[Photoshop]自動処理でらくらく作業(基本編)

こんにちは、スタッフ「ほ」です。

本日、私は健康診断をうけてきました。大事なことなので1年に1回しっかりと受けさせてもらえるのですが、バリウムが苦手なので、毎年検査後はぐったりしております。

できればこのまま夕方までぐったりしたいところですが、そうも言ってられないので今日のネタいきましょう。

今回は、Photoshopの自動処理を取り上げてみたいと思います。なかなか奥が深い機能なので、今回は基本的なところをとりあえげて、次回はちょっと応用的なことをしてみたいと思います。

——-

Photoshopをお仕事で使っている方は、みなさんそれぞれいろんな使い方をしていると思います。

写真のレタッチや加工、合成写真の作成、イラスト描画や着色などなど、他にもいろんな使い方があるでしょう。

私自身、これまでの仕事の中で研究職の方から、細胞の数を数えたり、細胞のサイズを測ったりする使い方をする、というのを聞いたこともあります(実際にそのためのツールもあるんですよ)

それらの仕事の中には1枚1枚の画像それぞれで手作業をしなければならないものもあれば、同じ作業をたくさんの画像に行なわなければならないルーチン作業もあると思います。

今回ご紹介するのは、その「ルーチン作業」をグッと楽にしてくれるPhotoshopの「自動処理」についてです。

Photoshopには「アクション」という私たちの処理を記録して、再生ができる機能がついています。

今回は、基本的な使い方を一通りご紹介していきます。

作業手順は非常に少なくて

  1. ファイルを開いて処理を記録する
  2. ファイルを開いて処理を再現させる

の2ステップです。

1.ファイルを開いて処理を記録する

それでは、早速やってみましょう。

今回はファイルに対して

  1. 解像度を350dpiにする
  2. カラーモードをCMYKにする
  3. ファイルをPSDファイルとして保存して閉じる

の操作を記録させたいと思います。

記録には「アクション」パネルを使います。デフォルトでは開いていないと思いますので、「ウインドウ」メニュー→「アクション」で開いておきましょう。

アクションパネル

パネル内にはあらかじめ「初期設定のアクション」としてPhotoshopが用意している自動処理が登録されていますが、今回はこれを使わず、自作の処理を登録します。

「アクション」パネル下部にある「新規セットを作成」をクリックします。

新規セットを作成

名前の入力を促されますので好きな名前をつけてください。ここでは「自作アクション」としました。

新規セットダイアログ

パネル内に「自作アクション」が作られました。

自作アクションセットが作られた

さぁ、ではいよいよ操作を記録していきます。

画像を1枚開いておきます。

パネル下部にある「新規アクションを作成」をクリックします。

新規アクションを作成

ダイアログで任意のアクション名をつけます。ここでは「解像度→カラー変更」としました。

新規アクションダイアログ

セットは先ほど作成したものを選択しておきます。

ダイアログでセットの選択

ファンクションキーを設定しておくとちょっといいことがあるので(後述します)、お使いのPCで特に役割が当たっていないファンクションキーを選択しておきましょう。ここではF2を指定してみました。

ファンクションキーを指定

ここまで指定ができたら「記録」ボタンをクリックします。これで記録が開始されました。

記録ボタン

ここから先の作業はすべてPhotoshopが記録していきますので、あまり無駄のない作業をしていきましょう。

 

各作業の工程の方法については自動処理とは直接関係ないため割愛します。
※ここでは、解像度を350dpi、カラーモードをCMYKに変更した後にファイルをPSDファイルで保存し、閉じています。

 

作業を進めるとアクションパネルが下図のようになっているはずです。

作業後のアクションパネルの状態

ここで記録を終了します。パネル下部にある「再生/記録を中止」ボタンをクリックします。

再生/記録を中止ボタン

これで作業が記録されました。

2.ファイルを開いて処理を再現させる

さぁ、それでは別のファイルに対して記録したアクションを実行してみます。

先ほどとは別の画像を開きましょう。

「アクション」パネル内から、先ほど記録したアクションをクリック選択しておきます。

実行するアクションを選択

パネル下部にある「選択項目を再生」をクリックします。

アクションを再生するボタン

画面内でパパパッと処理が行なわれ、画像が閉じるはずです。

無事にPSDファイルが保存されていることを確認してみてください。

再生はこれだけでOKですが、もうひとつ知っておくと便利なのがファンクションキー

操作を記録する際に「ファンクションキー」を設定しました。

ファンクションキーを指定

これは記録を再生するためのショートカットキーで、ファイルを開いて指定したファンクションキーを押すと、自動で再生が始まります。

アクションパネルが開いてなくても再生ができるので、頻繁に使う作業にはファンクションキーを割り当てておくといいでしょう。
※お使いのパソコンによってはファンクションキーに別の操作が割り当てられていることがありますので注意しましょう。

3.複数ファイルに一気にアクションを実行する

前述のファンクションキーを設定しておけば、ファイルを開く⇒ファンクションキーを押す、だけで処理が実行されていきますので非常に作業は楽になりますが、その作業が画像数十枚、あるいは数百枚に対して行いたいとなると、これでも大変な作業になります。

そこで作成したアクションを複数ファイルに一気に適用できる「バッチ」という機能がPhotoshopには搭載されています。

準備を行います。

まずは処理前の画像を1つのフォルダにまとめておきましょう。このフォルダを以後「Aフォルダ」と呼びます。

処理前の画像をまとめたAフォルダ

さらにもう1つ空のフォルダを作成して下さい。処理後のファイルを保存するのに使います。こちらは「Bフォルダ」と呼びます。

処理後のファイルを保存するBフォルダ

上記2つのフォルダが作成できたら、以下の作業を行います。

「ファイル」メニュー⇒「自動処理」⇒「バッチ」をクリックします。

ダイアログが開いたら「実行」欄にある「セット」と「アクション」で実行したいアクションを指定します。

実行したいセットとアクションを指定

続けて「ソース」欄にて、「フォルダー」を選択し、「選択」ボタンを押してAフォルダを指定します。

ソースの指定

「実行後」欄でも「フォルダー」を選択し、「選択」ボタンでBフォルダを指定します。

「”別名で保存”コマンドを省略」にチェックを入れます。このチェックを入れることにより指定したBフォルダにファイルが保存されます。

実行後の指定

「OK」ボタンをクリックすると処理が開始されます。1枚1枚ファイルが開き、処理が行なわれて保存→閉じる、が繰り返されます。

すべての画像への処理が完了するとバッチが終了します。

Bフォルダを開いて確認してみると、処理が行なわれたファイルが保存されているはずです。

無事にファイルが保存された

ちなみに上記の例では、18枚の画像に処理を行なっていますが、時間を計ってみたところ「OK」ボタンをクリックしてから18枚の処理が完了するまでにかかった時間はわずか7秒でした。

どうでしょう?

Photoshopでのルーチンワークを劇的に軽減してくれるアクションとバッチ処理。

これまでつかってなかった方は、ぜひこの機会から使い始めてみてください。

バンフートレーニングスクールでは、フォトショップ講座を開講しています。

このブログで記事を書いているスタッフ「の」やスタッフ「ほ」が基本操作からマニアックなテクニックまで幅広くレクチャー!

まったくの初心者の方大歓迎!ある程度ご経験のある方向けの実践編もご用意しております。

詳しくは、下記詳細ページをご覧ください。

フォトショップ講座の詳細

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

夏の思い出写真をPhotoshopを使って絵画調にしてみよう!

こんにちは。
梅雨リターンで大好きな夏を満喫できないスタッフ「の」です。
でもこの後、厳しい残暑が待ってるとの事でこれからに期待!
今回は夏の思い出写真を絵画調にして一味変わった残暑お見舞いのポストカードを作成してみては如何でしょうか。
そこでPhotoshopの「アートヒストリーブラシツール」と「フィルターギャラリー」の合体テクニックをご紹介。
まず、「アートヒストリーブラシツール」単体使用から。
画像を用意してPhotoshopで開き、レイヤーを複製しておきます。
00

複製したレイヤーを選択している状態で、「アートヒストリーブラシツール」を選択します。
01

そのまま画面内をドラッグするとドラッグした部分がにじんできます。
02

にじみすぎて、何だこのツール…って思うかもしれませんが、にじみの範囲はブラシプリセットピッカーで調節できます。サイズを小さくするとあまりにじまなくなります。
サイズを大きくしたり小さくしたりとランダムにドラッグしていきます。
他にもツールオプションバーで、ブラシの種類やスタイルの変更が出来ます。
色々と好みにあったものを探すと良いでしょうか。
今回は標準のままで作業して以下のようになりました。
03

04

続いて「フィルターギャラリー」との合体技いってみましょう。
まず複製したレイヤーに「アートヒストリーブラシツール」を使用してにじませます。
顔の辺りはブラシサイズを小さ目にし、後頭部等は大きくにじませたりして変化をつけます。
05

ただ、このままだと顔の辺りは写真っぽさが残るので、にじませたレイヤーを複製してフィルターをかけます。
「レイヤー」メニュー→「フィルターギャラリー」を実行します。
数あるフィルターの中から、今回は「カットアウト」を使用しました。
06

色が気になったので調整レイヤーを使用して色調補正を行いました。
07

折角のにじみが失われているように見えます。そこで、「消しゴムツール」を使用し、所々消して下のレイヤーを出していきます。
08

ポストカード風ではこんな感じになりました。
09

10

他にも色々なフィルターを重ねてみたり、レイヤースタイルを活用したりしてオリジナリティを出してみては如何でしょうか。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Illustrator]イラレのイライラ解消しよう

なんかタイトルがダジャレっぽくなっていますが、偶然でございます。

暑いですねぇ、もうとろけそうなほど暑いです。

言ってもはじまらないことはわかっちゃいるんですけれど、言わずにはいられない、暑さに弱い(寒さにも弱い、結局ガッツがない)スタッフ「ほ」でございます。

今回は、イラストレーターを使っていて、

「ちょっとイラッとするけれど、まぁ仕事にはそれほど支障ないし、ま、いいか」

と放置されがちな問題点を解決していくテーマにしてみました。

まぁ、小技です。私のブログはいつも「長い」と言われるので、今回はサクッと読めるように短めに4つほどご紹介します。

1.回転させたオブジェクトのバウンディングボックスが扱いづらい

例えばですね、こんな形状をイラレで作りたくて…

ひし形

正方形を描いて、それを変形させて作っていくとしましょう。

シンプルな形状ですし、バウンディングボックスでサクッと作りたい感じです。

ちなみにバウンディングボックスっていうのは、オブジェクトを選択した時に出てくる、この周りの青い枠のことです。

バウンディングボックス

正方形を描いて

正方形を描く

バウンディングボックスの少し外側をドラッグして回転させます。45度回転はShiftキーを押しながら行うと簡単です。

45度回転

さて、問題はここからで、これを横に伸ばしていきたいです。

が、バウンディングボックスのこのハンドルをつかんで、動かすと……

アンカーポイントをドラッグする

↓こんな感じで拡大がかかるので、つぶれたひし形にすることができません。

このまま拡大をすると…

これを解決するにはバウンディングボックスのリセットをおこないます。

オブジェクトを選択した状態で「オブジェクト」メニュー→「変形」→「バウンディングボックスのリセット」

これにより、バウンディングボックスが以下のように変化するので…

バウンディングボックスがリセットされた

あとはリセットされたバウンディングボックスを使って変形をかけるだけです。

ひし形を変形させる

ところがですね、CC2014以降では、この「バウンディングボックスのリセット」がうまくいきません。

ライブシェイプという機能が原因なのですが、この場合は、ちょっとした裏技で解決できます。

45度回転させたオブジェクトだけを選択している状態で、「パスファインダ」パネル内にある「合体」をクリックします。

パスファインダーの合体

すると、バウンディングボックスがリセットされます。

「バウンディングボックスのリセットがうまくいかない!」という方は試してみてください。

2.パスファインダ分割を行うと透明なパーツが出来上がってしまう

これはですね、たとえばこんな虹色の輪があって…

虹色の輪

半分に分割したいなー、なんてときには、↓こうやって直線を重ねて…

 

ai_iraira11

パスファインダーの「分割」を実行します。

パスファインダーの分割

すると、無事に分割は行われるのですが、中の穴の部分にも分割された透明のシェイプが出来上がってしまいます。
ai_iraira13

グループ選択ツールあたりで選んでサクッと消せばいいだけですが、実はこれ、最初から生成されないようにする方法があるんです。

パスファインダーパネルのパネルメニューから「パスファインダーオプション」を開きます。

メニューからパスファインダーオプション

開いたダイアログで「分割およびアウトライン時に塗りのないアートワークを削除」にチェックを入れて「OK」します。

パスファインダーオプション

この設定により、透明のシェイプは生成されなくなります。

3.アピアランス設定を新規オブジェクトに引き継ぐ

直線ツールで直線を描き、アピアランスパネルでゴニョゴニョして線路を作りました。

アピアランスで線路を作成次々に線路を追加していくために、直線ツールに持ち替えて直線を描くと……

白い波線だけが描かれる

こんな感じで白い破線が描かれてしまいました(白い線なので見やすいようにアートボードの欄外に描画しました)

これは、先ほど線路を作成した際にアピアランスパネルで最後に編集した要素だけが新規オブジェクトに適用されるためです。

アピアランスで最後に編集していた要素

この現象を回避して、次々に線路を描いていくためには、アピアランスパネルのパネルメニューを開き、「新規アートに基本アピアランスを適用」のチェックを外します

新規アートに基本アピアランスを適用

そうすることで、直線ツールで描かれる新規オブジェクトには線路のアピアランスがそのまま引き継がれるようになります。

新しい線路が次々と…

4.線の太さを常に外側(内側)に太らせたい

イラストレーターでは、線はオブジェクトのパスに対して内外両方に太っていく設定になっています。

線は内外両側に太る

ただ、みなさんの作業によっては

「オブジェクトの内部を侵してほしくないので線は常に外側に太ってほしい」

「長方形の幅と高さが線の太さによって変わってしまうのは避けたいので、線は常に内側に太ってほしい」

といった状況があるかもしれません。

そういった時に、「デフォルトの上書き」をすると便利です。

まずは適当なオブジェクトをデフォルトの塗りと線で作成しましょう。

デフォルトの塗りと線で描いた長方形

「線」パネルを使って線の位置を「外側(または内側)」に設定します。

線の位置を外側に

続いて「グラフィックスタイル」パネルを開いてください。

「グラフィックスタイル」パネルの最初に登録されている項目が「初期設定のグラフィックスタイル」です。

初期設定のグラフィックスタイル

私たちがファイルを開いて、特に何も指定を変更せずに長方形や円形を描くと、ここのスタイルが適用されるようになっています。

先ほど描いた長方形をAltキー(Macはoptionキー)を押しながら、パネル内の「初期設定のグラフィックスタイル」の項目上に重なるようにドラッグ&ドロップします。

初期設定のグラフィックスタイル上にドラッグ&ドロップ

この作業によって、このファイルの「初期設定のグラフィックスタイル」が上書きされます。

一度、ファイルを保存して閉じてから、再度ファイルを開いて長方形や円形を描いてみてください。

最初から線が外側(または内側)についた図形が描かれるはずです。

———————-

以上!………結局長くなっちゃったような気もしなくもないですが、このあたりで!

バンフートレーニングスクールでは、イラストレーターやフォトショップ、インデザインにWebサイト作成の講座を開講中です。

このブログを書いている私、スタッフ「ほ」と、スタッフ「の」をはじめとする印刷会社の研修部門のスタッフがアプリケーションの使い方を徹底レクチャー!

ご興味がある方は、ぜひ一度無料体験にお越しくださいませ。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

印刷時のトーンジャンプに悩んでませんか?【イラレ&フォトショ】

こんにちは。スタッフ『の』です。
今回は、印刷物で起きてしまう「トーンジャンプ」についてお話します。(このブログ内の画像は画像上をクリックすると拡大します。)
(トーンジャンプ:滑らかなグラデーション部分の階調が飛んで「段々」と表現されている状態。)
0000

自分で作成したデータが印刷物となった時にトーンジャンプが発生してガッカリした経験のある方も多いのではないでしょうか?
実は私もその一人です…。

この現象、出力機とデータの相性によるところもあります。
複数メーカーの出力機を保有していた当スクール母体、印刷会社帆風。
二十数年前、進行管理や受付を担当していた私は、同データを同メーカーでも複数の出力機、他メーカーの別の出力機、と色々出力して検証したことがあります。
結果として、出力機の個体差で目立つのと目立ちにくいのがあるってことでした。

出力機の個体差やデータの相性では今後の回避に繋がらないのでイラレとフォトショのアプリの操作で軽減できる方法を紹介したいと思います。

他にもFMスクリーン対応の印刷屋さんに依頼をするのも回避方法の一つですが、コスト面で現実的ではないかと思います。
(FMスクリーン:きめ細かいドットを不規則に並べて表現する方法。通常印刷機で用いられる網点の表現をAMスクリーンと呼びます。)
0001

まずPhotoshopの方から。
サイズ変更や修正加工を繰り返したデータには、このトーンジャンプがつきものです。
しかも出てほしくない場所に限って目立って出ます。
例えば風景写真の空部分とか、人の肌。
0002

画面上でトーンジャンプが確認されれば印刷もほぼそのまま出ます。

私が昔よくやっていた方法の一つとして、目立つ箇所のコピーを取り、別レイヤーに貼り付けて「ボカシ(ガウス)」をかけて調整する、なんてのがあります。
0003

トーンジャンプを起こしていない所は、「消しゴムツール」で消していきます。
0004

他にもメジャーなところでは、フィルターでノイズを加えるがあります。

【手順】
①レイヤーをスマートオブジェクトに変換します。
0005

②「フィルター」メニュー→「ノイズ」→「ノイズを加える…」でノイズを加えます。
画像サイズにもよりますが、1~3程度のノイズを加えることで印刷時のトーンジャンプを大分抑えることができます。
(「均等に分布」にするか、「ガウス分布」にするかは、画像を見て判断しますが、「グレースケールノイズ」にはチェックを入れておきます。)
0006

続いてIllustrator。

●Illustrator EPSで入稿する。
「EPSオプション」ダイアログで「Postscript」を「レベル3」もしくは「3」に設定します。
(レベル2よりもメッシュ等のグラデーションに対応したのが「レベル3」です。)
0007

●広範囲での使用を避ける。
以下は、Adobeさんのサイトから
https://helpx.adobe.com/jp/illustrator/using/printing-gradients-meshes-color-blends.html
幅「19.507cm」以上でのグラデーションの使用はやめた方が良さそうです。

●グラデーション部分のオブジェクトをPhotoshopに持っていってノイズを加えてからIllustratorに配置する。

●Photoshopのノイズを加えるに近いものとして、「光彩拡散」の効果を加えるがあります。
グラデーションのオブジェクトを選択した状態で、「効果」メニュー→「変形」→「光彩拡散…」を選択します。
「きめの度合い」、「光彩度」、「透明度」のスライダーは画像を見ながら調節します。
0008

以上です。

気になってた方は是非、試してみてください。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

[Illustrator]イラレのグラデーションを極める

皆様、ゴールデンウィークはいかがお過ごしだったでしょうか。

わたくしは2回バーベキューしました。バーベキュー大好きです。

でもその分体重がガッツリ増えました。今は減量中です。なんか年中減量している気がします。

スタッフ「ほ」です。

今日はイラストレーターのグラデーションネタです。

1.グラデーションの基本

まずは基本からおさらいしましょう。

基本グラデーション

オブジェクトを選択し、ツールパネル下部にあるこのマークをクリックするとグラデーションが適用されます。

グラデーションの適用

塗りと線、それぞれにグラデーションを適用することが可能です。(線へのグラデーションはCS6以降)

グラデーションは初期設定では線形(左端から右端にまっすぐに変化する)グラデーションになっています。

線状グラデーション

これを円形のグラデーションに変えるには「グラデーションパネル」を利用します。

グラデーションパネル

パネル内の「種類」を「線形」から「円形」に変更します。

種類を円形に変更

これで円形(中心から外側に向かって放射状に広がる)グラデーションになります。

円形グラデーション

グラデーションの向きは「グラデーションツール」で変更できます。

グラデーションツール

グラデーションツールで選択したオブジェクトの上をドラッグすると、ドラッグした長さと向きに合わせてグラデーションが変化します。

グラデーションツール

円形グラデーションの場合は、オブジェクト上でドラッグをすると中心から放射状に広がる円形の補助線が出てきて、それに合わせてグラデーションが変化します。

円形グラデーションでのグラデーションンツール

グラデーションのカスタマイズ(色の変更や追加)はグラデーションパネル下部で行います。

グラデーションパネル下部

現在適用されているグラデーション見本の下にある「グラデーションスライダー」というマーカーをクリックして「カラーパネル」から色を指定することで、スライダーで指定された色を入れ替えることができます。

グラデの色を入れ替える

スライダーとスライダーの間でクリックをすると、スライダーを追加することもできます。

グラデーションスライダーの追加

この「グラデーションツール」と「グラデーションパネル」を使うことで、ただの長方形を金属のように見せたり…

グラデーションの金属表現

円形を球体に見せたりできるようになります。
grad14

2.線へのグラデーション

Illustrator CS6からは線に対してもグラデーションが適用できるようになりました。

線にグラデーション

線形、円形どちらのグラデーションも適用できますが、残念ながらグラデーションツールでの向きや長さの変更はできません

ただし、グラデーションパネルを使っていくつかのコントロールが可能です。

上記の線に対してグラデーションをかけたオブジェクトで、パネル内にある「パスに交差してグラデーションを適用」をクリックすると……

パスに交差してグラデーションを適用

こんなパイプ状の表現ができます。

パスに交差してグラデーションを適用

グラデーションが線の太さ方向に対して適用されるため、このような表現になるんですね。

パスに交差してグラデーションを適用、の説明

続いて、ぐるぐる線を描いて、虹色のグラデーションを適用してみました。

ぐるぐる線に虹色グラデ

このグラデーションに対し、グラデーションパネルから「パスに沿ってグラデーションを適用」をクリックしてみます。

パスに沿ってグラデーションを適用

すると、グラデーションがぐるぐるの形状で変化するようになります。(外側が水色、中心の緑に向かってぐるぐるとグラデーションがかかっているのがわかりますか?)

パスに沿ってグラデーションを適用

3.より複雑なグラデーション

ここまでの説明が基本編です。ここから上級者向けになります。

さて、↓のようなグラデーションはどのように作ればいいでしょう?

複雑なグラデーション

なかなか複雑なグラデーションです。

これを実現するには、グラデーションメッシュ機能の力を借りることになります。

グラデーションメッシュは、メニューから追加する方法と「メッシュツール」を利用する方法がありますが、ここではツールでの方法をご紹介します。

メッシュツール

四角形のオブジェクトを1つ描きます。色はとりあえずベタ塗りで好きな色を塗っていただいてかまいません。

四角形を描く

メッシュツールに持ち替え、四角形の角にあるアンカーポイントをクリックします。

メッシュツールでアンカーをクリック

クリックしたアンカーポイントだけが本選択になったことを確認しましょう。

クリックしたアンカーだけが本選択に

この状態でカラーパネルを利用して「赤」を指定します。すると四角形の色が以下のように変化します。

右上が赤く変化した四角形

続いて、右下、左下のアンカーポイントもそれぞれクリックして水色、緑色を指定してみましょう。

四隅それぞれに色を指定した四角形

さて、なんとなーく、どういった機能かわかっていただけましたでしょうか。

メッシュツールでは、アンカーポイントそれぞれに色を持たせることができるのです。

正確には、アンカーポイントをメッシュツールでクリックした時点で「メッシュポイント」という特殊なポイントに変換されています。

隣り合ったメッシュポイントが持つ色同士でグラデーションが作成されます。

各メッシュポイント間でのグラデーション

メッシュツールで四角形の中心をクリックしてみましょう。メッシュポイントが追加されます。

四角形の中心にメッシュポイントを追加

このクリックだけで四角形の中心と、時計でいうところの12時、3時、6時、9時の位置、合計5か所にメッシュポイントが追加されます。

追加されたメッシュポイント

この5つのメッシュポイントにもそれぞれ色を指定することができますから、グラデーションはより複雑になっていきます。

より複雑化したグラデーション

なお、このメッシュポイントはそれぞれダイレクト選択ツールを利用してアンカーポイントのように編集できます。

4.メッシュを使ったイラスト作成

さて、ここから実践です。

今回の素材は、フード・フォトさんからお借りしました。ありがとうございます。食材の写真を中心に魅力的な写真が無料で使えるオススメサイトです。
食材・料理のフリー写真素材 無料画像のフード・フォト

バナナの写真です。

バナナの写真

このバナナの画像を下絵にして、トレース作業をしていきます。

メッシュでイラストを描画する場合は、ペンツールで輪郭を描くと後からメッシュポイントを追加した時に「あれ?」ってなることが多いです。

ためしにペンツールで輪郭を描いてからメッシュツールでポイントを追加してみました。

メッシュを追加すると残念な結果に

なんだかとっても残念な結果になりました。

どこから描き始めるか?どこにアンカーポイントを打つか?によってメッシュの入り方は異なりますが、いずれにせよ、先に輪郭を描くとうまくいきません。

そこで、おすすめなのが長方形をバナナ型に変形させていく方法です。

長方形を描いてバナナに重ねます。角度をそれとなくバナナに合わせてください(適当でいいです)

バナナに長方形を重ねる

メッシュツールでアンカーポイントをクリックしてメッシュポイントに変換します。

メッシュポイントへの変換

さて、ここから長方形を変形させていきますが、メッシュポイントを追加すると塗りを「なし」にすることができません。このままでは下絵であるバナナの写真が見えなくなってしまいます。

そんなときはレイヤーを利用しましょう。

今回はバナナの写真と長方形を別々のレイヤーに配置してあります。
長方形を配置しているレイヤーの目玉のマークをCtrlキー(Macは⌘キー)を押しながらクリックします。

目玉のマークをCtrl+クリック

すると目玉のマークが以下のように「恐ろしい子!」状態に変化します。

目玉のアイコンが変化

画面内を確認すると、長方形が輪郭線だけの表示になっていることがわかると思います。

長方形が輪郭だけの状態に

この状態で作業をするとトレースがとってもはかどるのでおすすめです。

作業に戻りましょう。

ダイレクト選択ツールを使って長方形をバナナの形に合わせていきます。

メッシュポイントに変換した際に、自動的にハンドルも生成されますので、上手に使っていきましょう。

バナナの形に変えていく

ただ、いかんせん長方形が元ではアンカーポイントが4つしかありませんから、バナナの形状を表現するにはポイントが足りません。

そこで、メッシュツールを使ってメッシュポイントを追加します。

メッシュポイントを追加する

追加したメッシュポイントを使ってさらに形状を出していきます。

バナナの形状を精密化

輪郭が作れたところで色を指定してみましょう。色はカラーパネルで作ってもいいですが、下絵の写真から拾っていくのが便利です。

手順としては、以下の通りです。

1.ダイレクト選択ツールでメッシュポイントを1つ選択する

アンカーポイントを選択

2.スポイトツールに持ち替え、ポイントの近くにある色をクリックで吸い上げる

スポイトツールで色を吸い上げる

3.レイヤーパネルで目玉のアイコンをCtrl+クリック(⌘+クリック)で表示に切り替え、色を確認する

レイヤーを表示に戻す

色を確認する

上記1~3を繰り返してすべてのポイントに色を入れていきます。

※次々とポイントに色を入れていく中で、スポイトツール⇔ダイレクト選択ツールの持ち替えが面倒です。
スポイトツールを持った状態でCtrlキー(Mac:⌘キー)を押すと、押している間だけダイレクト選択ツールになるので、上手に活用してみてください。

(この手順1~3はもうちょっと便利な方法があるのですが説明がさらに長くなるので割愛します。受講生の方は来校時にお声かけていただければ説明します)

すべてのポイントに色を入れました。

ざっくりと色が入った

雰囲気は出てきていますが、まだまだ続けます。

今回、バナナ上部の緑色~黄色への変化が本物とだいぶ違っています。

グリーン部分のグラデ比較

これは、本物のバナナが赤枠の狭い範囲で色が変化しているのに対して、イラスト側は青枠の広い範囲で色が変化しているためです。

色が変化している範囲

この色の変化の範囲を合わせるためにメッシュポイントを追加します。

メッシュポイントの追加

グラデーションの始点と終点をイメージした位置にメッシュラインができるといい感じです。形状は適宜ダイレクト選択ツールで調整しましょう。

追加したメッシュポイントに上記1~3の手順で色を入れていきます。

だいぶ近づいた

だいぶ近づきました。

次はバナナの面を出していきましょう。このグリーンの部分は下図A部分とB部分で色が違いますよね。

A面とB面で色が違う

そこで、メッシュポイントを追加してメッシュラインを下図のように2本追加します。

メッシュラインを2本追加

濃い緑色側のポイントには濃い緑、淡い緑側のポイントには淡い緑をスポイトツールで適用していきます。

適用後、以下のようになっていればOKです。

色を細かく指定して面を出していく

続いて黄色い部分です。

やっぱり特徴的なのは、この部分ですよね

バナナの角

ここのやや濃いめの黄色いラインのおかげでバナナの各面がわかりやすくなっています。

先ほど追加した2本のメッシュラインに、もう1本ラインを追加して、下図のように形状を整えます。

メッシュラインをさらに追加

3本線のうち、真ん中の線が濃い黄色のセンターを通るようにし、他の2本の線ではさみます。

スポイトツールを使って真ん中のライン上のポイントには濃い黄色を適用し、両サイドのポイントには淡い色を入れていきます。

結果、以下のようになればOKです。

黄色部分の面が出た

これらの作業を繰り返し、面を意識しながらメッシュポイントを追加し、細かく色を入れていきましょう。

バナナの下の影は別パーツとして作成すると楽ちんです。

完成クリックで拡大します

さぁ、出来上がりです。

いかがでしたでしょうか?

メッシュツールを利用することで、グラデーションでの表現幅がぐっと広がります。

ダイレクト選択ツールでのハンドル操作が一番のカギになります。

「そもそもダイレクト選択ツールが使えない…」という方は、ぜひバンフートレーニングスクールのイラストレーター講座へお越しください。
このブログを書いている私スタッフ「ほ」や、スタッフ「の」が丁寧にレクチャーいたします。

バンフートレーニングスクールは 最短2日間でアプリケーションを習得できる 講座をご用意しております。

  1. 無料体験
  2. 資料請求
  3. お問合せ

Vanfu Training Schoolのスタッフがお役立ち情報を発信中