カテゴリー別アーカイブ: テクニック(InDesign)

[Illustrator/Photoshop]CC2017リリース

久しぶりの更新…そして、ここ数日の寒さが身に堪えるスタッフ『の』です。

さて先日、AdobeさんのCreative Cloud 2017がリリースされました。
イラレ、フォトショ、インデのスプラッシュスクリーンは以下の感じ。

aisupurassyu

pssupurassyu

idsupurassyu

 

イラレ、フォトショの新規ドキュメント作成ダイアログがこんな感じになりました。(イラレは「詳細設定」をクリックすると以前のようなダイアログが出ます。)

00001

00002

そして、プロファイルの選択肢が少し増えました。

0002

イラレは「選択ツール」等の矢印系ツールの形が矢印ではなくなりました。

0003

因みにインデは矢印のままです。

0004

他にもあまり取り上げられていない所では、図形を描いた後「選択ツール」に持ち替えなくても図形の中心部にカーソルを持っていくことで移動が可能といいますか、表示が分かり易くなりました。
(使い慣れてる方は、「⌘」キー(Mac)、「Ctrl」キー(Win)を使用して移動や選択を行っているのであまり関係ないかも、で
すが、初心者の方には有り難い機能と思います。)

0005
0006

この機能により、塗りが「なし」のオブジェクトも選択しやすくなりました。

0007

お蔭で「option」キー(Mac)、「Alt」キー(Win)を押しながらの描いてある図形の中心から新たに図形を描くことが出来なくなりました。
その場合は、「option」キー(Mac)、「Alt」キー(Win)を押しながらマウスの右ボタンをドラッグで描きます。

0008

バンフートレーニングスクールでは、イラストレーターが最短2日間で習得できるハンズオントレーニングをご用意してお待ちい たしております。
無料体験も行っておりますので、ぜひお気軽にご参加ください。

イラストレーター講座詳細

http://www.vanfu-vts.jp/landing/ai.html

 

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

Adobe InDesign CS6 新機能

世間ではGWモードに突入しましたね!
やっと予定を決め始めた「あ」です。
この時期はAdobe新バージョン発売時期でもあります。今回はInDesignから気になっている新機能のお話しを少し。

http://www.adobe.com/jp/products/indesign.html

↑ビデオ説明なども再生できます。

主にアピールされているのは、やはり電子書籍関連です。
iPad用に縦横レイアウトが簡単にできる機能、各種スマートフォンの画面サイズに応じて作成する方法などです。

ただ、前回バージョンより電子書籍強化のインパクトはあまりない気がします。まだ体験版が出ていないのでなんともですが、せめてパネルの説明などに日本語が増えていたら使いやすいのになと期待しています。

文字関連だと、文字があふれた時にテキストフレームが自動で拡大してくれる機能がうれしいですね。他にもInDesignでこれまでできなかった「ウィンドウ分割表示」、「グレースケールプレビュー」もよさそうです。

スクールではまず、フリースペースに置いてあるノートパソコンにCS6を導入する予定です!

まずは、基本からご興味ある方は、バンフートレーニングスクールのInDesign講座にてお待ちしております。

それでは皆様、よいGWを!開校している授業もありますのでご予約はお早目に!

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[インデザイン] ルビに中黒

本日は雪で大変でしたね。春が恋しい「あ」です。

今回は実際にあったご質問をご紹介します。

「ルビに中黒を入れるとすごく大きいな黒丸がでるのですが…。」

まさかっ!と思いきや、本当になります。

私は今までルビに中黒を入力した事がありませんでしたが、
外国の方のお名前でルビに中黒を入れる事があるそうです。

解決策としては、OpenType Proのルビ字形を使用のチェックをはずすと直ります。

OpenTypeフォントを使用していなければ、起こりません。

せっかくOpenTypeフォントを使用していれば小さくても読みやすい表示をだすよ。という機能なのに。

これは登録されているルビ字形の中黒が元々大きいのだと思います。
そのうち直るかもしれませんが、もしこんな事があれば思い出してみてください。

そもそも、インデザインの基本から知りたい!という方は、どうぞ「インデザイン講座」にてお待ち致しております。

では、足元にお気をつけてお帰りください。「あ」でした。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

InDesign ペーストボード

最近appleからの2つのニュースに驚き、悲しんだ「あ」です。
一つはiPhone 4S発売。
一つはスティーブ・ジョブズ氏の訃報。
哀悼の意を表するとともに、iPhone 4Sをやっぱり予約しました。

さて、また地味にInDesignの小ワザを一つ。
作品の外側の白い部分は「ペーストボード」といい、仮置き場に使ったりします。
ここを広くしたり、小さくしたりできます。(初期設定は1インチ=25.4mm)

「環境設定」の「ガイドとペーストボード」から一番下に数値を入力します。

環境設定を変更すると、より使いやすくなっていきます。

そもそも環境設定って?基本を知りたい!という方は、バンフートレーニングスクールのInDesign講座にてお待ちしております。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

InDesign 選択方法

1ヶ月ぶりの登場の間に、富士山登頂を果たした「あ」です。
これで私も自称『山ガール』です。
1回は登りたい!と思っていましたが、登頂した方皆いうのが、
「1回でいい。」私もです。別の山に登ってみたくなりました。
しかし、最近『○○ガール』って多いですよね~。

ではまたInDesignの小ワザを。
フレームが重なると後ろのフレームが選択し辛いことがあります。

そんな時には!

win→『Ctrl』

mac→『コマンド(アップルマーク)』キー

押しながらクリックしてみてください。
クリックするたびに後ろのアイテムに選択が移動できます!

基本からご興味ある方は、バンフートレーニングスクールのInDesign講座にてお待ちしております。

これからみなさま紅葉の秋、食欲の秋、勉強の秋楽しんでください。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ