[Illustrator]楕円形ツールの使い方

8月も残すところあと1週間となりました。学生さんは、あせり始める頃ですね。

私は宿題は後回しにするタイプだったので、たいていこの頃から顔が青ざめながらも「あと一週間あるし!」って遊びに行っちゃうダメな子でした。

こんにちは、スタッフ「ほ」です。

今日のツールは、楕円形ツールです。

使い方は、長方形ツールとほぼ一緒です。

ツールを持って画面内で斜めにドラッグをすると楕円形が描かれます。

画面内をクリックすると、幅と高さを数値で指定することができます。

Shiftキーを押しながら描くと正円に。

Alt(Macはoption)キーを押しながらで中心から広がるように。

Shiftキー+Alt(Macはoption)キーで中心から広がる正円が描けます。

…とまぁ、本当に長方形ツールと同じ使い方ですから、何の目新しさもないエントリーになっちゃいますね。

ひとつ、おまけで半円の描き方を載せておきます。
半円は、一発で描けるツールはありませんから、これまでご紹介してきたツールを組み合わせて作成することになります。

最初に、楕円形ツールで円を1つ描きます。

ツールで描かれた円形には、この4カ所にアンカーポイントが存在します。半円の場合、このアンカーポイントを1つ削除します。

アンカーポイントの削除ツールで、このアンカーポイントをクリックして削除します。

こんな形になりました。このままでは、下に伸びている方向線の影響で、下部に線が膨らんでしまっています。

アンカーポイントツールに持ち直し、それぞれの方向点をクリックします。この作業で、それぞれ下方向に伸びた方向線を消すことができます。

こうなって

こうなりました。

できあがり!

一見ペンツールで描かなければいけなさそうな形状も、こうして基本図形から改造することも可能です。これまでご紹介してきたツールとの連携で考えられるようになれば、あなたもイラストレーターマスターです。


バンフートレーニングスクールでは、イラストレーター講座を開講しています。

このブログで記事を書いているスタッフ「の」やスタッフ「ほ」が基本操作からマニアックなテクニックまで幅広くレクチャー!

まったくの初心者の方大歓迎!ある程度ご経験のある方向けの実践編もご用意しております。

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

イラストレーター講座の詳細

The following two tabs change content below.
スタッフ 「ほ」

スタッフ 「ほ」

ホームページ制作講座、イラストレーター講座、フォトショップ講座を担当しています。カップヌードルはシーフード派。 Webクリエイター能力認定試験 認定インストラクター

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ