カテゴリー別アーカイブ: テクニック(Illustrator)

印刷時のトーンジャンプに悩んでませんか?【イラレ&フォトショ】

こんにちは。スタッフ『の』です。
今回は、印刷物で起きてしまう「トーンジャンプ」についてお話します。(このブログ内の画像は画像上をクリックすると拡大します。)
(トーンジャンプ:滑らかなグラデーション部分の階調が飛んで「段々」と表現されている状態。)
0000

自分で作成したデータが印刷物となった時にトーンジャンプが発生してガッカリした経験のある方も多いのではないでしょうか?
実は私もその一人です…。

この現象、出力機とデータの相性によるところもあります。
複数メーカーの出力機を保有していた当スクール母体、印刷会社帆風。
二十数年前、進行管理や受付を担当していた私は、同データを同メーカーでも複数の出力機、他メーカーの別の出力機、と色々出力して検証したことがあります。
結果として、出力機の個体差で目立つのと目立ちにくいのがあるってことでした。

出力機の個体差やデータの相性では今後の回避に繋がらないのでイラレとフォトショのアプリの操作で軽減できる方法を紹介したいと思います。

他にもFMスクリーン対応の印刷屋さんに依頼をするのも回避方法の一つですが、コスト面で現実的ではないかと思います。
(FMスクリーン:きめ細かいドットを不規則に並べて表現する方法。通常印刷機で用いられる網点の表現をAMスクリーンと呼びます。)
0001

まずPhotoshopの方から。
サイズ変更や修正加工を繰り返したデータには、このトーンジャンプがつきものです。
しかも出てほしくない場所に限って目立って出ます。
例えば風景写真の空部分とか、人の肌。
0002

画面上でトーンジャンプが確認されれば印刷もほぼそのまま出ます。

私が昔よくやっていた方法の一つとして、目立つ箇所のコピーを取り、別レイヤーに貼り付けて「ボカシ(ガウス)」をかけて調整する、なんてのがあります。
0003

トーンジャンプを起こしていない所は、「消しゴムツール」で消していきます。
0004

他にもメジャーなところでは、フィルターでノイズを加えるがあります。

【手順】
①レイヤーをスマートオブジェクトに変換します。
0005

②「フィルター」メニュー→「ノイズ」→「ノイズを加える…」でノイズを加えます。
画像サイズにもよりますが、1~3程度のノイズを加えることで印刷時のトーンジャンプを大分抑えることができます。
(「均等に分布」にするか、「ガウス分布」にするかは、画像を見て判断しますが、「グレースケールノイズ」にはチェックを入れておきます。)
0006

続いてIllustrator。

●Illustrator EPSで入稿する。
「EPSオプション」ダイアログで「Postscript」を「レベル3」もしくは「3」に設定します。
(レベル2よりもメッシュ等のグラデーションに対応したのが「レベル3」です。)
0007

●広範囲での使用を避ける。
以下は、Adobeさんのサイトから
https://helpx.adobe.com/jp/illustrator/using/printing-gradients-meshes-color-blends.html
幅「19.507cm」以上でのグラデーションの使用はやめた方が良さそうです。

●グラデーション部分のオブジェクトをPhotoshopに持っていってノイズを加えてからIllustratorに配置する。

●Photoshopのノイズを加えるに近いものとして、「光彩拡散」の効果を加えるがあります。
グラデーションのオブジェクトを選択した状態で、「効果」メニュー→「変形」→「光彩拡散…」を選択します。
「きめの度合い」、「光彩度」、「透明度」のスライダーは画像を見ながら調節します。
0008

以上です。

気になってた方は是非、試してみてください。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Illustrator]イラレのグラデーションを極める

皆様、ゴールデンウィークはいかがお過ごしだったでしょうか。

わたくしは2回バーベキューしました。バーベキュー大好きです。

でもその分体重がガッツリ増えました。今は減量中です。なんか年中減量している気がします。

スタッフ「ほ」です。

今日はイラストレーターのグラデーションネタです。

1.グラデーションの基本

まずは基本からおさらいしましょう。

基本グラデーション

オブジェクトを選択し、ツールパネル下部にあるこのマークをクリックするとグラデーションが適用されます。

グラデーションの適用

塗りと線、それぞれにグラデーションを適用することが可能です。(線へのグラデーションはCS6以降)

グラデーションは初期設定では線形(左端から右端にまっすぐに変化する)グラデーションになっています。

線状グラデーション

これを円形のグラデーションに変えるには「グラデーションパネル」を利用します。

グラデーションパネル

パネル内の「種類」を「線形」から「円形」に変更します。

種類を円形に変更

これで円形(中心から外側に向かって放射状に広がる)グラデーションになります。

円形グラデーション

グラデーションの向きは「グラデーションツール」で変更できます。

グラデーションツール

グラデーションツールで選択したオブジェクトの上をドラッグすると、ドラッグした長さと向きに合わせてグラデーションが変化します。

グラデーションツール

円形グラデーションの場合は、オブジェクト上でドラッグをすると中心から放射状に広がる円形の補助線が出てきて、それに合わせてグラデーションが変化します。

円形グラデーションでのグラデーションンツール

グラデーションのカスタマイズ(色の変更や追加)はグラデーションパネル下部で行います。

グラデーションパネル下部

現在適用されているグラデーション見本の下にある「グラデーションスライダー」というマーカーをクリックして「カラーパネル」から色を指定することで、スライダーで指定された色を入れ替えることができます。

グラデの色を入れ替える

スライダーとスライダーの間でクリックをすると、スライダーを追加することもできます。

グラデーションスライダーの追加

この「グラデーションツール」と「グラデーションパネル」を使うことで、ただの長方形を金属のように見せたり…

グラデーションの金属表現

円形を球体に見せたりできるようになります。
grad14

2.線へのグラデーション

Illustrator CS6からは線に対してもグラデーションが適用できるようになりました。

線にグラデーション

線形、円形どちらのグラデーションも適用できますが、残念ながらグラデーションツールでの向きや長さの変更はできません

ただし、グラデーションパネルを使っていくつかのコントロールが可能です。

上記の線に対してグラデーションをかけたオブジェクトで、パネル内にある「パスに交差してグラデーションを適用」をクリックすると……

パスに交差してグラデーションを適用

こんなパイプ状の表現ができます。

パスに交差してグラデーションを適用

グラデーションが線の太さ方向に対して適用されるため、このような表現になるんですね。

パスに交差してグラデーションを適用、の説明

続いて、ぐるぐる線を描いて、虹色のグラデーションを適用してみました。

ぐるぐる線に虹色グラデ

このグラデーションに対し、グラデーションパネルから「パスに沿ってグラデーションを適用」をクリックしてみます。

パスに沿ってグラデーションを適用

すると、グラデーションがぐるぐるの形状で変化するようになります。(外側が水色、中心の緑に向かってぐるぐるとグラデーションがかかっているのがわかりますか?)

パスに沿ってグラデーションを適用

3.より複雑なグラデーション

ここまでの説明が基本編です。ここから上級者向けになります。

さて、↓のようなグラデーションはどのように作ればいいでしょう?

複雑なグラデーション

なかなか複雑なグラデーションです。

これを実現するには、グラデーションメッシュ機能の力を借りることになります。

グラデーションメッシュは、メニューから追加する方法と「メッシュツール」を利用する方法がありますが、ここではツールでの方法をご紹介します。

メッシュツール

四角形のオブジェクトを1つ描きます。色はとりあえずベタ塗りで好きな色を塗っていただいてかまいません。

四角形を描く

メッシュツールに持ち替え、四角形の角にあるアンカーポイントをクリックします。

メッシュツールでアンカーをクリック

クリックしたアンカーポイントだけが本選択になったことを確認しましょう。

クリックしたアンカーだけが本選択に

この状態でカラーパネルを利用して「赤」を指定します。すると四角形の色が以下のように変化します。

右上が赤く変化した四角形

続いて、右下、左下のアンカーポイントもそれぞれクリックして水色、緑色を指定してみましょう。

四隅それぞれに色を指定した四角形

さて、なんとなーく、どういった機能かわかっていただけましたでしょうか。

メッシュツールでは、アンカーポイントそれぞれに色を持たせることができるのです。

正確には、アンカーポイントをメッシュツールでクリックした時点で「メッシュポイント」という特殊なポイントに変換されています。

隣り合ったメッシュポイントが持つ色同士でグラデーションが作成されます。

各メッシュポイント間でのグラデーション

メッシュツールで四角形の中心をクリックしてみましょう。メッシュポイントが追加されます。

四角形の中心にメッシュポイントを追加

このクリックだけで四角形の中心と、時計でいうところの12時、3時、6時、9時の位置、合計5か所にメッシュポイントが追加されます。

追加されたメッシュポイント

この5つのメッシュポイントにもそれぞれ色を指定することができますから、グラデーションはより複雑になっていきます。

より複雑化したグラデーション

なお、このメッシュポイントはそれぞれダイレクト選択ツールを利用してアンカーポイントのように編集できます。

4.メッシュを使ったイラスト作成

さて、ここから実践です。

今回の素材は、フード・フォトさんからお借りしました。ありがとうございます。食材の写真を中心に魅力的な写真が無料で使えるオススメサイトです。
食材・料理のフリー写真素材 無料画像のフード・フォト

バナナの写真です。

バナナの写真

このバナナの画像を下絵にして、トレース作業をしていきます。

メッシュでイラストを描画する場合は、ペンツールで輪郭を描くと後からメッシュポイントを追加した時に「あれ?」ってなることが多いです。

ためしにペンツールで輪郭を描いてからメッシュツールでポイントを追加してみました。

メッシュを追加すると残念な結果に

なんだかとっても残念な結果になりました。

どこから描き始めるか?どこにアンカーポイントを打つか?によってメッシュの入り方は異なりますが、いずれにせよ、先に輪郭を描くとうまくいきません。

そこで、おすすめなのが長方形をバナナ型に変形させていく方法です。

長方形を描いてバナナに重ねます。角度をそれとなくバナナに合わせてください(適当でいいです)

バナナに長方形を重ねる

メッシュツールでアンカーポイントをクリックしてメッシュポイントに変換します。

メッシュポイントへの変換

さて、ここから長方形を変形させていきますが、メッシュポイントを追加すると塗りを「なし」にすることができません。このままでは下絵であるバナナの写真が見えなくなってしまいます。

そんなときはレイヤーを利用しましょう。

今回はバナナの写真と長方形を別々のレイヤーに配置してあります。
長方形を配置しているレイヤーの目玉のマークをCtrlキー(Macは⌘キー)を押しながらクリックします。

目玉のマークをCtrl+クリック

すると目玉のマークが以下のように「恐ろしい子!」状態に変化します。

目玉のアイコンが変化

画面内を確認すると、長方形が輪郭線だけの表示になっていることがわかると思います。

長方形が輪郭だけの状態に

この状態で作業をするとトレースがとってもはかどるのでおすすめです。

作業に戻りましょう。

ダイレクト選択ツールを使って長方形をバナナの形に合わせていきます。

メッシュポイントに変換した際に、自動的にハンドルも生成されますので、上手に使っていきましょう。

バナナの形に変えていく

ただ、いかんせん長方形が元ではアンカーポイントが4つしかありませんから、バナナの形状を表現するにはポイントが足りません。

そこで、メッシュツールを使ってメッシュポイントを追加します。

メッシュポイントを追加する

追加したメッシュポイントを使ってさらに形状を出していきます。

バナナの形状を精密化

輪郭が作れたところで色を指定してみましょう。色はカラーパネルで作ってもいいですが、下絵の写真から拾っていくのが便利です。

手順としては、以下の通りです。

1.ダイレクト選択ツールでメッシュポイントを1つ選択する

アンカーポイントを選択

2.スポイトツールに持ち替え、ポイントの近くにある色をクリックで吸い上げる

スポイトツールで色を吸い上げる

3.レイヤーパネルで目玉のアイコンをCtrl+クリック(⌘+クリック)で表示に切り替え、色を確認する

レイヤーを表示に戻す

色を確認する

上記1~3を繰り返してすべてのポイントに色を入れていきます。

※次々とポイントに色を入れていく中で、スポイトツール⇔ダイレクト選択ツールの持ち替えが面倒です。
スポイトツールを持った状態でCtrlキー(Mac:⌘キー)を押すと、押している間だけダイレクト選択ツールになるので、上手に活用してみてください。

(この手順1~3はもうちょっと便利な方法があるのですが説明がさらに長くなるので割愛します。受講生の方は来校時にお声かけていただければ説明します)

すべてのポイントに色を入れました。

ざっくりと色が入った

雰囲気は出てきていますが、まだまだ続けます。

今回、バナナ上部の緑色~黄色への変化が本物とだいぶ違っています。

グリーン部分のグラデ比較

これは、本物のバナナが赤枠の狭い範囲で色が変化しているのに対して、イラスト側は青枠の広い範囲で色が変化しているためです。

色が変化している範囲

この色の変化の範囲を合わせるためにメッシュポイントを追加します。

メッシュポイントの追加

グラデーションの始点と終点をイメージした位置にメッシュラインができるといい感じです。形状は適宜ダイレクト選択ツールで調整しましょう。

追加したメッシュポイントに上記1~3の手順で色を入れていきます。

だいぶ近づいた

だいぶ近づきました。

次はバナナの面を出していきましょう。このグリーンの部分は下図A部分とB部分で色が違いますよね。

A面とB面で色が違う

そこで、メッシュポイントを追加してメッシュラインを下図のように2本追加します。

メッシュラインを2本追加

濃い緑色側のポイントには濃い緑、淡い緑側のポイントには淡い緑をスポイトツールで適用していきます。

適用後、以下のようになっていればOKです。

色を細かく指定して面を出していく

続いて黄色い部分です。

やっぱり特徴的なのは、この部分ですよね

バナナの角

ここのやや濃いめの黄色いラインのおかげでバナナの各面がわかりやすくなっています。

先ほど追加した2本のメッシュラインに、もう1本ラインを追加して、下図のように形状を整えます。

メッシュラインをさらに追加

3本線のうち、真ん中の線が濃い黄色のセンターを通るようにし、他の2本の線ではさみます。

スポイトツールを使って真ん中のライン上のポイントには濃い黄色を適用し、両サイドのポイントには淡い色を入れていきます。

結果、以下のようになればOKです。

黄色部分の面が出た

これらの作業を繰り返し、面を意識しながらメッシュポイントを追加し、細かく色を入れていきましょう。

バナナの下の影は別パーツとして作成すると楽ちんです。

完成クリックで拡大します

さぁ、出来上がりです。

いかがでしたでしょうか?

メッシュツールを利用することで、グラデーションでの表現幅がぐっと広がります。

ダイレクト選択ツールでのハンドル操作が一番のカギになります。

「そもそもダイレクト選択ツールが使えない…」という方は、ぜひバンフートレーニングスクールのイラストレーター講座へお越しください。
このブログを書いている私スタッフ「ほ」や、スタッフ「の」が丁寧にレクチャーいたします。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

IllustratorとPhotoshopを使って動くスタンプを作ってみよう!

こんにちは。
今年は天候のせいもあって、あまり桜を鑑賞できず残念に思っているスタッフ「の」です。
来年に期待します。
今回はイラレとフォトショを使って動くスタンプを作成してみます。

abatteri- kumayorosiku

まず、イラレで素材を作ってコピーをとります。
ほとんど「楕円形ツール」で作れます。
00

フォトショで新規ファイルを作成します。
今回は、Webモードの中から「256×256」を選択しました。
01

「スマートオブジェクト」で貼り付けます。
02

サイズと位置を調整し、「レイヤー」パネルを使用して、背景レイヤーと結合します。
03

1文字ずつ入力してレイヤーを分けます。
04

文字の位置を調整し、準備は完了です。
05

「ウィンドウ」メニュー→「タイムライン」パネルを出します。
(CS3~CS5までは「アニメーション」パネル)
06

CS6から映像の取り込みが出来るようになったので「タイムライン」となり、映像取り込みモードとなっております。

「ビデオタイムラインを作成」→「▼」をクリックして「フレームアニメーションを作成」を選びます。
07

その後、「フレームアニメーションを作成」部分をクリックしてアニメーションを作成モードとなります。
08

1フレーム目の設定をレイヤーの表示、非表示で行います。今回1フレーム目は、背景レイヤーのみ表示にし ておきます。
09

「タイムライン」パネルの「選択したフレームを複製」をクリックし、2フレーム目を作成します。
10

「レイヤー」パネルで2フレーム目に表示させるレイヤーを表示します。
11

同様の手順で、3フレーム~5フレーム目まで作成します。
12

フレームを画面に表示させる時間(秒数)を「フレームのディレイ」でフレーム毎に指定していきます。
13

「ループオプションを選択」から「無限」を選択するとループにします。
14

全ての準備が出来たので保存します。
「ファイル」メニュー→「書き出し」→「書き出し形式…」または、「Web用に保存(従来)…」を選択し て「GIF」で保存します。
15

GIFアニメの作成は過去にも詳しい記事があります。
http://www.vanfu-vts.jp/blog/2010/10/ps005/
http://www.vanfu-vts.jp/blog/2011/07/ps006/
保存したGIFをスマホの画像フォルダーに入れて使用する事ができます。
画像の扱いですので、タップしないと動かない所が残念です。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Illustrator/Photoshop]CC2017リリース

久しぶりの更新…そして、ここ数日の寒さが身に堪えるスタッフ『の』です。

さて先日、AdobeさんのCreative Cloud 2017がリリースされました。
イラレ、フォトショ、インデのスプラッシュスクリーンは以下の感じ。

aisupurassyu

pssupurassyu

idsupurassyu

 

イラレ、フォトショの新規ドキュメント作成ダイアログがこんな感じになりました。(イラレは「詳細設定」をクリックすると以前のようなダイアログが出ます。)

00001

00002

そして、プロファイルの選択肢が少し増えました。

0002

イラレは「選択ツール」等の矢印系ツールの形が矢印ではなくなりました。

0003

因みにインデは矢印のままです。

0004

他にもあまり取り上げられていない所では、図形を描いた後「選択ツール」に持ち替えなくても図形の中心部にカーソルを持っていくことで移動が可能といいますか、表示が分かり易くなりました。
(使い慣れてる方は、「⌘」キー(Mac)、「Ctrl」キー(Win)を使用して移動や選択を行っているのであまり関係ないかも、で
すが、初心者の方には有り難い機能と思います。)

0005
0006

この機能により、塗りが「なし」のオブジェクトも選択しやすくなりました。

0007

お蔭で「option」キー(Mac)、「Alt」キー(Win)を押しながらの描いてある図形の中心から新たに図形を描くことが出来なくなりました。
その場合は、「option」キー(Mac)、「Alt」キー(Win)を押しながらマウスの右ボタンをドラッグで描きます。

0008

バンフートレーニングスクールでは、イラストレーターが最短2日間で習得できるハンズオントレーニングをご用意してお待ちい たしております。
無料体験も行っておりますので、ぜひお気軽にご参加ください。

イラストレーター講座詳細

http://www.vanfu-vts.jp/landing/ai.html

 

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Illustrator]配置したPSD画像の色を変えたい

暑い!暑いですねぇ。

今年も大好きなチョコミントが店頭を賑わす季節がやってまいりました。

今年もすでに新製品5つほど試しましたよー。どれもおいしかったです。

こんにちは、スタッフ「ほ」です。

卒業生の方から、「知人に『PSDファイルにイラストレーター上で着色ができる』と聞いたのだけれど、やり方がわからない」というメールをいただきました。

実際に色を付けたいデータは、手書きの文字と枠線です。
こんな感じのデータです。

psd_ai_edit01

この枠線と文字に色を付けるには、2つの方法があります。

1.Photoshop上でPSDファイルをグレースケール化して、Illustrator上で着色
2.Illustrator上でベクターデータ化して色を付ける

 

まず1の方法から。

データをPhotoshopで開きます。

「イメージ」メニューの「モード」を確認していただき、「グレースケール」になっていない場合は「グレースケール」に変更します。

グレースケールに変換

メッセージで「カラー情報を破棄しますか?」と問い合わせが出ることがありますが、もともと白黒の線画ですので「破棄」していただいて問題ありません。

カラー情報を破棄しますか?の確認

続いて「レイヤー」パネルを確認します。

レイヤーパネルを確認

レイヤーが「背景」レイヤーになっていない場合や、複数のレイヤーが存在している場合、パネル右上のメニューを開き、「画像を統合」を実行します。

画像を統合

レイヤーが1つに統合され、レイヤー名が「背景」になります。

レイヤーが「背景」に

「ファイル」メニューから「別名で保存」を実行し、名前を付けて保存しておきましょう。
※ファイルの種類は「.psd」にしておきます。

続いて、Illustrator上での作業です。

Illustratorで新規ファイルを作成し、「ファイル」メニューから「配置」を実行します。
先ほど、保存したファイルを選んで配置を実行します。

画像を配置

配置したオブジェクトを選択し、「カラー」パネルや「スウォッチ」パネルを使って塗りに色を指定すると、配置した画像の色が変化します。

塗りに指定した色が適用される

先ほど、Photoshopの作業で、「画像を統合」していただきましたが、この作業を行わないと、Illustrator上で指定しても色が付きません。
※特色のみ、色を付けることができますが、やはりCMYK分解した時点で色が抜けてしまいます。


さて、続いて2つ目の方法です。
こちらは配置したPSDファイルをもとに、ベクターデータを作成するものです。
これはIllustratorのみで作業が完了します。

Illustratorでデータを開き(もしくは作成し)、PSDファイルを配置します。

画像を配置

配置したオブジェクトを選択した状態で、「イメージ」メニューから「画像トレース」→「作成して拡張」を実行します。
この作業で、画像がIllustrator上で扱えるベクター画像に変換されます。

ベクターデータに変換された

色を付けるには、ツールパネルにある「ライブペイントツール」を使います。

ライブペイントツール

色を選んで、ツールで色を付けたい部分をクリックしていくと、着色できます。

ライブペイントツールで着色

こちらの方法は、それぞれのかたまりごとに色を付けることができるので、枠と文字の色を別々にしたい場合に便利ですね。

それぞれのグループに色を付けられます

最終的にどう仕上げたいか?にもよりますが、画像トレースができるバージョンであれば、2番目の方法で細やかな色付けが可能ですね。

ぜひぜひお試しください。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ