CC2017対応 Photoshopを使って人物を切りぬこう!

寒い日が続きますので皆さん、体調管理に気を付けてください。
今んとこ大丈夫ばスタッフ『の』です。

今回は、Photoshopで人物や動物の切り抜きに便利な機能を紹介します。
その昔、精度を求められる切り抜きには、サードパーティー制のプラグインが有効でしたが、
CS5からの「境界線を調整」機能を使用すると、人物や動物の切り抜きが驚くほど簡単にできます。
既に使用しているよ。って方も、CC2015.5以降では、名前と画面が変わったことに戸惑われた方もいるのでは。
画面とツールがどのように変わったかを手順を追いながら見ていきましょう。

まず、「クイック選択ツール」等を使用して大まかな選択範囲を作成します。

0000

選択範囲を作成系のツールを使用している場合は、ツールオプションバーから「境界線を調整」(CC2015.5~「選択とマスク」)をクリックします。
(ツールオプションバーにない場合、「選択範囲」メニューからもいけます。)

【CS5~CC2015.1】
1111
【CC2015.5~】
2222

ダイアログが大分変りました。

【CS5~CC2015.1】
3333
【CC2015.5~】
4444

先ずはCC2015.1までの「境界線を調整」からご紹介。
「スマート半径」にチェックを付け、半径のスライダーを調整するだけでPhotoshopが髪の毛の毛先部分をを調整してくれます。

【CS5~CC2015.1】
5555

「出力先」を「レイヤーマスク」にして「OK」を押します。

【CS5~CC2015.1】
7777

背景がレイヤーマスクにより隠されました。

【CS5~CC2015.1】
9999

レイヤーマスクにした理由は、「ブラシツール」や「消しゴムツール」を使用してマスクを調整し、切り抜きの精度を上げていきやすいからです。

【CS5~CC2015.1】
9991

続いてCC2015.5~の「選択とマスク」を使用してみます。

先ず、「表示モード」。
「オニオンスキン」が追加となり、背景が透けた表示となりました。
表示は画像によって切り換えて作業します。
(キーボード「F」キーで切り換わります。)

【CC2015.5~】
8000

黒髪の男性の切り抜きなので、背景は白地で作業。
「エッジの検出」から「スマート半径」にチェックを入れ、半径のスライダーで調整します。

【CC2015.5~】
8001

表示を白黒にしてマスク状態で確認…。
髪の毛の部分はうまく出ておりますが、色々影響を受けてしまっているようです。

【CC2015.5~】
8002

そんな時は一度リセットして、「境界線調整ブラシツール」を使用し、髪の毛部分をドラッグします。
(CC2015.1以前では「半径調整ツール」)

【CC2015.5~】
8003

表示を白黒にしてマスク状態で確認してみます。
今度は他の部分はあまり影響を受けず、髪の毛の部分をうまく表現してくれました。

【CC2015.5~】
8004

「出力設定」欄の「出力先」を「レイヤーマスク」にします。

【CC2015.5~】
8005

・まとめ
CC2015.5~の「選択とマスク」は、ダイアログ出してから選択範囲の作成が可能となり、マスクの細かい調整がダイアログ内でしやすくなったという感じです。

人物の切り抜きをハンズオンで学びたい方は是非、「Illustrator & Photoshop実践講座」でお待ちいたしております。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

2016年~2017年 年末年始スクール休業日のお知らせ

こんにちは、バンフートレーニングスクールです。

年末年始スクール休業日/受付時間のご案内です。

ご迷惑をおかけいたしますが、宜しくお願い申し上げます。

 

★☆ 年末年始のスクール休業日のお知らせ ★☆

年内最終受付 : 2016年12月28日(水) 18時迄

休業期間 : 2016年12月29日(木) ~ 2017年1月4日(水)

★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★

休業期間中のお申込・ご予約・お問い合わせ等は、

2017年1月5日(木)以降に順次ご返信いたします。

通常時よりもご返信にお時間を頂く場合がございます。
予めご了承ください。

 

◆◇お申込は、ホームページから年中無休24時間受付中◇◆

☆ スクールホームページ(お申込) ☆

http://www.vanfu-vts.jp/entrylist.php

☆ 開講スケジュール ☆

https://www.vanfu-vts.jp/cgi-bin/course/schedule.php

ご不便ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解賜りますよう

お願い申し上げます。

 

2016年も残すところ僅かでございます。

本年もバンフートレーニングスクールをご愛顧いただき誠にありがとうございました。

来年も皆様のスキルアップをお手伝いできるようスタッフ一同努めて参りたいと思います。

 

2017年もどうぞよろしくお願い致します。

寒暖の差の激しい近日ではございますが、皆様お体にお気をつけて

どうぞ素敵な新年をお迎えください!

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

2016年12月のマンスリーギフト

早いものでもう12月!
街に一歩出ればクリスマスムード一色ですね。

 

クリスマス、年末年始とイベントいっぱいの12月ですが、

これも忘れてはいけません。

 

大掃除!

 

「毎年、お正月にいらっしゃる新しい年神(としがみ)様の為に
家屋をきれいに清め、門松やしめ飾りで飾ってお迎えの準備をする。」

というのが大掃除の意味だと聞いていますので
寒いですが来年の運気アップの為に頑張りたいところです。

 

 

さて、掃除をすると出てくるのが未分類の写真や手紙やカード等の小物類。
今回のマンスリーギフトはそれらを整理するBOXです!

img_4027

シンプルなデニム地のプリントなのでシールを貼ってアレンジしても良いですね!

 

 

持ち帰りたいけどかさばるのは・・・という方の為に
未組み立ての状態でもお渡ししています!
(※組み立て方は⇒こちらのページをご参照ください)
皆様の整理整頓にお役立て頂ければ嬉しいです!

 

 

 

無料体験講座を受講してマンスリーギフトを貰っちゃいませんか?

ポストカード制作体験講座、パンフレット制作体験講座、

ホームページ制作体験講座からお好きな講座が選べます!

★無料体験講座お申込み★

http://www.vanfu-vts.jp/lesson_e/index.html

12月マンスリーギフトの組み立て方

マンスリーギフトを未組み立ての状態でお持ちになった方への作り方になります。

こちらを参考にお作り下さい。

箱はハサミやのり、テープなどは一切使わず組み立てられます。

紙で手が切れてしまうのが心配な方は手袋をご着用頂いてお作り下さいね!

 

 
ビニール袋から出していただくと、
このような状態になっているかと思います。

1

 

入っているものは 箱本体が1体と仕切り板、大1枚、小1枚です。

 

3

 
箱の本体を広げるとこのようになります。

2
組み立てはこの写真だと奥側の縦に伸びた方から行いましょう。

 

 

1、一番奥から山折り、谷折り、山折り、谷折りと4本目のスジまで
折り目を入れます。
(・山折り⇒凸側が上にくる ・谷折り⇒凸側が下にくる)

4

※写真はクリックすると大きいサイズでご覧いただけます

 

 

そのままたたむとこんな感じです。

5

 

 

2、折りたたんだ左隣にある三角の羽の部分を折ります。
内側の③のスジから谷折り、谷折り、山折りです。
(写真の手で押さえている右側の羽のようにして下さい)

6

 

 

 

3、折り目をつけた羽を立てていきます。
角の三角の所(写真の丸印)は内側にくるように折りたたんで下さい。

7

 

 

4、そのまま、1番で折り目を付けたところを折り込んでいくと
この写真のようになります。

8

 

 

5、さらに手前の羽に折り目をつけます。
2番と同じように内側の③のスジから谷折り、谷折り、山折りです。

9

 

 

 

6、折り目を付けた羽を立てていきます。
3と同じように角の三角は内側に折り込みます。
ここが一番難しいのでがんばって下さい!

10

 

 

 

7、羽を立てたら4で余った端っこを折り込みます。

11

 

 

 

8、7の反対側も内側に織り込んで、
丸印の所を繋げます。

12

13

 

 

9、あとは両端の羽を内側に折り入れれば箱の完成です!

14

15

 

 

10、仕切り板(大)は中央が山になるように、
(小)はスジに沿って幅を半分に折りツメを穴に差し込んでおきます。

16

 

 

11、大きい仕切り板を箱にセットします。

17

 

 

12、続けて仕切り板の溝を合わせて(大)と(小)を組み入れれば…

18
(※ハガキを収納する場合は仕切り板の(小)は使いません。)

 

完成です!

19

 

 

 

ご不明な点等ございましたら、

スクールまでお気軽にお問い合わせください!

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Illustrator/Photoshop]CC2017リリース

久しぶりの更新…そして、ここ数日の寒さが身に堪えるスタッフ『の』です。

さて先日、AdobeさんのCreative Cloud 2017がリリースされました。
イラレ、フォトショ、インデのスプラッシュスクリーンは以下の感じ。

aisupurassyu

pssupurassyu

idsupurassyu

 

イラレ、フォトショの新規ドキュメント作成ダイアログがこんな感じになりました。(イラレは「詳細設定」をクリックすると以前のようなダイアログが出ます。)

00001

00002

そして、プロファイルの選択肢が少し増えました。

0002

イラレは「選択ツール」等の矢印系ツールの形が矢印ではなくなりました。

0003

因みにインデは矢印のままです。

0004

他にもあまり取り上げられていない所では、図形を描いた後「選択ツール」に持ち替えなくても図形の中心部にカーソルを持っていくことで移動が可能といいますか、表示が分かり易くなりました。
(使い慣れてる方は、「⌘」キー(Mac)、「Ctrl」キー(Win)を使用して移動や選択を行っているのであまり関係ないかも、で
すが、初心者の方には有り難い機能と思います。)

0005
0006

この機能により、塗りが「なし」のオブジェクトも選択しやすくなりました。

0007

お蔭で「option」キー(Mac)、「Alt」キー(Win)を押しながらの描いてある図形の中心から新たに図形を描くことが出来なくなりました。
その場合は、「option」キー(Mac)、「Alt」キー(Win)を押しながらマウスの右ボタンをドラッグで描きます。

0008

バンフートレーニングスクールでは、イラストレーターが最短2日間で習得できるハンズオントレーニングをご用意してお待ちい たしております。
無料体験も行っておりますので、ぜひお気軽にご参加ください。

イラストレーター講座詳細

http://www.vanfu-vts.jp/landing/ai.html

 

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

Vanfu Training Schoolのスタッフがお役立ち情報を発信中