[Illustrator]線幅ツールの使い方

スタッフ「の」です。
今回は久しぶりにIllustratorのツール紹介をしたいと思います。
「線幅ツール」の使い方です。

まずはどんな事ができるツールかを紹介します。そこで直線ツールを使用して、直線を描きました。

線幅ツールを使用し、線の上をドラッグすると…線幅ポイントたるものが生成され、ドラッグの幅分線がふくらみます。

片側の線幅のみ膨らませたい場合は、「option」キー(Mac)、「Alt」キー(Win)を押しながら線幅ポイントをドラッグします。

他にも線幅を数値で指定したい場合は、線幅ポイント上をダブルクリックしてダイアログ内に数値を入力します。

線幅を統一してこんなデザインをしてみました。

他にもこのようなキャラクターを描いてみて…。

線幅を調整してみるとこんな感じとなります。

線にグラデーションを併用で以前に紹介しているのがありますので、こちらもご覧下さい。

http://www.vanfu-vts.jp/blog/category/

http://www.vanfu-vts.jp/blog/2012/07/illustrator-cs6


バンフートレーニングスクールでは、イラストレーター講座を開講しています。

このブログで記事を書いているスタッフ「の」やスタッフ「ほ」が基本操作からマニアックなテクニックまで幅広くレクチャー!

まったくの初心者の方大歓迎!ある程度ご経験のある方向けの実践編もご用意しております。

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

イラストレーター講座の詳細

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ