カテゴリー別アーカイブ: シンボル

[Illustrator]シンボル その4

夏の気温から冬の気温へと急降下をしている、とっても体調に悪そうな日々が続いていますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
スタッフ「ほ」でございます。

もう今日で9月も終わりですね。。。
今年もあと1/4ですよ。早いですねぇ…

でも、ここからはハロウィン、自分の誕生日(!)、クリスマス、と毎月何かしらのイベントがあるので、ワクワクな時期でもあります。
みなさまもハロウィンとかクリスマスのカード、がんばって勉強しているIllustratorで作ってみましょう。いい練習になりますよ。
ってか、まだ基本操作すら知らん!という方は、ぜひバンフートレーニングスクールのイラストレーター講座へ!

さて、これまでシンボルについてご紹介してきましたが、今回が、ひとまず最終回となります。
今までの内容はこちらからどうぞ↓

前回は、シンボルツールの隠しツールをご紹介していました。
今回は、前回ご紹介できなかった残りのツールのご紹介です。

シンボルステインツール
このツールは、すでに配置されているシンボルに着色を行うことができます。

画面に配置されたシンボルセットを選択します。

続いてカラーパネルを使って塗りの色に着色したい色を指定しておきます。

ツールパネルからシンボルステインツールを指定し、画面に配置された星をクリック、またはドラッグしてみましょう。
色がついたのがわかりますか?

クリックするたびに、色味が強くなります(たくさんはできないですけど)
逆にAltキー(Mac:optionキー)を押しながらクリックすると色味が抜けていきます。

※このツールでは、あくまでもシンボルの「色相(色味)」だけを変化させますので、色の明度(明るさ)は変化しません。

いろんな色を散らしてみました。

コンペイトウみたいになりました!(^^)!

シンボルスクリーンツール

このツールは、シンボルの不透明度を変更します。

シンボルセットを選択し、ツールパネルからシンボルスクリーンツールを指定します。

シンボルをクリックまたはドラッグすると、シンボルの不透明度が下がります。
クリックまたはドラッグするほど、どんどん透けていく感じです。

「あ、透明になりすぎた!」という場合は、Altキー(mac:optionキー)を押しながらクリックまたはドラッグすることで、不透明度を上げることができます。

いかがでしょうか?
イラストに奥行き感がでましたか?

シンボルスタイルツール

このツールを使うことで、グラフィックスタイルパネルに登録されている効果をシンボルに適用することができます。

今回は、星のシンボルですから、この星がポワーンと光っているようなスタイルを適用したいと思います。

グラフィックスタイルパネルのパネルメニューをクリックし、「グラフィックスタイルライブラリを開く」→「ネオン効果」を開きます。

開いたパネルから、気になるスタイルをドラッグ&ドロップでグラフィックスタイルパネルに登録します。

選択ツールで、シンボルセットを選択しておきます。

ツールパネルから、シンボルスタイルツールを指定し、グラフィックスタイルパネルから、適用したいスタイルを選択します。

シンボル上でクリックすると、指定したスタイルの効果がシンボルに適用されます。

どうでしょうか?シンボルは、このシンボル関連のツール類を一緒に覚えることで、楽しみが広がります。

ぜひ、いろいろ試してみてください!


バンフートレーニングスクールでは、イラストレーター講座を開講しています。

このブログで記事を書いているスタッフ「の」やスタッフ「ほ」が基本操作からマニアックなテクニックまで幅広くレクチャー!

まったくの初心者の方大歓迎!ある程度ご経験のある方向けの実践編もご用意しております。

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

イラストレーター講座の詳細

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Illustrator]シンボル その3

あ~、長く期間があいてしまいました。。
すみません。

ガリガリ君の消費が半端じゃないスタッフ「ほ」です。

人づてにガリガリ君の「梨」がおいしいよ、と伝え聞いて、食べてみたところ、家のまわりが梨園だらけ、という梨どころに住んでいる私も「んまいっ!」と思いました。
それから自分の中で定番にしようと思っていたら、期間が終了したのか、近所のお店で見なくなってしまいました…・残念。

今回のテーマも「シンボル」です。

今までのエントリーはこちらからどうぞ

シンボル その1
シンボル その2

今回の素材は、こんなのを用意しました。

↓↓こちらからダウンロードしてください↓↓

シンボル その3用素材(zip形式/122KB)

Zip形式で保存してありますので、解凍してご利用ください。

ちなみに「↑みたいなイラストを描けるようになりたい!」という方は、バンフートレーニングスクールのIllustrator講座へお越しください~

Illustratorのツールバーには、「シンボルスプレーツール」というツールが入っています。
このツールを使うと、スプレーで吹き付けるようにたくさんシンボルを作成することができます。

試しにやってみましょう。
ツールバーからシンボルスプレーツールを選択してください。

シンボルパネルから、使用するシンボルを指定します。
今回は、星のシンボルを用意しましたので、これを使ってみましょう。
パネル内からシンボルを指定したら、画像内でドラッグします。
スプレーを噴くようにシンボルが量産されていきます。

長くドラッグするほど、多くのシンボルが生成されます。

ちなみに、この時のスプレーのサイズを変更するには、ツールバーのシンボルスプレーツールをダブルクリックすると、出てくる「シンボルツールオプション」ダイアログの「直径」を変更します。

どうでしょう?
何もなかった夜空が、あっという間に満天の星空に!!
・・・でも、これだと、同じ大きさ、同じ色の星ばかりで、なんだか平坦な感じになっちゃっています。
もうちょっと奥行きが欲しいところですよね。

そこで、シンボルスプレーツールの隠しツールを使ってみます。

ツールバーから、シンボルスプレーツールをプレスすると、中に7個の隠しツールがあるのがわかりますね。

シンボルシフトツール
シンボルスクランチツール
シンボルリサイズツール
シンボルスピンツール
シンボルステインツール
シンボルスクリーンツール
シンボルスタイルツール

数が多いので、今回は4つを紹介。
残りの3つは次回ご紹介します。

シンボルシフトツール
ツールバーからこのツールを指定して、シンボルスプレーツールで生成された星空をドラッグすると、一度生成された星の位置を動かすことができます。

これを使うことで、配置された星の位置のバランスを直すことができます。

シンボルスクランチツール
生成された星空の中でプレスを行うと、散らばっている星たちを集めて近づけることができます。

また、Altキー(Mac:optionキー)を押しながら行うと、反対に、それぞれの星を離すことができます。

星空の密度を調整したい場合によさそうですね。

シンボルリサイズツール
生成された星空の中でプレスをすると、範囲内にある星のサイズを大きくすることができます。
長くドラッグするほど、星のサイズは大きくなっていきます。

Altキー(Mac:optionキー)を押しながら行うと、サイズを小さくすることができます。

この作業によって、星のサイズにばらつきを出せば、平坦な印象が無くなってきます。

シンボルスピンツール
生成された星空の中でドラッグをすると、範囲内にある星を回転させることができます。

角度にばらつきを出すことができます。

どうでしょう?
かなーり、変化が出ますよね。

残りの3つのツールは、後日ご紹介します。


バンフートレーニングスクールでは、イラストレーター講座を開講しています。

このブログで記事を書いているスタッフ「の」やスタッフ「ほ」が基本操作からマニアックなテクニックまで幅広くレクチャー!

まったくの初心者の方大歓迎!ある程度ご経験のある方向けの実践編もご用意しております。

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

イラストレーター講座の詳細

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Illustrator]シンボル その2

前回の出だしも書きましたけど、いやいやいやいや、ほっっっとーーーーに!暑いです!

今、ちまたで噂の、マクドナルドでもらえるストラップ!
みなさんは、もうゲットしましたか?

バリューセットのドリンクとポテトをLサイズにしないといけないので、女性の方にはちょっと量が厳しいかもしれませんね。

私スタッフ「ほ」は、昨日と今日で、ポテトとクオーターパウンダーをゲットしました!
飯田橋のマクドナルド、無くなっちゃったので(涙)、となりの九段下まで行くんですよ。。。とほほ。

さて、今日もイラストレーターです。

シンボルパネル前回のその1からの続きで、シンボルの2回目です。
いってみましょー。

Illustratorのシンボルパネルには、いくつかのシンボルが登録されています。
画像は、Illustrator CS3で、新規ファイル作成時にプロファイルを「Web」にした場合に表示されるシンボルパネルです。
プロファイルごとに表示されるアイコンが違います。
「プリント」の場合
プリントのシンボルパネル

「モバイルとデバイス」の場合
「モバイルとデバイス」シンボルパネル

「ビデオとフィルム」の場合
「ビデオとフィルム」シンボルパネル

それぞれのシーンに合わせたシンボルが登録されています。
ですが、ちょっと数が少ないですよねぇ。。

実は、Illustrator、ここに出ていないシンボルを持っています!
隠してます!
それを呼び出してやることで、結構いろんなシンボルを使えるようになります。

呼び出してみましょう。
シンボルパネルの右上にあるパネルメニューから「シンボルライブラリを開く」をポイントすると、ズラッとサブメニューが表示されます。
シンボルパネルメニュー

呼び出したシンボルそれが、隠れているシンボルの一覧。

どれか気になるワードを選んでみましょう。
選択したジャンルのシンボルパネルが開きます。

ちなみに私は「寿司」というジャンルが好きです。
おいしそう!
寿司シンボル
寿司シンボルたち

使ったシンボルは登録されていく開いたパネルで使用したシンボルは、メインのシンボルパネルに自動登録されていきます。
一度使っておけば、後から「あれー?あのシンボルって、どこに入ってたんだっけ?」ってことが避けられますよね。

これでも「まだ物足りない!」という方には、シンボルをインターネット上で公開してくれているサイトも結構あったりしますので、そういったサイトからいただく、という手もありです。
検索エンジンで「Illustrator シンボル 素材」」といったキーワードで検索すると、それらしきサイトがヒットすると思います。
※公開されている素材についての利用規約は各サイトでしっかり確認しておきましょう。商用利用NGとかあったりしますので。

と、インターネットに丸投げってのも、何なんで、ここでも1つライブラリを提供してみます。
Vanfu Training School シンボルライブラリ
↑からダウンロードしてください。Zip形式で圧縮してありますので、解凍してご利用ください。(IllustratorCS以降で利用できると思います)

ダウンロードしたシンボルは、パネルメニューの「シンボルライブラリを開く」→「その他のライブラリ」で読み込めます。

ちなみに、自分で描いたイラストをシンボルに登録することもできちゃいます。

好きなツールで好きなイラストを描いたら、選択ツールで、描いたイラストをシンボルパネルの中に、ドラッグ&ドロップするだけ!
ドラッグ&ドロップで登録
これで登録ができちゃうんです。
カンタン♪

逆に登録されているシンボルを削除する場合は、パネル右下にあるごみ箱のマークまで、いらないシンボルをドラッグすれば削除できます。
シンボルの削除

ここで、作り込んだシンボルパネルは、このファイル内では使えますが、このままでは他のファイルで使えません。
そこで、カスタマイズしたシンボルパネルを保存して、他のファイルでも使用できるようにします。

シンボルパネルのパネルメニューを開き、「シンボルライブラリを保存」をクリックします。
シンボルの保存

保存したシンボルライブラリは、上記の「シンボルライブラリを開く」で読み込むことができます。

どんどん、自分で作ったイラストをシンボルに追加して、自分だけのシンボルパネルを作り上げてみましょう。

んーー、でも、そもそもイラストが描けない…という方は、バンフートレーニングスクールのイラストレーター講座でお待ちしております。

次回もまだまだシンボルの話が続く予定です。


バンフートレーニングスクールでは、イラストレーター講座を開講しています。

このブログで記事を書いているスタッフ「の」やスタッフ「ほ」が基本操作からマニアックなテクニックまで幅広くレクチャー!

まったくの初心者の方大歓迎!ある程度ご経験のある方向けの実践編もご用意しております。

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

イラストレーター講座の詳細

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Illustrator]シンボル その1

毎日暑いですね~

アイスコーヒーのおいしい季節になりました。
本当は、カフェに行って飲めると一番いいんですけど、仕事をしながら、とりあえずの欲求を満たそうとすると、缶コーヒーになっちゃいます。

でも、あんまり飲みすぎると太るので、最近は缶コーヒーをガマンしているスタッフ「ほ」です。

久しぶりのイラストレーターネタです。

バンフートレーニングスクールでは、イラストレーターの基礎から応用まで、インストラクターがバッチリ教えます!ご興味ある方はぜひ!(無料体験もあります)

今回は「シンボル」について、いろいろご紹介していこうと思います。

かなーーーーり!奥の深い機能ですので、3、4回じゃ終わらないかも!?
さて、1回目になる今回は、あまり難しくないところで
「そもそもシンボルって何じゃい?」ってのをご紹介します。

まずは使ってみましょう。

今回は、特にダウンロードしていただく素材はありません。

イラストレーターを起動して、新規ファイルを作成し、「シンボル」パネルを開いてください。
※パネルが画面内に見当たらない場合はウインドウメニューから開くことができます。

いくつか、イラストのパーツが格納されてますね。
中に入っているパーツは、イラストレーターのバージョンや、新規ファイルを作成する際のプロファイルによって変わります。
これは、イラストレーターCS3でプロファイルを「Web」として作成した場合のシンボルです。

パネルの中から、気になるパーツを決めましょう。
決まったら、そのパーツをパネル内から、画面内にドラッグ&ドロップしてみましょう。

パーツが、挿入されました。

シンボルは、何度でも使えるので、ドラッグ&ドロップでいくつでも同じパーツを挿入することができます。

挿入されたパーツは、自由に拡大・縮小できます。

んーーー、ここまでだと、あんまり便利な感じがしないですねー。
「自分でイラスト描いて、コピペで増やせばいいじゃん!」ってなっちゃいますもんね。

では、シンボルは何がいいのか?

シンボルパネルから、今回使ったパーツをダブルクリックしてみましょう。

画面がシンボルの編集モードに変化します。

パーツの色を変更してみましょう。
グループ化されている場合もありますので、グループの解除やグループ選択ツールを利用してください。

画面上部に矢印マークをクリックします。

前画面に戻りますが、挿入されていた全てのシンボルが変化したのがわかるでしょうか?

このように、シンボルとは、元画像とリンクされたイラストの複製を作成することができる機能です。

ボタンや、繰り返し使うアイコンなどの作成に便利そうですね。

次回は、もうちょっとシンボルの基本の続きをご紹介します。。


バンフートレーニングスクールでは、イラストレーター講座を開講しています。

このブログで記事を書いているスタッフ「の」やスタッフ「ほ」が基本操作からマニアックなテクニックまで幅広くレクチャー!

まったくの初心者の方大歓迎!ある程度ご経験のある方向けの実践編もご用意しております。

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

イラストレーター講座の詳細

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ