー」メニュー→「新規」→「レイヤーから背景へ」を実行するとレイヤーが「背景」レイヤーに変換されます。

背景レイヤーに戻す

 

さて、いかがでしたでしょうか。

意外とたくさんあったレイヤー0への変更方法。知っている方も多いかと思いますが「この方法は知らなかった!」というものがありましたら、ぜひ試してみてください。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Photoshop]ブラシツールや消しゴムツール等の「不透明度」と「流量」

久しぶりの更新…スタッフ『の』です。

さて今回は、Photoshopでブラシツール等を使用時、ツールオプションバーに表示される「不透明度」と「流量」についてです。

Photoshopを使用して、絵を描いたり着色する方はペンタブレットの筆圧感知を使っていることと思うのであまり気にしていないかもしれません。
事実、僕もその一人です。
しかし、マウスを使用して何とか濃淡を表現しなくてはならなくなった時に、何となくスライダーを動かして調整していたのが「不透明度」と「流量」でした。
意味合いとして、不透明度は透かして濃度の調整、流量はインクの量で濃度を調整するイメージと思います。
では違いを見ていくとしましょう。
まずは、通常ブラシで、サイズ88、硬さ100に設定しました。

マウスを横に一度ドラッグした時の不透明度と流量の違いです。

続いてマウスを横に一筆書きの要領で何往復かドラッグしてみました。
不透明度の方に変化は見られませんが、流量の方は濃くなっていっているのが分かります。

今度は一筆書きではなく、重ねるように右端までドラッグを3回繰り返してみました。

どちらも重なった部分は濃くなっています。


バンフートレーニングスクールでは、フォトショップ講座を開講しています。

このブログで記事を書いているスタッフ「の」やスタッフ「ほ」が基本操作からマニアックなテクニックまで幅広くレクチャー!

まったくの初心者の方大歓迎!ある程度ご経験のある方向けの実践編もご用意しております。

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

フォトショップ講座の詳細

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Photoshop] CC2014の新機能!「リンクを配置」

今回は久しぶりのPhotoshopで、CC2014の機能を紹介します。
スタッフ『の』です。
授業ではテキストに少し触れているだけなのですが、配置に『リンクを配置』が加わりました。
従来の配置は『埋め込みを配置』となっております。
リンクを配置にした場合は元のファイルに手を加えて保存すると、合成写真内にも反映されます。

このような画像を用意しました。

「リンクを配置」で花の写真をキャンバスに合成してみました。

花の写真を修正する場合は、レイヤーパネル内のサムネールをダブルクリックします。

変更して保存すると反映される、というダイアログが出ます。

変更したいファイルが開かれます。
今回は、色を変えて保存します。

見事に補正内容が反映されました。


バンフートレーニングスクールでは、フォトショップ講座を開講しています。

このブログで記事を書いているスタッフ「の」やスタッフ「ほ」が基本操作からマニアックなテクニックまで幅広くレクチャー!

まったくの初心者の方大歓迎!ある程度ご経験のある方向けの実践編もご用意しております。

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

フォトショップ講座の詳細

 

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Photoshop]パス上文字の書き方

このたび、我が家に新ゲーム機PS4がやってきました。スタッフ「ほ」です。

…と、勢いで買ったのはいいのですが、PS4には家族で楽しめるゲームがあまりないことに気がつきました…

どなたか小さな子供でも楽しめるゲームをご存知でしたら教えてくださいませ。

とりあえずPS4は、これまでDVDでがんばってきた我が家で初のBlu-ray再生機として大活躍中です。あまりの画像のきれいさに家族で見とれてしまいました。

さて、今日生徒さんからいただいたご質問に「Photoshopのパス上文字がうまく書けない」というご質問をいただきました。

「パス上文字」を知らない方に説明をしておきますと…

こんな感じの線を描いて…

この線に沿って文字を流し込む機能のことです。

それでは、作り方からいきましょう。

パス(線)を描きます。ツールは「ペンツール」を使いましょう。

ペンツールの使い方を知らない方は、その下にある「フリーフォームペンツール」を使いましょう。
ドラッグしたとおりの線をひくことができます。

線を引くときには画面上部にあるオプションバーから「パス」を選択しておきましょう。

さて、線をひいたら、ツールを 「文字ツール」に持ち替えます。

今回は横書きの文字を書くので「横書き文字ツール」を選択しました。

文字ツールに持ち替えたら、描いた線の上にマウスポインタを重ねます。

マウスポインタが重なっているときと、重なっていないときでマークが違うのがわかるでしょうか…?

線の上でクリックをすると、線上に文字入力のためのカーソル(Iビーム)が点滅します。

こうなれば、あとは文字を入力していくだけですね。

さて、これで解決!のはずなのですが、なぜかCS3は思惑通りにいきません。

スクールのPCもCS3だけ文字が途中で切れちゃいました。

これを解決するためには、少し修正が必要です。

パス上文字を入力したらツールを「パス選択ツール」に持ち替えてみましょう。

このツールは本来、描いた線(パス)を編集するためのツールなのですが、このツールを選んだ状態で、マウスポインタを書いた文字の上に重ねてみると……?

まず文字の左端に乗せた場合はこれ

この状態でドラッグを行なうと、文字の書き出し位置を変更することができます。

文字の終点の部分には、↓こんなマーク↓がついていまして…

ここが文字が表示される最後の位置を示しています。

この近くにパス選択ツールを持ってくると、マークが以下のように変化します。

この状態でドラッグをすると、文字の表示エリアの終点位置を変えることができます。

この終点のマークは、本来パスの最後にできるはずなのですが、CS3では、パスの最初のほうに終点マークがついてしまいます。

そのため、文字が少ししか、もしくは全く表示されず「???」となってしまいます。

ですので、パス選択ツールで終点マークをドラッグして広げてあげることで、文字が出てくるようになります。

「Photoshopのパス上文字がうまくいかないよー」という方は上記をお試しくださいませ。


バンフートレーニングスクールでは、フォトショップ講座を開講しています。

このブログで記事を書いているスタッフ「の」やスタッフ「ほ」が基本操作からマニアックなテクニックまで幅広くレクチャー!

まったくの初心者の方大歓迎!ある程度ご経験のある方向けの実践編もご用意しております。

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

フォトショップ講座の詳細

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ