[Illustrator]自動選択ツールの使い方

大分暖かくなってきました。
既に「暑い!」って叫んでる方もいらっしゃるでしょうか?
清々しく晴れた日には、自宅に引きこもってIllustratorで作品創りといきましょう。何故か晴れてる日の方が創作意欲に燃えるスタッフ『の』です。

そんな訳で[Illustrator]ツール紹介!
続いてはこの方『自動選択ツール』です。

Photoshopではよく使われているツールですが、Illustratorで自動選択ツールはどんな時に使うの?って方、使い方によっては結構便利かもしれません。

例えば下図のような画像トレースしたデータを用意してみました。

自動選択ツールの特徴は、クリックしたオブジェクトと同じような色のオブジェクトをまとめて選択できるところにあります。
青い空の色をまとめて選択して色を変えたい、としたらどうでしょう。
変えたい色のオブジェクトをクリックします。

すると、似た配色の箇所まで選択してくれるのでまとめて色を変える事ができます。

『塗り』部分を確認してみると特定の色ではないので『?』となっているのが分かります。

もう少し広い範囲で選択したい場合にはツールパネル内で自動選択ツールをダブルクリックすると自動選択パネルが出ますので許容値の数値を上げると選択される色の範囲を広げる事ができます。
逆に全く同じ色のオブジェクトのみ選択してほしい場合は『0』にしておきます。

ただしこのツール、テキストに関しては選択してくれませんので、その場合は、授業で紹介している『選択』メニューを使用してみてください。


同じ色のテキストの選択ができました。

如何だったでしょうか?上手に選択して効率よく作業していきましょう。

以前、更に詳しく紹介しておりましたので下記リンク先をご覧下さい。

[Illustrator]自動選択ツール その1

[Illustrator]自動選択ツール その2

[Illustrator]自動選択ツール その3


バンフートレーニングスクールでは、イラストレーター講座を開講しています。

このブログで記事を書いているスタッフ「の」やスタッフ「ほ」が基本操作からマニアックなテクニックまで幅広くレクチャー!

まったくの初心者の方大歓迎!ある程度ご経験のある方向けの実践編もご用意しております。

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

イラストレーター講座の詳細

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Illustrator]グループ選択ツールの使い方

平日のシフト休みを利用して、今更ながらコストコに行ってきました。何もかもがでっかかった!

何か目にするたびに「おぉ…!」と感嘆するものの、次の瞬間には頭の中で「でも、こんなに食べきれない(使い切れない)よねぇ…」という思いが出てきて、結局何も買わずに出てきてしまいました・・・スタッフ「ほ」です。

さてさて、web系のネタをアップしたいところですが、始めたばかりのイラストレーターツール完全制覇の序盤ですから、今日もイラレネタでいかせてください。

今日、ご紹介するのは「グループ選択ツール」です(なんか言い回しがテレビショッピングっぽいですね)

ダイレクト選択ツールの隠しツールになっています。

「グループ選択ツール」というくらいですから、グループ化にまつわる機能です。

1.下準備

グループ化したオブジェクトを作ってみます。

葉っぱを描いて

葉脈を描いたら、グループ化をしておきます。グループ化は、葉っぱを構成するパーツをすべて選択してCtrl+G(Macはcommand+G)で行えます。

さらに、その葉っぱを複製、拡大縮小、回転などで量産し、それをさらにグループ化しておきます。

お花も追加してみました。これも葉っぱとあわせてグループ化

2.グループ選択ツール

さて、ここからがグループ選択ツールの使い方です。

今回のイラストのうち、この葉っぱの位置を修正したい!と思ったとします。

そのためには、この葉っぱだけを選択しなければなりませんが、通常の選択ツールでこの葉っぱをクリックすると、花も含めた全パーツが選択されてしまいます。

ダイレクト選択ツールであれば、クリックした単体のオブジェクトを選択することができるので、Shiftキーを押しながら、葉っぱを構成しているパーツをひとつひとつ追加選択できますが、花に隠れてしまっている葉脈を選択するのが困難です。

そこでグループ選択ツールです。

グループ選択ツールに持ち替えたら、葉っぱをクリックしてみましょう。

クリックした部分のパーツだけが選択されます。私はちょうど葉っぱ中央の葉脈部分をクリックしましたから、葉脈だけが選択されました。

ここまでは、ダイレクト選択ツールと非常に似た感じですが、ここからが違います。

グループ選択ツールで、今選択されている中央の葉脈をもう一度クリックしてみます。

すると、葉っぱ全体が選択されました。

ここで、さらに選択された葉っぱをクリックしてみます。

4枚の葉っぱがすべて選択されました。花部分は選択されていません。

そこから、さらにもう一度クリックをしてみます。

すると今度は、花も含めた全パーツが選択されました。

つまり、どういうことかといいますと、

  • 1回目のクリック→クリックした単体のオブジェクトが選択される
  • 2回目のクリック→最初にグループ化されたかたまりが選択される
  • 3回目のクリック→2回目にグループ化されたかたまりが選択される
  • 4回目のクリック→3回目にグループ化されたかたまりが選択される

という仕組みになっています。

この方法を使えば、複数回に分けてグループ化したパーツも、用途に応じたグループだけを選択することができるようになります。

便利なんですけど、あまり使い方を知られていないこのツール。「まだ使ったことなかったー」という方は、ぜひぜひ使ってみてくださいませ。


バンフートレーニングスクールでは、イラストレーター講座を開講しています。

このブログで記事を書いているスタッフ「の」やスタッフ「ほ」が基本操作からマニアックなテクニックまで幅広くレクチャー!

まったくの初心者の方大歓迎!ある程度ご経験のある方向けの実践編もご用意しております。

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

イラストレーター講座の詳細

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

5月マンスリーギフト

こんにちは!

バンフートレーニングスクールです☆

実は、私・・・ブログというのを初めてします。。。

初めてブログをするのにいろいろな人のブログを見て研究中です!

さて、初めてのブログは・・・何を書こうか?と悩んだのですが・・・・。

バンフートレーニングスクールでは、毎月生徒さんや来校される方に

お渡ししているプチ☆ギフトプレゼントだよ。箱 の画像について書きます。

5月はコチラ乗り物だよ。バス(バス停) の画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このバス(ロンドンバス風)は、ペーパークラフトになっていて・・・

貯金箱にもなっていますお金 の画像お金 の画像お金 の画像 作って楽しい★ 貯めて楽しい?!

ポケットに入っている金銭だよ。お金だよ。小銭 の画像小銭たちを入れてみませんか?

スクールでお待ちしております!

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Illustrator]ダイレクト選択ツールの使い方

〔Illustrator〕ツール紹介の2番手はは勿論この方!『ダイレクト選択ツール』です。ご紹介させていただくのはスタッフ『の』です。

選択ツールはオブジェクトを移動させたりしますが、このダイレクト選択ツールは以下の事が出来ます。

●パスの変形

●ハンドル(方向点)の操作

●アンカーポイントの移動

『ダイレクト選択ツール』を上手に使いこなせるようになれば今後ご紹介するであろう『ペンツール』も上手に使えるようになります。


バンフートレーニングスクールでは、イラストレーター講座を開講しています。

このブログで記事を書いているスタッフ「の」やスタッフ「ほ」が基本操作からマニアックなテクニックまで幅広くレクチャー!

まったくの初心者の方大歓迎!ある程度ご経験のある方向けの実践編もご用意しております。

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

イラストレーター講座の詳細

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Illustrator]選択ツールの使い方

珍しく2週連続での執筆となりました。スタッフ「ほ」です。

いつも読んでいただいている方には申し訳ないくらいの更新頻度のスタッフブログですが、私たち心を入れ替えまして、もうちょっと更新の頻度をあげていこう!ということになりました。

毎回、「ネタどうしようかなぁ…」で迷って時間がかかっているのも事実なので、今回テーマを決めることにしました。

イラストレーターのツール全解説!

をやってみようかなー、って。

あ、もちろんほかのテーマも今まで通りお届けしますよ?

ですが、「ネタどうしよう…」と迷ったときには、上記のネタで進めていきたいと思います。

さて、トップバッターの私は、イラストレーターの中でも非常に重要な「選択ツール」に触れてみたいと思います。

ま、イラストレーター使っている人なら、必ず使うツールですから、いまさら感がありますが、基本中の基本ですから、しっかり押さえておきましょう。

選択ツールは、選択をするためのツールですが、以下のようなことができます。

  1. オブジェクトを選択する
  2. 拡大縮小ができる
  3. 回転ができる
  4. 移動、コピー移動ができる
  5. 吸着ができる

ひとつずつ見ていきましょう。

1.オブジェクトを選択する

選択ツールの本来の仕事です。

選択の方法にはいくつかありまして、

▼クリックで選択する

1つのオブジェクトを選択する際に使います。ダブルクリックではなく、シングルクリックであることに注意しましょう。

複数のオブジェクトを選択したい場合は、Shiftキーを押しながらクリックしていくと、複数オブジェクトの選択が行えます。

▼ドラッグで選択をする

選択ツールで何もオブジェクトがない場所からドラッグをすると現れる長方形のボックスに触れたオブジェクトはすべて選択されます。

囲む必要はなく、ボックスに一部でも触れていれば選択対象となります。近くにある複数のオブジェクトを選択したい場合は、この方法が便利です。また、この方法であれば、ほかのオブジェクトの裏に回り込んで見えなくなったオブジェクトも選択できます。

離れ離れの複数オブジェクトを選択する際には、やはりShiftキーを押しながら、ドラッグすれば、選択が容易になります。

2.拡大縮小ができる

オブジェクトを選択した際に表示されるツブ付の枠線のことを「バウンディングボックス」と呼びます。

※表示されていない場合は、「表示」メニュー内の「バウンディングボックスを表示」で表示されるようになります。

このバウンディングボックスの角に表示されているツブ(ハンドルと呼びます)をドラッグするとオブジェクトの拡大縮小ができます。

縦横の比率を狂わさずに拡大・縮小をする場合は、Shiftキーを押しながらドラッグします。

複数のオブジェクトが選択されている場合は、複数オブジェクトの拡大・縮小が行われます。

3.回転ができる

バウンディングボックスの角にあるハンドルの少しだけ外側にマウスポインタを持ってくると、ポインタの形状が以下のように変化します。

この状態でドラッグを行うと、選択されているツールが回転します。

ちなみに、Shiftキーを押しながらドラッグすると、45度刻みでの回転となります。

オブジェクトを90度倒したり、180度回転させるときに非常に便利です。

4.移動、コピー移動ができる

選択したオブジェクトをそのままドラッグすることで、移動ができます。

塗りがあるオブジェクトがある場合は、オブジェクトのどこかを、塗りがなく、線だけでできているオブジェクトは線上をドラッグすることで移動します。

その際に、バウンディングボックスのハンドルには触れないようにしましょう。移動ではなく、先述の拡大縮小になってしまいます。

Shiftキーを押しながら移動すると、水平・垂直・45度の移動となります。

また、Altキー(Macはoptionキー)を押しながら移動をすると、オブジェクトが複製されます。

ちなみに距離を正確に測ったり、45度以外の角度で移動、複製移動を行いたい場合は、オブジェクトを選択した状態で、ツールパネル上の選択ツールをダブルクリックします。

すると、以下のダイアログが表示されるので、ここで各種指定が行えます。

5.吸着ができる

まだ選択されていないオブジェクトのアンカーポイントにマウスポインタを重ねると、マウスポインタの右下に白いツブが表示されます。これがアンカーポイントに触れている状態です。

ちなみにパスにマウスポインタが重なっている場合は、ツブが黒くなります。

アンカーポイントをマウスでつかんで、別のオブジェクトのアンカーポイントに重ねると、ポインタの形が白い矢じりの形状になります。

ここでマウスをはなすと、2つのポイントが重なった状態になります。

イラストレーターは、こういった機能を使わないと、0コンマ何ミリで隙間が空いてしまうこともありますので、気を付けましょう。

さて、今回の記事はここまでです。

いかがでしたでしょうか?イラストレーターは「選択ツールに始まり、選択ツールに終わる」と言っても過言ではない重要なツールです。

イラストレーターの上級者やプロの方々は、みんな選択ツールの使い方が上手です。みなさんもたくさん使って、早く慣れるようにしましょう。


バンフートレーニングスクールでは、イラストレーター講座を開講しています。

このブログで記事を書いているスタッフ「の」やスタッフ「ほ」が基本操作からマニアックなテクニックまで幅広くレクチャー!

まったくの初心者の方大歓迎!ある程度ご経験のある方向けの実践編もご用意しております。

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

イラストレーター講座の詳細

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ