[Photoshop]切り抜きツール その2

最近は、食べるラー油シリーズが人気ですねー。
今度、モスバーガーでもラー油バーガーが発売されるとか。。

私は、1か月前くらいに、いつも食材を買いに行くスーパーで、偶然見つけて買ってみました。

元祖は桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」らしいですが、私が買ったのは、エスビー食品の「ぶっかけ!おかずラー油」です。

ご飯にかけたり、パスタに絡めたりして食べてみましたが、なかなかおいしーですよ!

もう一個買おうと思ったら、どこにも売っておらず、オークションでプレミア価格がついている有様・・・

世の中、何か間違っている、と思ったスタッフ「ほ」です。

さて、前回の続きです。
今回も切り抜きツールにスポットを当てていきます。

前回のエントリーはこちらからどうぞ
[Photoshop]切り抜きツール その1

今回はスキャニングしたデータを用意してみました。
画像はこちらからダウンロードしていただけます(Zip形式)

「そもそも、こういうグラフィックを作りたいんだけど…」という方は、バンフートレーニングスクールのフォトショップ講座を受講しましょう!

今回の画像、スキャニングした際に、角度がずれてしまいました。
これは、かなり極端な例ですが、実際にスキャナをお持ちで、使ったことがあれば、同じような経験をされた方も多いんじゃないでしょうか。

角度を直しながら、複数回スキャニングをする方法もありますが、かなり手間がかかってしまいます。

ここは、ずれてしまったものは仕方がないので、Photoshopで角度を直しつつ、写真を切り出してあげましょう。

まずは、切り抜きツールを使って、データから切り出したい部分を選択します。

ただ、このままでは、切り抜いた写真が斜めのまま、切り抜かれてしまいます。

そこで、この切り抜きの選択ができている状態で、マウスポインタを選択範囲の角よりも少し外側に持って行ってみましょう。

マウスポインタの形状が、円弧の矢印になる場所があるはずです。
このマークになっている時は、マウスを使って、切り抜きの選択範囲を回転させることができます。

写真の角度に合わせて、選択範囲を回転させていきます。

角度の調整ができたら、サイズも調整して、切り抜きます!

ばっちり切り抜くことができました!

どうですか?うまくできましたか?

次回が切り抜きツール完結編となります!
お楽しみに!


バンフートレーニングスクールでは、フォトショップ講座を開講しています。

このブログで記事を書いているスタッフ「の」やスタッフ「ほ」が基本操作からマニアックなテクニックまで幅広くレクチャー!

まったくの初心者の方大歓迎!ある程度ご経験のある方向けの実践編もご用意しております。

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

フォトショップ講座の詳細

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Photoshop]切り抜きツール その1

久しぶりの更新になりました。
スタッフ「ほ」です。

みなさん、GWはどこかに行かれましたか?
なんか、高速道路とか大変だったみたいですね。

私は、ちびちびと近場に出かけてきました。
車で1時間ほど走れば行ける牧場とか、近くの川原でバーベキューとか。
さて、のんびりさせていただいた分だけ、がんばりますよー。

今日のネタはPhotoshopで行こうかな、と思います。

Photoshopの基本スキルを短期間で効率よくマスターしたい方には、バンフートレーニングスクールのPhotoshop講座をオススメします!

授業でやっていると思い込んでいたら、やっていなかったツールで、「切り抜きツール」ってのがあるので、このツールにスポットを当ててみましょう。

切り抜きツールは、このツールです。

その名前の通り、写真から、必要な部分だけを切り抜くことができます。

今回は、とりあえず基本の使い方をご紹介。

今回の写真素材ですが・・・

すんません。何も用意しておらず。。。
どうしようかなぁ、と机の周りを見渡したら、買ってきた金色のコカコーラが・・・!
ということで、教室でこいつをパシャリ!

この写真をダウンロード配布しちゃうと、コカコーラさん的にいいのか悪いのかの判断が難しいので、今回はダウンロードはなしってことで・・・すみません。
何か手頃な写真をご用意ください。

さて、使い方です。
この写真から、コーラのあたりだけを切り抜きたいと思います。

ツールボックスからツールを選択したら、画面のコーラの缶部分で斜めにドラッグをしてみましょう。

ドラッグした後は、以下のような状態になっているはずです。

缶のまわりだけが明るくなり、それ以外の部分が暗くなります。
明るい部分が切り抜き実行後に残る部分で、暗い部分は実行後に破棄される部分となります。

切り抜く範囲を調整したい場合は、範囲の外枠についている小さな点(サイズ変更ハンドル)を、ドラッグすることで微調整できます。

エリアを解除したい場合は、キーボードのEscキーを押すことで、解除できます。

エリアのサイズ調整が終わったら、切り抜きを実行します。
明るいエリア内でダブルクリックしてみましょう。

ダブルクリックがうまくできない場合は、キーボードのEnterキー(Macの場合はReturnキー)を押していただいてもOKです。

この作業により、切り抜きが実行されます。

どうでしょう?
うまくできましたか?

一度、覚えてしまえば、手軽に使えるツールですので、どんどん使っちゃいましょう!

次回は、もうちょっと細かい使い方をご案内しようと思います。


バンフートレーニングスクールでは、フォトショップ講座を開講しています。

このブログで記事を書いているスタッフ「の」やスタッフ「ほ」が基本操作からマニアックなテクニックまで幅広くレクチャー!

まったくの初心者の方大歓迎!ある程度ご経験のある方向けの実践編もご用意しております。

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

フォトショップ講座の詳細

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ